映画『バーレスク』あらすじネタバレ結末と感想

バーレスクの概要:『バーレスク』は、歌姫クリスティーナ・アギレラの映画初主演のミュージカル映画。歌手になる夢をかなえるため、田舎町からロサンゼルスにやってきた主人公アリのサクセスストーリー。

バーレスク あらすじネタバレ

バーレスク
映画『バーレスク』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

バーレスク あらすじ【起・承】

アイオワで歌手になることを夢見ていたアリは、とうとう夢を叶えるために一歩踏み出す。ロサンゼルスにやってきたアリは、仕事を探してロスの街中をさまよう内に、「バーレスク・ラウンジ」という店に出会う。そこで女性達の歌とダンスを見て魅了されたアリは、ここで働くことを決意する。
「バーレスク・ラウンジ」を経営しているのはテスという女性。はじめは彼女に直談判して働かせてもらおうとしたが、なかなか認めてもらえない。仕方なくアリはウエイターのジャックに頼み込み、ここでウエイトレスとして働くことになる。

ウエイトレスとして働く内に、ついにアリにもチャンスが巡って来る。妊娠して舞台に上がれなくなったバックダンサーの代役として、アリが舞台に上がることになったのだ。しかし、アリが夢見るのは歌手として舞台に立つこと。バックダンサーをしながらその日を待ち続ける。
そしてついにその日はやってくる。アリは、問題児のニッキの代わりにソロダンサーとして舞台に上がる。それに怒ったニッキは、音楽を止めて嫌がらせをするが、アリは機転を利かせて自分で歌いだす。抜群の歌唱力を持つアリの歌声はホール全体に響き渡り、人々を魅了する。
それからはテスに認められ、アリはメインとして舞台に上がり、成功をおさめる。そしてその頃ジャックともいい関係になり、夢も恋もうまく行きはじめていた。

バーレスク あらすじ【転・結】

「バーレスク・ラウンジ」は、実はかなりの経営難で借金を抱えていた。テスは店を売り手放すかどうか悩む。常連客のマーカスは不動産業をしており、彼に売る話が出ていたのだ。

その頃、アリの恋も雲行きが怪しくなる。ジャックが元恋人とまだ分かれていなかったことを知り、二人の仲はこじれる。アリはマーカスと距離を縮め始めるが、マーカスの自宅を訪れた際、「バーレスク・ラウンジ」を潰して跡地に高層ビルを建てるという計画を知ってしまう。
アリは「バーレスク・ラウンジ」を守るために立ち上がる。マーカスの先回りをして、テスと共に「バーレスク・ラウンジ」の向かいのマンションへ行き、「バーレスク・ラウンジ」の「空中権」を売ることを提案。マンションのオーナーにとっても、バーレスクの土地に高層ビルが建つのは好ましくなく、利害が一致した両者は協力する。
こうしてマーカスの計画をくじいた二人は「バーレスク・ラウンジ」を守った。
その後ジャックとも仲直りし、歌姫としてまた舞台に立ち始める。

バーレスク 評価

  • 点数:85点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2010年
  • 上映時間:120分
  • ジャンル:ミュージカル、ラブストーリー
  • 監督:スティーヴン・アンティン
  • キャスト:シェール、クリスティーナ・アギレラ、エリック・デイン、カム・ジガンデイ etc

バーレスク 批評・レビュー

映画『バーレスク』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

クリスティーナ・アギレラの迫力ある歌声

クリスティーナ・アギレラは、世界的歌姫である。そんな彼女の映画初主演作がこの映画。田舎から夢を叶えるために都会にやってきた少女のサクセスストーリーなんて、掃いて捨てるほどあるし、歌とダンスのショーを舞台にしたミュージカル映画も『NINE』など有名なものがある。しかしその中でも全く引けを取らない面白さ、爽快さがある。
何よりショーのシーンでのクリスティーナ・アギレラが素晴らしい。世界的歌姫であるクリスティーナ・アギレラの歌声は本物。映画ではなく、ミュージカルの舞台で、生で観たかったと思う。
現在のクリスティーナ・アギレラはそれなりに年も重ねて大人の魅力十分だけれど、この頃の彼女はまだ少女らしさもある女の子という感じで、歌声とのギャップもいい。
テスを演じたシェールの歌唱シーンも魅力の一つ。この二人の存在は圧倒的だった。

アリの選択

後半、アリは「バーレスク・ラウンジ」を代表する歌手として成功する。常連客のマーカスにも気に入られ、このまま黙って彼に従っていればもっとステップアップも望めたはずである。
しかし、アリはそれを選ばなかった。経営難で、銀行からの融資は断られ、これから先どうなるかもわからないテスの「バーレスク・ラウンジ」を選んだのだ。アリは、自分のパフォーマンスを認めてくれたテスへの義理を貫いた。ひたすら夢を追いかけて、歌手としての成功を目指してきたけれど、最後は仲間との絆を大切にしている。
田舎娘のサクセスストーリーは単純でありきたりだけど、自分の夢も仲間も恋も大切にする、こういうストーリーは何度観ても楽しめる。

バーレスク 感想まとめ

ストーリー展開こそありきたりだが、ステージでの音楽とダンスに魅了されてしまう。特に、アリがニッキの嫌がらせを受け、音楽が止まったステージの上でアカペラで歌いだすシーンは、アギレラの歌声がまるで地面から響いてくるようで鳥肌が立つほど。
一番目立つのはクリスティーナ・アギレラだが、シェールや、脇をかためるクリスティン・ベルらの歌唱力も素晴らしい。
ストーリーは単純なので、このショーだけを観るのでも、何度も繰り返し楽しめる映画である。

Amazon 映画『バーレスク』の商品を見てみる