映画『ブライト・スター いちばん美しい恋の詩』あらすじとネタバレ感想

ブライト・スター いちばん美しい恋の詩の概要:「ピアノレッスン」のジェーン・カンピオン監督が描く、18世紀のロマン詩人ジョン・キーツの伝記映画。ベン・ウィショー主演。共演は、アビー・コーニッシュ。2009年イギリス・オーストラリア映画。

ブライト・スター いちばん美しい恋の詩 あらすじ

ブライト・スター いちばん美しい恋の詩
映画『ブライト・スター いちばん美しい恋の詩』のあらすじを紹介します。

ブライト・スター いちばん美しい恋の詩 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2009年
  • 上映時間:119分
  • ジャンル:ラブストーリー、ヒューマンドラマ、伝記
  • 監督:ジェーン・カンピオン
  • キャスト:アビー・コーニッシュ、ベン・ウィショー、ポール・シュナイダー、ケリー・フォックス etc

ブライト・スター いちばん美しい恋の詩 ネタバレ批評

映画『ブライト・スター いちばん美しい恋の詩』について、感想批評です。※ネタバレあり

魔性の魅力をもつ、ベン・ウィショー

ベン・ウィショーが、ロマン詩人ジョン・キースの生涯を演じた伝記映画です。”愛は神聖なもの”とうたい、自然描写とロマンチックな感情が湧き上がる詩が素晴らしい。
ジョン・キースが活躍したのは、1817年から、結核で亡くなる1921年までのわずか5年間でした。

彼のミューズとなった、ファニー・ブローンとの恋、ワイト島での詩作など人生で1番輝いた日々でもありました。ベン・ウィショーは、ジョン・キースを時に自由奔放に、また繊細に演じています。例えば、木の上でキースが寝転ぶシーンやファニーと歩きながらキスを交わすシーンがとても美しい。

まるで、キースの詩の一遍を観ているかのようです。本作の題名にもなっている、”輝く星よ”(「ブライト・スター」)とファニーに向けて書いた詩には、キースの彼女に対する熱烈な恋情があります。ぜひエンドロールで流れる”輝く星よ”の詩にも注目して下さい。

人気急上昇中!ファニーの弟役を演じる、トーマス・ブロディ=サンクスター

ラブ・アクチュアリー」の子役でデビューした、子犬系のキュートな少年です(撮影当時)。本作では、ファニーの弟サミュエルを台詞は少ないものの、温かく見守る守護天使のように演じています。
声がとても魅力的なので、もう少し声を聴きたかったとファンなら感じているでしょう。ヴァイオリンを弾くシーンなど音楽に関わる場面では説得力があります。静かで温かい雰囲気が全編を通してあります。

また窓辺から観る風景が多かったように感じます。ファニーやサミュエル、その妹などが森で遊ぶのを眺めていたり、窓辺に座ってファニーが手紙を読むシーンなどです。光と風に揺れる具合がとてもきれいで、まるでファニー達が妖精のように見えるのです!
女性監督ならではのセンスではないでしょうか。

「ブライトスター いちばん美しい恋の詩」を経て、青年へと成長したトーマス。彼の最新作は、「メイズ・ランナー2 砂漠の迷宮」です。チームの頭脳役ニュートを演じています。ぜひご期待下さい。

ブライト・スター いちばん美しい恋の詩 感想まとめ

ジョン・キースは、イギリス・最高のロマン詩人であったと言われています。そのキースが恋人ファニーに宛てた手紙に添えた詩を紹介します。”いっそ僕らが夏の3日間を生きる蝶であったなら、平凡な50年を生きるより深い歓びの日々になる”と。(ジョン・キースの詩集より)

5年という短い作家人生で花開き、ひっそりと死んでいったことを思うと切なさが増してきます。ファニーとの恋もプラトニックで終わってしまったのですから。そんなキースを文学性高く演じたベン・ウィショー。ロマンチックな言葉も完璧です!もっと筆者に語学力があったなら深く味わえるのにと思います。

ぜひ語学に自信もしくは詩に興味のある方は、キースの詩集を読んでみて下さい。
ジェーン・カンピオン監督の作品は、自然描写が美しく、静かで濃密な2人の悲恋に涙が止まりません。

Amazon 映画『ブライト・スター いちばん美しい恋の詩』の商品を見てみる