『ブラザーズ・グリム』あらすじ&ネタバレ考察・ストーリー解説

2005年制作グリム童話をベースにしたダークファンタジー映画。兄のウィル・グリムをマット・デイモン、弟のジェイコブ・グリムをヒース・レジャーが演じる。モニカ・ベルッチの美しすぎる鏡の女王に注目。監督は「未来世紀ブラジル」「12モンキーズ」の鬼才テリー・ギリアム。

あらすじ

ブラザーズ・グリム』のあらすじを紹介します。

1796年、ある貧しい家の女の子が病気にかかってしまった。医者に看てもらうためのお金を得るために牛を売りに行った弟は幸せになるマジックビーンズと交換してしまう。これでみんな幸せになれると喜ぶ弟を責める兄、結局女の子は助からなかった。
 それから15年後グリム兄弟はフランス統治下のドイツで魔物退治を各地で行い名声を高めていた。だが高額の報酬と引き換えに魔物に立ち向かう勇敢なその姿とは裏腹に仲間と芝居をうってペテンを行っていたのだった。
 ついに捕まってしまった兄弟はフランス人のドゥラトンプ将軍の前に引き出される。処刑を言い渡され絶体絶命のピンチのグリムたちにある提案が出される。それはマルバデンで起こっている少女連続失踪事件の犯人の素性を暴き少女たちを発見すれば許すというものだった。
 早速マルデバンに乗り込む二人と将軍の部下カヴァルディ。少女たちが失踪したという森の案内をアンジェリカという女性に頼み森の奥へと進むとそこには廃墟に立つ入口のない高い塔があった。昔非常に美しい女王が疫病から身を守るために住んでいた塔だという。いつものように怪しげな機械を使ってごまかそうとするもそこは本物の魔法が息づく森・・・そして呪われた女王との対決が始まるのだった。

評価

  • 点数:45点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★☆☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★☆☆☆

作品概要

  • 公開日:2005年11月3日
  • 上映時間:117分
  • ジャンル:ファンタジー、コメディ
  • 監督:テリー・ギリアム
  • キャスト:マット・デイモン、ヒース・レジャー、モニカ・ベルッチ、ジョナサン・プライス、レナ・ヘディ etc…

ネタバレ考察・ストーリー解説

『ブラザーズ・グリム』について、2つ考察・解説します。※ネタバレあり

おとぎ話との関連性を見つけるのが楽しい

ブラザーズ・グリムの題名通り、ドイツのメルヘンを編纂したヤーコプとヴィルヘルムのグリム兄弟がモデルになっているためストーリーのあちこちにおとぎ話(主にグリム童話に収録されたもの)のモチーフがちりばめられています。それらをいくつ見つけられるでしょうか。

まず物語の冒頭部分に牛を豆と交換するという場面がありますが、これはあの「ジャックと豆の木」からきたものです。

少女たちが次々に攫われるシーンにも様々なおとぎ話が登場します。真っ赤なフードをかぶった女の子、ヘンゼルとグレーテル、赤ずきんちゃんがおばあさんに化けた狼に向かって言う有名な「なんて大きな耳なの・・・」もでてきます。

ラプンツェルや白雪姫もあちこちにでてきます。
白雪姫に関しては眠る少女にガラスの靴を履かせる、村には赤いリンゴをもったおばあさん、鏡の女王は「鏡よ鏡・・・」、眠る少女を目覚めさせるにはキスをするなど若干苦しめではありますが物語の中に溶け込んでいます。

ですがラプンツェルに関しては思わずつっこんでしまうくらい強引な入れ方をしています。弟のジェイコブが入口のない塔に登ってミイラのようになった鏡の女王に会い、逃げ出すシーンがあります。塔の窓から逃げ出すために女王の長い髪の毛を体に巻きつけてダイブするのですがその時何故か「ラプンツェ~~~~ル!!」と叫ぶのです。さすがにそれはきつい。

まだまだ他にもたくさんのモチーフがあります、それらを探すのがけっこう楽しいんです。

当時の生活風景

グリム兄弟が生きていた頃のドイツの生活が描かれていますが、これがけっこうブラックなんです。テーブルマナーやファッションを見ると本当にこんな感じだったのかな?と驚いてしまいます。監督はよりリアルにしたくてもっと色々したかったそうですが(例えば出演者の歯を汚くしようとした)反対されて中止になったということは、もっとすごいことになっていたかも・・・

まとめ

マット・デイモンとヒース・レジャーのイメージを覆すキャスティングが面白いです。最初は兄弟が逆だったのを直談判して変えてもらったという有名なエピソードがありますが、これは大正解だったと思います。

グリム童話をあまり知らない方でもモニカ・ベルッチの息を呑むような美しさを見るだけでも価値のある作品です。衣装がとにかく豪華なのですが、その衣装に負けない光り輝く美貌に圧倒されてしまいます。残念なのはそのモニカ・ベルッチの出番が少ないこと、もっと鏡の女王を前面に出して欲しかったです。

Amazon 映画『ブラザーズ・グリム』の商品を見てみる