アニメ映画 | MIHOシネマ - Part 33

アニメ映画一覧

「トイ・ストーリー3」のネタバレあらすじ結末

トイ・ストーリー3の概要:オモチャたちが大活躍する「トイ・ストーリー」シリーズの第3作目。成長したアンディは大学へ行くことになり、オモチャたちは自分たちの将来を心配する。大人が観ても思わず涙してしまう秀作。映像はもとより、痒いところに手の届く細やかな演出と脚本の完成度も高い。

「トイ・ストーリー」のネタバレあらすじ結末

トイ・ストーリーの概要:アンディのお気に入りのカウボーイの人形ウッディ。彼はアンディが新しいオモチャであるバズに嫉妬していた。そんな矢先にウッディとバズは隣の家に住むシドというオモチャをいじめる男の子の家に迷い込んでしまった。最初はいがみ合っていたウッディとバズはお互いの気持ちを知り、力を合わせてアンディの家へ戻ろうと協力する。

「アラジン」のネタバレあらすじ結末

アラジンの概要:アグラバーに住む貧しい青年アラジンは不思議なランプを手に入れる。そのランプには精霊ジーニーがおり、3つの願いを叶えてくれるというのだ。アラジンは自分を王子にしてもらい、憧れのジャスミン王女に近づく。しかしその一方でアグラバーを支配しようとする大臣ジャファーが悪巧みを考えていた。

「魔女の宅急便」のネタバレあらすじ結末

魔女の宅急便の概要:魔女修行に出た13歳のキキは、挫折を経験しながら少しずつ成長していく。角野栄子の同名児童文学を原作としたスタジオジブリの長編アニメーション。宮崎駿監督は、魔女のキキを誰にでも共感しやすい普通の少女として描いており、その狙いが的中して映画は大ヒットした。

「かぐや姫の物語」のネタバレあらすじ結末

かぐや姫の物語の概要:日本の古典「竹取物語」を、高畑勲監督が独自の解釈で脚色した、異色の長編アニメーション。手描きの線を強調することでキャラクターの喜怒哀楽を生き生きと表現し、背景の繊細で美しい水彩画と合わせて、芸術性の高いアニメーションを完成させている。

1 30 31 32 33 34