アクション映画 | MIHOシネマ

アクション映画一覧

「ラストマン・スタンディング」のネタバレあらすじ結末

ラストマン・スタンディングの概要:黒澤明監督の時代劇映画『用心棒』(61)を、ウォルター・ヒル監督がアメリカ風にリメイクしたアクション映画。三船敏郎が演じた椿三十郎に当たるキャラクターを、ブルース・ウィリスが演じている。主人公が女好きという設定が、いかにもアメリカらしい。

「レザボア・ドッグス」のネタバレあらすじ結末

レザボア・ドッグスの概要:警察のイヌ(裏切り者)が仲間に混じっていたせいで、ダイヤ強盗に失敗した男たちの壮絶なバトルを描く。クエンティン・タランティーノの脚本・監督デビュー作。秀悦な脚本と演出に加えてキャストの演技も素晴らしく、低予算ながらハイレベルな作品に仕上がっている。

「キリング・ゾーイ」のネタバレあらすじ結末

キリング・ゾーイの概要:旧友の銀行強盗を手伝うためにパリを訪れたゼッドは、コールガールのゾーイと一晩で恋に落ちる。無謀な計画に振り回されるゼッドは、ゾーイとの恋を成就することができるのか。刺激的なシーン満載のバイオレンス・アクション。

「ウルトラマンゼアス」のネタバレあらすじ結末

ウルトラマンゼアスの概要:ウルトラマンゼアスは、ウルトラマン史上最大のダメキャラである。光線はうまく放てず、極度の潔癖症ゆえに泥の中にも入って行けない。変身して登場するタイミングも間が悪い。しかしながら、コメディに振り切った本作は、変わり種ではありながらも、立派なエンターテイメント作品として仕上がっている。

「アウトレイジ ビヨンド」のネタバレあらすじ結末

アウトレイジ ビヨンドの概要:前作『アウトレイジ』の続編である2作目。バイオレンスの名手として知られていた北野武の面目躍如のシリーズ。前作以上にバイオレンス描写の見せ場が数多く用意されており、痛快なエンターテイメントに仕上がっている。

「トカレフ(2014)」のネタバレあらすじ結末

トカレフ(2014)の概要:ポールは美しい妻と可愛い娘に囲まれ、幸せに暮らしていた。そんなある日、娘が誘拐される事件が起こる。ポールはギャングに所属していた過去があり、復讐かと思われていたが、犯人からの身代金の連絡はなかった。そんな時、娘が遺体となって発見される。

1 2 3 4 102