映画『キャビン・フィーバー』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「キャビン・フィーバー」のネタバレあらすじ結末

キャビン・フィーバーの概要:2002年に公開された、イーライ・ロス監督のデビュー作。田舎町の森のロッジで休暇を過ごすことになった5人の若者たちが、皮膚が溶ける感染病の恐怖におびえ、疑心暗鬼になる様子を描いた。

キャビン・フィーバーの作品概要

キャビン・フィーバー

公開日:2002年
上映時間:93分
ジャンル:ホラー、サスペンス
監督:イーライ・ロス
キャスト:ライダー・ストロング、ジョーダン・ラッド、ジェームズ・デベロ、セリナ・ヴィンセント etc

キャビン・フィーバーの登場人物(キャスト)

ポール(ライダー・ストロング)
カレンのことが好きな青年。黒髪に薄いひげを生やしている。仲間たちにも、カレンを想う気持ちはバレている。
カレン(ジョーダン・ラッド)
金髪の女の子。ポールの気持ちに気付いているが、キス以上は許していない。
バート(ジェームズ・デベロ)
トラブルメーカーの青年。
マーシー(セレナ・ヴィンセント)
ジェフの彼女。赤毛の女の子。
ジェフ(ジョーイ・カーン)
マーシーの彼氏。金髪の青年。黒人差別用語を使う店主に嫌な顔をするなど、神経質な性格。

キャビン・フィーバーのネタバレあらすじ

映画『キャビン・フィーバー』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

キャビン・フィーバーのあらすじ【起】

5人の若者たちが、1週間の休暇を過ごすために田舎町を訪れた。
ロッジに着く前、立ち寄った店の前に話すことができない子供がいた。
その子供に噛みつかれたポールは、店の裏の川で傷口を洗って応急処置をした。
店主は、森に入るときは気をつけるように言った。

ロッジに着いて、マーシーとジェフのカップルはベッドで楽しむ。
ポールとカレンはキスをしていいムードになるが、カレンは誤魔化し逃げた。
森の中でエアガンを撃って遊んでいたバートは、間違って人を撃ってしまう。
だが、浮浪者のような恰好に、皮膚がただれて血を流す相手を見て逃げ出した。

キャンプファイヤーをしていると、グリムという男が仲間に入れてほしいとやってくる。
雨が降ってきたため5人はロッジに戻り、グリムはドラッグを取りに行った。

その後、バートが撃ってしまった男が助けを求めてロッジにやってくる。
バートは伝染病だと言い、ロッジに入れるのを拒む。
電話は通じなかった。

5人の車に逃げ込み、血を吐き暴れる男。
5人は身を守るために男に火をつけてしまった。

キャビン・フィーバーのあらすじ【承】

男は貯水池の中で命を落としていた。

翌朝、マーシーは助けを呼びに行くと言って、ロッジを出た。
ジェフとバートは、ポールに掃除を任せて出かけた。
車の修理工場の場所を尋ねるため、見かけた家に向かう。
そこでは中年女性が豚を捌きながら、病気の豚だと言って怒り狂っていた。

事情を話すと、無線でレッカーを呼ぶという。
修理工場は町にしかないらしい。
しかし、殺してしまった相手が女性のいとこのヘンリーだとわかり、慌てて逃げ出す。

マーシーは、無人の別荘を見つける。
すでにそこにいたジェフとバートと共に、ロッジに戻った。

ロッジには、奇妙な雰囲気の保安官代理のウィンストンが訪ねてくる。
事情を聞き、翌日の午後までにレッカーを寄越すと言って去っていった。

ポールとバートが車を洗っていると、グリムの犬が襲ってくる。
ロッジに逃げ込んだ2人は、カレン、マーシー、ジェフと今後について相談する。
一刻も早くロッジを出たいため、車を修理しようとする。

キャビン・フィーバーのあらすじ【転】

カレンが発病した。
ヘンリーと同じように皮膚が溶け始めていたのだ。
4人はカレンを別の建物に移動させ、お互いに初期症状が出ていないか確認しあった。

ポールは助けを呼びに行く。
ジェフ、バート、マーシーが無断で侵入した別荘で電話を借りようとするが、覗きをしていたと間違えられて追い払われる。

4人は疑心暗鬼になり、感染をひどく恐れるようになる。

やがて、バートは車を直すことに成功する。
カレンを連れて病院へ行こうとするが、カレンは車の中で血を吐く。
そしてバートも発病する。
仲間に見られないよう隠れて血を吐いたが、ジェフは車に乗ることを嫌がった。

バートはそのまま助けを呼びに行く。
カレンに触ったマーシーを拒絶し、ビールを持ってロッジを出るジェフ。
マーシーとポールは、絶望に駆られた勢いで寝てしまう。

しかしマーシーも発病し、ロッジの外に出て犬に襲われてしまった。
犬はカレンを襲い、様子を見に行ったポールにも襲い掛かる。
ポールはその犬を銃で撃ち殺した。

キャビン・フィーバーのあらすじ【結】

ポールは、ヘンリーの遺体が貯水池に浮かんでいるのを見つける。
確認しようとして自分も貯水池に落ちてしまうが、感染源が水だとわかる。

バートは最初に立ち寄った店で事情を話し、助けを求めるが、噛みつき癖のある子どもがバートにも噛みつく。
そして店にいた子供の父と仲間たちが、バートを殺そうと追ってくる。

逃げてきたバートから話を聞いたポールは、3人の男たちを殺してしまう。
しかしバートも撃たれて死んだ。

ジェフを探すポールは、感染して溶けたグリムの遺体を発見する。
店の人間たちが乗ってきた車を見つけ、町へと急ぐポール。
だが、ポールも発病してしまう。

鹿を轢いてしまい、車が動かなくなったポールは逃げ続け、病院に運ばれた。
しかし病院側は匙を投げ、治療は無理だと言った。
感染源を聞かれても、意識がもうろうとしているポールは話すことができなかった。

その後、ジェフはロッジに戻る。
水を飲まず、ビールだけを飲んでいた彼は発症していなかった。
しかし感染を疑う警官隊に殺されてしまった。

他の感染者の遺体がある水辺から水を汲み、地元の子供たちはレモネードを売り始めた。

Amazon 映画『キャビン・フィーバー』の商品を見てみる