映画『キャリー(2013)』のネタバレあらすじ結末

キャリー(2013)の概要:2013年のアメリカのホラー映画キャリー(1976)のリブート作品です。本作は『キックアス』のクロエ・グレース・モレッツを主演に迎えVFX用いて製作されました。

キャリーの作品概要

キャリー

公開日:2013年
上映時間:100分
ジャンル:ホラー
監督:キンバリー・ピアース
キャスト:クロエ・グレース・モレッツ、ジュリアン・ムーア、ジュディ・グリア、ポーシャ・ダブルデイ etc

キャリーの登場人物(キャスト)

キャリー・ホワイト(クロエ・グレース・モレッツ)
謎の力を秘めた少女。その力は代々受け継がれた力で、その力はどこから発生したのか分かりません。とにかく彼女に喧嘩を売るのはお勧めしません。
マーガレット・ホワイト(ジュリアン・ムーア)
キャリーの母親で信仰心が強い様ですが、キャリーのような力は持っていません。
リタ・デジャルダン先生(ジュディ・グリア)
キャリーの学校の先生。キャリーがいじめられていることを心配してくれるが、その心配は空振りばかり、キャリーを苦しめてしまいます。
スー・スネル(ガブリエラ・ワイルド)
キャリーを小学校6年生のときからいじめていた。その事を自身で悔やみ、キャリーにプロム(ダンスパーティ)の相手を譲るが、最悪のシナリオになってしまう。
トミー・ロス(アンセル・エルゴート)
クラスのイケメン男子でスーはガールフレンド。スーに頼まれキャリーをプロムに誘う。
ティナ・ブレイク(ゾーイ・ベルキン)
キャリーを陥れようとする同じクラスの女子。小学校6年生のときからいじめている。キャリーを怒らせてしまい逃げようとするが、上手くは行きません。

キャリーのネタバレあらすじ

映画『キャリー(2013)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

キャリーのあらすじ【起】

キャリーはいつも母親のマーガレットに学校まで送ってもらっていました。学校はキャリーにとって自分が普通の女の子になる為の大事な場所です。けれど、キャリーには障害がありました。それは学校でいじめを受けていた事です。

学校でのプールの時間が始まります。今日もバレーボールの試合です。キャリーはチームの中に入る事をとても恐れていました。皆の中に入っていいものか悩んでいたのです。そしてプールの中で一人だけ立っています。そこで体育担当のリタ先生はキャリーに優しく「たまには参加してね。さあ、ボールを持って!」と言い、キャリーはボールを受け取ります。そしてサーブを打つことになりました。キャリーがボールを思い切り打ちました。けれど、近くにいたティナにボールは直撃してしまい、それを見た皆は笑っていたのでキャリーは思わずにっこりしました。そのまま体育の授業は終わり、皆がプールから上がるとシャワーを浴びました。皆とシャワーを浴びる事をキャリーは恥ずかしく思い最後の方にシャワーを浴びることにしました。

キャリーのあらすじ【承】

キャリーはゆっくりとシャワーを浴びていると突然身体から血が流れ出します。恐ろしくなって、「きゃー!誰か助けて!痛いわ!」と叫び近くの子に助けを求めました。「この子生理も知らないの?」と言ってティナを始めとするいじめっ子たちが沢山の生理用品をキャリーに投げつけました。キャリーはその時本当に生理のことなんて知らなかったのです。キャリーの周りは笑い声に包まれました。更にティナに一部始終を携帯で撮影されてしまいます。「なにしてるの!?」とリタ先生は叫び、皆一斉に逃げてしまいました。

学校長とリタ先生はキャリーに事情を説明してもらい、いじめっ子達には罰を与えることを決めました。「君のお母さんに来てもらう」と学校長が言うとキャリーは「そんなの駄目よ!」と言って断りました。「確かに君のお母さんがこの事を知ったら君を学校へ通わせないだろう」と言って渋々諦めました。今日は、いつものようにマーガレットは迎えに来ました。

キャリーのあらすじ【転】

帰宅後、キャリーはマーガレットに「なぜ生理の事を教えてくれなかったの?」と聞きました。「遂に始まってしまったのね。皆の前でシャワーまで浴びて、これは罪だわ。クローゼットの中へ行って祈りなさい。」とマーガレットは言うと、反発するかのように「お母さんが教えてくれなかったからこんな事になったのよ。罪なのはお母さんよ!」と言ってクローゼットに入る事を拒否しましたが、無理やり扉は閉められてしまいました。

その頃、一番面白がっていたいじめっ子のティナはその時の動画をWEBにアップしてしまいました。「私達はキャリーを救ってあげたのよ!」と嘲る様にティナは言いました。

キャリーは次の日、学校に行くとロッカーにキャリーの悪口を書かれていたり、皆がこちらを見て笑っていました。キャリーの動画を見た同級生が面白がっていたのです。キャリーはそのことを知りませんでした。休み時間に入り、プロムの準備に取り掛かります。皆で会場を作るのです。そこでティナはキャリーのことについて話していると、スーはキャリーを庇います。リタ先生にキャリーをいじめるとプロムに参加出来ない事を言い渡されていました。それだけでなくティナはそれに逆らい参加できなくなってしまっていました。

キャリーのあらすじ【結】

罪の意識に苛まれたスーはボーイフレンドでイケメンのトミーに相談し一日だけでもキャリーに普通の女の子としての幸せを感じてもらいたいとプロムに誘うように懇願し、トミーはそれを引き受けるようにしました。

キャリーは始めは、またいじめっ子に騙されるのではないかと心配でしたが、トミーの言葉を信用し参加する事にしました。笑顔でドレスの布を選びに行き、自分で裁縫もしました。

プロム当日の夜、トミーが迎えに来ます。しかし、マーガレットはキャリーが騙されていると言って行かせようとしません。キャリーはその頃自分の能力がコントロールできるようになっていたので、その能力でマーガレットを押さえ、いえを飛び出しました。

会場に着き、夢のような空間に幸せいっぱいのキャリーはベストカップルのアンケート用紙に自分達の名前を記入しました。選ばれたカップルはみんなの前でダンスを披露します。

一方、いじめっ子のティナは照明の近くで待ち構えていました。仲間と意地悪な事を計画していました。豚を殺して血を集めキャリーの頭に掛ける為です。

もちろん作戦通り、キャリーたちカップルが選ばれ二人は舞台に上がりました。どこで上からドバッと血が流れてキャリーは自分を保てず、怒り狂うようにその場に居た人達を殺してしまいました。そして、逃げようとしたティナを追い詰めて殺し家に帰ると、マーガレットがキャリーを殺そうとしましたが、キャリーの力に勝てず殺してしまいました。罪の意識から、キャリーは自殺しました。

駆けつけたスーは裁判で尋問されるとキャリーのことを話しました。キャリーのお墓の前に花を置きました。

Amazon 映画『キャリー(2013)』の商品を見てみる