映画『美術館を手玉にとった男』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「美術館を手玉にとった男」のネタバレあらすじ結末

美術館を手玉にとった男の概要:マーク・ランディスは自身で贋作を制作しては、美術館に寄贈していた。そこに、金銭の授受はなく、ただ自身の贋作を展示して欲しいという思いだけあった。美術館が贋作に気づかず受け入れた数は、100点にも及んだ。

美術館を手玉にとった男の作品概要

美術館を手玉にとった男

公開日:2014年
上映時間:89分
ジャンル:ドキュメンタリー
監督:サム・カルマン、ジェニファー・グラウスマン
キャスト:マーク・ランディス、マシュー・レイニンガー、アーロン・コーワン、ロバート・ウィットマン etc

美術館を手玉にとった男の登場人物(キャスト)

マーク・ランディス
凄腕の贋作画家。金銭の授受は行わず、美術館に自分が作成した贋作を寄贈している。精神的な病気を抱えており、現在も薬を服用している。
マシュー・レイニンガー
シンシナティ美術館のチーフレジストラー。ランディスの贋作を見抜いた人物。それからランディスに興味を抱くようになる。余りにも執拗にランディスのことを追うため、美術館を辞めるハメになる。
アーロン・コーワン
シンシナティ大学にあるDAAPギャラリーのディレクター。マシューの元同僚。なぜ贋作を寄贈するのか、ランディスの行いに疑問を抱き、興味を持つようになる。
ロバート・ウィットマン
FBI美術犯罪チーム創設者。マシューからランディスのことを聞き、ランディスのことを知る。
ジョン・ギャッパー
フィナンシャルタイムズ記者。本社から指示され、ランディスについて調査を行い記事にする。
ドナ・イングリッシュ
元ランディスのケースワーカー。2人の息子がいる。ランディスのことを1人の患者として心配している。

美術館を手玉にとった男のネタバレあらすじ

映画『美術館を手玉にとった男』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

美術館を手玉にとった男のあらすじ【起】

ランディスは贋作画家だった。今回は亡くなった姉のエミリーが所持していたという名目で、時祷書の1ページを寄贈するためにサリバンという男性に会いに行った。亡くなった姉がいると言っていた方が、面倒な対応をしなくて済むのだ。

オハイオ州シンシナティ。マシューはシンシナティ美術館のチーフレジストラーとして働いており、ランディスを追ってから4年の月日が経とうとしていた。ランディスが贋作を寄贈する目的は、奇妙なことに金ではなく、プロを騙して贋作の展示を楽しむことにあった。マシューはランディスと前の職場で会ったことがあった。ランディスは本名を名乗り、絵画を見せてきた。だが、マシューはその絵画と全く同じ物が、サバンナ芸大の報道発表に掲載されているのを見たことがあった。ランディスが持ってきたレピーヌの板絵を調べてみると、他の美術館にも同じ物が保管されていることが分かった。全て本物に見えるほどの出来栄えだった。それからマシューはランディスに興味を抱くようになった。

ミシシッピ州ローレル。パインベルト・メンタルヘルスケア。ランディスはここで治療を受けていた。自殺願望はあるか、他害衝動はあるか、医師から問診を受ける。楽しいことはあるか聞かれるが、ランディスは何も答えなかった。

ランディスは贋作制作が好きだった。心を落ち着かせることができるし、幼い頃を思い出すことができるからだった。ランディスは長時間記憶し、細部を描くことが得意だった。C・F・メニンガー記念病院に入院していた頃、施設の人もランディスの腕に興味を持っていた。18歳の頃、ランディスは入院しており、その病院には様々な精神疾患を抱える患者が入院していた。

オクラホマ州オクラホマシティ。美術館は贋作を展示することを嫌がる。オクラホマシティ美術館は展示してから5か月後に贋作だと気づき、すぐに壁から絵画を外した。関係者に情報が流され、マシューも対応に追われた。美術館は自分達が所持している作品が贋作だと疑うことをせず、何度も訴えてようやく確認してくれる有り様だった。30年に渡り、20州46の美術館が騙されていた。寄贈された贋作は、100点を超えた。

美術館を手玉にとった男のあらすじ【承】

ルイジアナ州ラファイエット。トゥロスはヒリヤード大学美術館のディレクターとして働いていた。トゥロスがランディスに会ったときは、絵画を持って来る前に、画像と1億円近くの落札記録を送ってきていた。落札者の名前は明記されていなかったが、ランディスから落札者は母親だと聞かされていた。母親の名前はエミリーで、姉と全く同じ偽名を使っていた。ランディスはパリで財産整理をしているときに見つかった絵画を寄贈したいと嘘を吐いていた。ランディスは美術館で働く職員が、芸術と金に弱いことを知っており、巧みに嘘を吐くのだ。

アーロンはシンシナティ大学にあるギャラリーのディレクターとして働いていた。約1年前にランディスの存在を知り、興味を持った。ランディスが美術館に贋作を寄贈する動機が気になったのだ。アーロンはランディスに連絡を取り、様々な質問をした。だが、ランディスは長い話だと返答に困惑した。

ランディスはよく両親に連れられ、欧州旅行に行っていた。そこで父と共に美術館に行っては、カタログを買って帰っていた。両親が夜に2人で出掛けていたため、ランディスは留守番をしながら絵画を模写して時間を潰していた。模写をし始めたのは8歳の頃で、絵に紙を当て、何度も紙を捲って元の絵を確認しながら模写していた。

アーロンはなぜ捕まらないと思うのかランディスに問い掛けた。ランディスは何も犯してないからだと答えた。

ランディスの母が亡くなってから、2年の月日が経とうとしていた。ランディスは母の死を乗り越えるのに、多くの時間が必要だった。1年前にふと神父をしようと思い立ち、母の車で慈善活動を行い様々な場所に足を運んだ。だが、教会には6年も足を運んでいなかった。

美術館を手玉にとった男のあらすじ【転】

騙された人達はランディスの行いが許せず、入院するか刑務所に入る必要があると考えていた。FBI捜査官のロバートはマシューから贋作画家がいると連絡を受け、ランディスのことを知った。マシューは最初からランディスの事件を追っている人物だったため、捜査には非常に役に立った。だが、少々執着心が強すぎるような気がした。

ランディスはマシューのことを容姿さえ覚えていなかった。だが、マシューが自分のことを追っているのは知っていた。マシューはランディスのことを執拗に追いかけ、家で子供の世話をしながら主夫生活を送っていた。男である自分が働いていないことに疑問を抱きながらも、ランディスを追うことを止められなかった。シンシナティ美術館はランディスを追っているマシューに疑問を抱き、勤務中にランディスに関する電話やメールのやり取りを禁じた。その後、マシューは美術館を追われた。

絵画を美術館に持ち込めば、大金が動くのが普通だった。贋作なら、詐欺行為となるのだ。だが、ランディスは無償で寄贈するため、受け取るかどうかは美術館の意思に委ねられていた。

ランディスは17歳の頃、神経衰弱と診断された。父が他界して動揺していたのだ。体調不良を感じて偶々行った病院に精神科があり、“妄想型統合失調症と精神障害”であると告げられた。他にも“パーソナリティ障害”や“支離滅裂”“病理的に不適切な不信感”など、自覚しているものもあるが、納得のできない症状についても指摘された。

美術館を手玉にとった男のあらすじ【結】

ランディスが初めて人にあげた作品は、ディクソンのインディアンの贋作だった。図書館に行き本を読みこんで描き上げた。昔は機械を頼らずに贋作を作っていたのだ。現在のランディスは、“オリジナル”作品をコピーして贋作を作っていた。154倍に引き延ばしてコピーした絵を木の板に張りつけ、絵の具を使って“オリジナル”の風合いを出して贋作を作り上げた。

ドナはランディスにとって最初に出会った社会福祉士で、グループホームを出てから世話になった人物だった。ドナは久しぶりにランディスの家を訪ねた。ランディスがきちんと薬を飲み、外出しているのか気になっていたのだ。

ニューヨーク州ニューヨーク。記者のジョンは本社から連絡を受け、ランディスの事件について記事を書くことになった。ジョンは最初に居住履歴から調べることにした。ランディスは引っ越しを何度も重ねていたため、たくさんの電話番号があった。ジョンはいくつかの電話番号に連絡してみたが不通のため、直接ランディスが住んでいるローレルを訪れた。地元の学芸員に話を聞きに行ったり、ランディスの母親の家を訪れたりした。皆ランディスのことを変人だと噂していた。

ランディスは何十年も活動していたが、行く手を阻む者はいなかった。マシューだけがランディスの行いに気づいて、何とかしようとしたのだ。ランディスは贋作画家であることを認めており、有名になり過ぎで美術館から出入禁止になることだけを心配していた。

オハイオ州シンシナティ。アーロンはランディスの新聞の記事を見て、個展を開くことを思いつく。贋作を一堂に集めて、ランディスの作品が先人達のような単なる盗作ではないことを比較するのだ。アーロンの元同僚のマシューは話を聞き、興味を惹かれる。ランディスのことを美化するのではなく、額面通りに物事を受け取るなと言う教訓になると思ったのだ。

マシューは展示するために送られてきたランディスの贋作を見て、彼の技術に感嘆の声を上げた。公的文書の贋作まであった。マシューは改めて、作品を注意深く見て適切に評価すべきだと思った。

個展前夜。ランディスは緊張で落ち着かない気分を持て余していた。個展当日。個展を訪れている人達は、絵画を見ながら様々なことを話していた。ある人は話題となったが結局捕まらなかったことを話しており、ある人は素描家としても素晴らしい腕だと話していた。

ランディスはマシューと個展を一緒に回った。2人は絵画の“色”について意見を交換し合った。その後、学生や学部長とも言葉を交わした。他の人から自分の作品を作るべきだと勧められ、ランディスは自分が昔描いた母の人物画が展示してあることを伝えた。ランディスは自身のことを芸術家とは思っていなかったが、なりたいとは思っていた。ランディスはあるアイデアを持っていた。それは、紛失や盗難にあった芸術作品を描き、持ち主に返すことだった。

Amazon 映画『美術館を手玉にとった男』の商品を見てみる