『マディソン郡の橋』あらすじとネタバレ映画批評・評価

マディソン郡の橋の概要:「マディソン郡の橋」(原題:The Bridges of Madison County)は、1995年のアメリカ映画。監督は主役を兼任するのクリント・イーストウッド。共演に『ソフィーの選択』、『クレイマー、クレイマー』のメリル・ストリープ。

マディソン郡の橋

マディソン郡の橋 あらすじ

映画『マディソン郡の橋』のあらすじを紹介します。

1989年冬。アイオワ州のマディソン郡。ジョンソン家の母であるフランチェスカ(メリル・ストリープ)の葬儀を出すために集まった、長男のマイケル(ヴィクター・スレザック)と妹のキャロリン(アニー・コーリー)は、母の遺書に死んだら火葬にして欲しいと記してある事に困惑する。二人は自分たちに宛てられた母の手紙と日記を読み始める。1965年の初秋。結婚15年目のフランチェスカは、家族と共に幸せながらも平凡な生活を送っていた。夫のリチャード(ジム・ヘイニー)と二人の子供がイリノイ州の農産物品評会に子牛を売りに出掛け、4日間彼女は一人で留守番をする事になる。家の外で家事に勤しむとき、一台の車が現れとある男が現れ道を尋ねてきた。彼はプロ・カメラマンのロバート・キンケイド(クリント・イーストウッド)と言い、珍しい屋根付きのローズマン橋の写真を撮りにマディソン郡を訪れていた。フランチェスカは彼の車に同乗し道案内をしながら、語り合ううちにロバートの魅力に惹かれ夕食に誘う。彼が宿に帰った後、明日の晩も夕食に誘いたい旨のメモを、明朝の撮影で彼が訪れる予定である橋の上に残した。翌日に二人はホリウェル橋の上で落ち合い、次第に打ち解け合いながらロバートは新しいドレスを着た彼女とダンスを踊った。必然のような流れでベッドを共にした二人は、翌日に郊外でピクニックを楽しんだ。残り時間が僅かなことに気づき始めた二人は再び熱く抱擁を重ねる。最後の朝、ぎごちなさと不安の中で迎えたフランチェスカは、行きずりの関係だったのかという疑問で機嫌を損ね、ロバートはそれに反するように一緒に付いてきて欲しいと言う。悩んだ末に荷物をまとめるフランチェスカだったが、家族を思う彼女の表情を察しロバートは去った。夫と子供たちが旅から帰ると再び時の流れは日常に戻った。数日後、夫と買い物に街に出掛けた彼女は、降りしきる雨の中で自分の方を見つめながら立ち尽くすロバートの姿を見つける。思わず車のドアノブに手を掛けた彼女だが、躊躇して涙を流すことしかできない。そしてロバートは車のファサードランプを、フランチェスカへ別れを告げるように点滅させ、雨の中に消えていった。1979年にフランチェスカの夫リチャードが死去。そこからフランチェスカはロバートに連絡をとろうとしたが叶わず、やがてロバートの弁護士が彼の訃報と共に遺品を届けた。

そして母の手記を読み終えたフランチェスカの子供たちが、二人の想い出の橋から蒔いた遺灰は、風に乗ってアイオワの澄んだ空に舞い上がっていった。

マディソン郡の橋 評価

  • 点数:95点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:1995年
  • 上映時間:135分
  • ジャンル:ラブストーリー
  • 監督:クリント・イーストウッド
  • キャスト:クリント・イーストウッド、メリル・ストリープ、アニー・コーレイ、ヴィクター・スレザック etc

マディソン郡の橋 批評 ※ネタバレ

映画『マディソン郡の橋』について、2つ批評します。※ネタバレあり

クリント・イーストウッドの恋愛感がよく出ている作品

日本でも不倫というものがテレビなどで持ち上げられ、一部ではそれを擁護するような風潮になっている昨今だが、大概の場合は泥沼や愛想劇に発展したりとどうにも締めくくりの悪い結末ばかりで、ロマンスとは言い難い内容に辟易としてくる。この物語はそういったシナリオを抱えながらも、4日間の行きずり的な恋を描いた内容であり、フランチェスカはロバートについて行くのを拒んでしまうと言う結末だが、愛想劇に発展する前に終わらせてしまったところが救われる。人の出逢いや愛という不確かなものはどのようにでも変化してゆくものだが、若い時ならいざ知らず、老いらくの恋というのはそうあるべきだと痛感させられてしまう。この手の話はどのようにでも持って行けるものだが、作家によっては人間の心の闇を描こうとしてそれが嫌悪感に結びつき、偶然に起こった出来事ながら、どちらかを悪者にしなくてはならない葛藤にも苛まれるだろう。そして不倫を美しく描くという事は、キリスト教の上に成り立つアメリカ社会では非常に困難なのではないだろうか。監督と主演を務めたクリント・イーストウッドが恋愛ものに取り組んだ意図は不明だが、粗野でワイルドな男性像ばかり演じてきた自分への挑戦でもあったのかも知れない。背景に流れる音楽や、劇中のロマンティックなシーンで流すジョニー・ハートマンのボーカルなど、イーストウッドの趣味も充分に発揮されながら、感動を誘う演出が心憎い作品である。

メリル・ストリープ迫真の演技

年を重ねると、そう簡単にこういった役を演じられるものではないだろう。若い時から燃えるような恋もしたことがなく、たった一度違う男を愛してしまったという事実を子供が大きくなってから作ってしまった。結婚前の想い出なら無邪気で美しい恋愛話という事で済むだろうが、それが結婚後で二人の子供が成長した時期というところの想い出は深さが違う。その深さを見事に演じたメリル・ストリープは、喜びと後悔の心情を巧みに演じ分け、誰が否定しても受け付けないような存在感で迫ってくる。

まとめ

この作品は、日常生活の中で鬱積した女性に不倫を誘発するような作品ではなく、男のエゴという視線で描いた究極のロマンだと感じる。欲望というものに取り憑かれたような内容は一切なく、老いてからこんな話に一度でもいいから身を投じてみたいという願望の現れに他ならない。イーストウッド演じるロバートは、ナショナル・ジオグラフィック専属のフリーカメラマンであり、世界中の風景をカメラ片手に渡り歩くというところが既にロマンではないか。ナショジオのカメラマンなどそう簡単になれるものではないのだ。年を取り名声も得て世界を股に掛け浮き名を流す。単純に言えばそういったところを拠点にしなくてはこの物語は始まらない。そしてそういった男は旅にロマンを求めているというのも事実だろう。たまたま出会った女性がそんな男のロマンに翻弄されてしまったというシナリオは、やはり無骨でワイルドなイーストウッドらしいのである。根っこは全然変わっていないが、それをこういった文芸風の作品に仕上げるのだからその才能は賞賛に値するのだろう。満点を差し上げたいところだがジェラシーで5点差し引いておく。

Amazon 映画『マディソン郡の橋』の商品を見てみる