映画『武士の献立』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「武士の献立」のネタバレあらすじ結末

武士の献立の概要:料理の腕を見込まれ、加賀藩の御料理人、舟木家に嫁いだ春。やる気のない四つ年下の夫を助けつつ、幸せな日々が続いていくと思われたが、藩のお家騒動に舟木家も巻き込まれていく。徳川家をもてなす饗応料理のシーンは圧巻。2013年公開の日本映画。

武士の献立の作品概要

武士の献立

公開日:2013年
上映時間:121分
ジャンル:ヒューマンドラマ、時代劇
監督:朝原雄三
キャスト:上戸彩、高良健吾、余貴美子、成海璃子 etc

武士の献立の登場人物(キャスト)

舟木春(上戸彩)
加賀藩主、前田吉徳の側室貞の女中。料理屋だった生家は火事でなくなり、家族もいない天外孤独の身。料理の腕を見込まれ、御料理人の舟木家に嫁ぐことになる。気が強くはっきりものを言うので、一度商家に嫁いだが離縁された経験あり。夫となった安信からは古狸と呼ばれている。
舟木安信(高良健吾)
長兄の急な死によって家を継がねばならなくなったが、本意ではないのでまるでやる気なし。剣の腕はかなりのもので、通っている道場の一人娘佐代を好きだったが、家督を継ぐために諦めた。
舟木伝内(西田敏行)
安信の父。料理研究に熱心で、後に数々の加賀料理のレシピ本を書いている。春の確かな味覚に感心し、武士でありながら土下座までして息子の嫁に来てくれと懇願した。
今井定之進(榎本佑)
安信の親友にして剣のライバル。佐代と結婚している。加賀藩のお家騒動に安信も巻き込もうとした。

武士の献立のネタバレあらすじ

映画『武士の献立』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

武士の献立のあらすじ【起】

加賀藩江戸屋敷で側室お貞の方様の女中として働く春は、奉公前は浅草の料理屋の娘だった。生家は火事で焼け、その時に家族も失った。奉公して15年、お貞の方様を母のように慕い、ずっと仕えたいと願っている。そんな中屋敷で宴席があり、藩主吉徳は、御料理人舟木伝内の作った『つるもどき』の一椀の中身を当ててみよと皆に問いかけた。
誰も正解を答えられない中、春は見事に言い当てる。その様子を見て、伝内は大きく心を動かされた。

伝内から息子の嫁にと唐突に申し込まれた春だが、即座に断った。実は一度結婚に失敗している。気が強く生意気だと、嫁ぎ先の商家から一年で離縁されたのだ。諦めきれない伝内は、わざわざ屋敷まで訪れて春に懇願する。四つも年上の出戻りだと言ったが、それでも構わないと言われ、ついに春は嫁ぐ決意を固めた。

武士の献立のあらすじ【承】

長兄の死によって、嫌々家督を継ぐことになった安信は、嫁の春が来るといってもあまり嬉しそうではなかった。藩主の食事を作るという大切な職務であると分かってはいるが、武士としての身分は低く、包丁侍などと揶揄されている。剣の腕を上げ、その実力で藩に奉公したいと願っていたがもう無理だ。しかも父が選んだ春を娶らなければならない。そんな安信に冷たくされても春は、自ら台所に立って健気に若妻らしく振る舞う。

やる気がないせいなのか、安信の料理はあまり旨くない。縁者を集めての振る舞い料理の席で、春はつい安信の料理に手を加えてしまう。春の料理したものを褒められ、安信は怒った。謝りはしたが春は怯まず、あなたの熱意がないせいだと言い切り、料理の腕比べを提案した。春が負けたら離縁、勝ったら安信に料理指南をするという賭けだ。
結果、負けた安信は、素直に春の指南を受け入れ、日々腕を上げていく。

武士の献立のあらすじ【転】

幸せな日々が続くかと思ったが、ここで後に江戸時代の三大お家騒動と言われた、加賀騒動が持ち上がる。藩の改革を進めていた前田吉徳の死後、それまで寵愛されていた改革派の大槻が冷遇され、それに怒った安信の親友今井定之進は重臣の暗殺を企む。
いよいよ決行の夜、安信は刀の手入れをし、定之進の元に駆けつけようとしていた。それを知った春は、何としても安信を生かしておきたい一心で、刀を抱えて家を逃げ出す。

定之進は死んだが、春の機転で安信は生き延びた。武士の面目をつぶされたと、怒りのあまり春を手打ちにしそうな安信だったが、父伝内が病に倒れ、それどころではなくなる。
病の床で伝内は、藩が平和になるのは武力ではなく、和を保つことが何よりで、そのための宴席だと安信を諭す。そして能登の地に、饗応料理の食材を探しに行くよう安信と春に命じた。長くて辛い旅になった。けれど文句も言わずともに旅する春の姿に、安信は深く心を打たれる。

武士の献立のあらすじ【結】

饗応料理では伝内が頭取、安信が頭取補佐だった。徳川家はじめ、他藩の賓客を迎えての宴席だ。加賀藩の面目を保つためにも失敗は許されない。
見事に料理を仕上げ、皆から称賛された安信は、喜んで春に報告しようとするが、帰った家に春の姿はなかった。定之進の妻だった佐代のお咎めが解かれ、この地に戻ったと春は義母から聞かされた。安信が今でも大切に、佐代の簪を隠し持っていることを知っている。武家の娘でもない自分より、佐代のほうが安信には相応しい。そう思って自ら別れたのだ。

その後、能登の海女小屋で春はひっそりと働いていた。そこに安信が現れる。
佐代を好きだったのは事実だが、今はおまえが一番大切だと、安信は火の中に簪を投げ入れる。春を連れてでないと、帰ってくるなと伝内に言われたそうだ。旅支度を調え、春は安信とともに家に向かう。もうわだかまりもなく、二人の姿は晴れやかだった。

Amazon 映画『武士の献立』の商品を見てみる