映画『ブリジット・ジョーンズの日記』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『ブリジット・ジョーンズの日記』のネタバレあらすじ結末

ブリジット・ジョーンズの日記の概要:ブリジット・ジョーンズは32歳の独身女性。自堕落で何をやってもうまくいかない自分を戒めるため、彼女は日記をつけ始める。レネー・ゼルウィガーが、親しみやすいヒロインのブリジット・ジョーンズを好演しており、映画は大ヒットした。

ブリジット・ジョーンズの日記の作品概要

ブリジット・ジョーンズの日記

公開日:2001年
上映時間:97分
ジャンル:コメディ、ラブストーリー
監督:シャロン・マグアイア
キャスト:レニー・ゼルウィガー、コリン・ファース、ヒュー・グラント、ジム・ブロードベント etc

ブリジット・ジョーンズの日記の登場人物(キャスト)

ブリジット・ジョーンズ(レネー・ゼルウィカー)
ロンドンの出版社に勤める32歳の独身女性。大酒飲みのヘビースモーカーで、小太り気味。冴えない自分を変えようと決心して日記をつけ始めるが、ほとんど何も変わらない。何をやっても失敗ばかりしているが、正直で憎めない魅力がある。
マーク・ダーシー(コリン・ファース)
人権専門の敏腕弁護士。ケンブリッジ大学出身。母親がブリジットの母親と友達で、幼い頃にブリジットと裸で水遊びをしたことがある。ダニエルに妻を寝取られてバツイチになった。不器用だが実直な性格で、信用できる男。
ダニエル・クリーヴァー(ヒュー・グラント)
ブリジットの会社のボス。相当な女好きで、ブリジットにも興味を示す。マークとは大学の同窓生で、結婚式の介添人までした。一見知的そうだが、実は中身のない軽薄なだけの男。

ブリジット・ジョーンズの日記のネタバレあらすじ

映画『ブリジット・ジョーンズの日記』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ブリジット・ジョーンズの日記のあらすじ【起】

ロンドンでひとり暮らしをしている32歳の独身女性ブリジット・ジョーンズは、お正月休みに実家へ帰省する。母親のパメラは毎年ターキー・カレー・パーティーを開き、独身のブリジットに冴えない男を紹介してくる。それがブリジットには苦痛だった。

今年紹介された男性は、母親の友人の息子のマークで、彼はバツイチの敏腕弁護士だった。ブリジットは一瞬胸をときめかせるが、マークのトナカイ柄のセーターを見て興ざめする。マークの方も酒を飲んでタバコを吸い続けるブリジットに不快感を示し、2人の会話は全く弾まない。

年齢的にも焦りを感じていたブリジットは、太めの独身女として孤独死する自分の将来を想像して恐ろしくなる。このままではいけないと感じ、禁酒、禁煙、ダイエットを決意して日記をつけ始める。そして良識ある恋人を見つけるのだと自分に言い聞かせる。

出版社へ勤めているブリジットは、ボスで編集長のダニエルに密かな恋心を抱いている。しかしダニエルは絶対に恋をしてはいけないタイプの男だった。ブリジットはそれをわかっていながら挑発的なミニスカートで出社し、ダニエルの気を引こうとする。案の定ダニエルはブリジットに興味を示し、彼女のパソコン宛にメールを送ってくる。ブリジットはダニエルに誘われても、わざとつれない素ぶりをして彼の好奇心を煽っていく。

ブリジット・ジョーンズの日記のあらすじ【承】

出版記念パーティーの日。今夜ダニエルと何かあるかもしれないと感じていたブリジットは、セクシーな勝負下着か下腹を矯正するデカパンを履いていくか悩んだ末にデカパンを選ぶ。パーティー会場にはナターシャという美人弁護士を同伴したマークがいた。ダニエルとマークは面識があるようだった。

ダニエルはブリジットを会場から連れ出す。ブリジットはなぜマークを知っているのか聞いてみる。ダニエルの話によると、2人はケンブリッジ大学の同窓生で、ダニエルはマークの結婚式の介添人までした。しかしダニエルはマークに婚約者を寝取られたのだと語る。ブリジットはその話を聞いて、マークを最低の男だと思い込む。

その夜、ブリジットとダニエルは一線を越える。ダニエルはデカパンも面白がってくれた。ブリジットはパーフェクトな彼氏ができたと有頂天になり、週末に地元で開催されるパーティーにも同伴してもらうことにする。

地元のホテルで甘い夜を過ごした翌朝。ダニエルは急な会議の準備があるからすぐにロンドンへ帰ると言い出す。ブリジットは不審に思うが、ダニエルを信じて納得する。ひとりで出席したパーティーは最悪で、ブリジットも早々にロンドンへ帰る。

すぐにダニエルを訪ねたブリジットは、ダニエルの浮気現場に遭遇する。相手はニューヨークの本社に勤務する若くてスリムなララという女性だった。ダニエルとララは以前から付き合っており、婚約までしていた。ダニエルにとって、自分はただの遊び相手だったことを知り、ブリジットは会社を辞める。

ブリジット・ジョーンズの日記のあらすじ【転】

ブリジットはテレビ局のリポーターに転職するが、いきなりヘマをして全国の笑い者になる。友人夫婦に招待された夕食会でも、独り者のブリジットは完全に浮いていた。そこにはナターシャを同伴したマークもいた。マークは帰ろうとするブリジットを追ってきて、“僕は君がとても好きだ”と告白する。思いがけないマークの告白に、ブリジットは動揺する。

ブリジットは注目度の高い事件の取材を任され、判決の日に裁判所へ向かう。しかし買い物をしている間に被告人は帰ってしまい、取材をし損ねる。その裁判の弁護を担当していたマークは、ブリジットのために独占取材の場を設けてくれる。マークのおかげで、ブリジットは大手柄を上げることができた。

自宅でパーティーをすることにしたブリジットは、3人の親友とマークを招待する。ブリジットはマークのことを意識し始めていた。ところがそこに酔ったダニエルがやってきて、ブリジットに復縁を迫る。マークとダニエルは外で殴り合いの大喧嘩になり、ダニエルはのびてしまう。ブリジットは思わずダニエルを庇い、マークを罵る。ブリジットは今でもマークがダニエルの婚約者を奪ったと思い込んでいた。マークは何も言い訳せず、そのまま帰ってしまう。しかしブリジットはダニエルとやり直す気にもなれなかった。

ブリジット・ジョーンズの日記のあらすじ【結】

33歳になったブリジットは、クリスマスを祝うため実家へ帰る。そこでマークがダニエルに妻を寝取られたのだと知る。

マークの実家で開かれたパーティーへ出席したブリジットは、誤解していたことをマークに謝罪し、“私も好きよ”と告白する。マークの両親は招待客を前に、マークがニューヨークの法律事務所へ栄転することと、それにナターシャが同行することを発表する。ブリジットは思わず“ダメよ!”と叫んでしまい、意味不明な言い訳をする。いたたまれなくなったブリジットは、すぐに会場を出てロンドンへ帰る。

友人たちと傷心旅行へ出かけようとしていたブリジットを、マークが訪ねてくる。マークはブリジットのために栄転の話を断っていた。ブリジットも旅行を中止してマークと部屋へ戻り、2人はいい雰囲気になる。ところが、ブリジットが下着を履き替えている間に、マークは自分の悪口が書かれた彼女の日記を読み、部屋を出て行ってしまう。ブリジットは下着姿のまま、マークの後を追いかけていく。

マークに追いついたブリジットは、日記のことをマークに謝罪する。マークは、やり直すために新しい日記帳を買っていたのだと語り、彼女に日記帳を贈る。2人は雪の降る街角で抱き合い、熱いキスを交わす。下着姿でマークとキスするブリジットを、道ゆく人は好奇の眼差しで見る。しかし幸せの絶頂にいるブリジットは、人目も気にせずマークとキスをし続けるのだった。

ブリジット・ジョーンズの日記の解説・レビュー

等身大の32歳独身女性を演じる

ブリジットの役柄は日本だったらお笑い芸人でないとできなそうだ。デカパンを履くしおしり丸出しになるし。
ところが主人公ブリジットを演じたレニー・セルヴィカーは映画「シカゴ」ではアカデミー賞主演女優賞にノミネートされるくらいの名女優である。
(この映画でもアカデミー賞の主演女優賞にノミネートしている)そんな彼女が、体重を13キロ増やして体当たりしたこのブリジットの熱演は素晴らしい。
等身大の32歳独り身女性を演じるにあたり、酒を飲みまくり、タバコ吸いまくり、失態だらけでどれもこれもちょっとやりすぎだが、愛嬌があって前向きなブリジッド役はレニーじゃないと務まらないだろう。

強烈な脇役たち

ブリジットのママは思ったことを口にそのまま出してしまう人で、ちょっとお節介。だけどブリジットに男性を紹介するのはブリジットの幸せを願っているからで優しい一面だ。
パパに愛されたいから家出してみたりするところは親であっても乙女な一面があって可愛さも感じてしまう。振り回されちゃうけど嫌いになれないキャラクターである。

ブリジットの親友たちはブリジットと同じ独り身でいることが納得できるような個性的メンバーであるところもよい。

だんだんブリジットが可愛く思えてくる

映画を見始めた頃は、こんなに酒飲んでたばこを吸っていたら、行き遅れるに決まっているだろうと思ってブリジットを観ていた。更にパーティーの司会で失敗する場面を見てダサいと思った。
しかし、テレビ局で体当たり取材するあたりからだんだんブリジットが好きになってきた。ブリジットは基本的に素のままでめげずに前向きでいるからだ。
視聴者もマークと同じ“素のまま”という理由でブリジットを好きになっていくのかもしれない。ラストでもパンティを勝負パンティに交換するためにマークの前を離れるブリジットはとてもキュートだなと思ってしまった。

ブリジット・ジョーンズの日記の感想まとめ

私はイギリスのラブコメ映画にしばしば登場するコリンファースとヒューグラントの二人の役者が好きだ。
いかにも堅物なコリンファースとチャラそうなヒューグラントのイメージそのままの役柄なので見ていて楽しかった。ただこのイケてる男たちが飲んだくれのブリジットを取り合うのは少し都合のいい感じがしてしまう。
ブリジットの良さは飾らない自然体でユニークなところなのだが、キャラクターが強烈すぎるので、取り合うならもうちょっといい女いるんじゃないって思ったりしてしまう。
おそらくマークとダニエルがブリジットを取り合うのに喧嘩するのは、ただ二人が犬猿の仲だったからで、その二人の共通の知人としてブリジットが居ただけなのではと私は思う。

Amazon 映画『ブリジット・ジョーンズの日記』の商品を見てみる

関連作品

次作 ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月