コメディ映画 | MIHOシネマ - Part 2

コメディ映画一覧

「男はつらいよ フーテンの寅」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ フーテンの寅の概要:男はつらいよシリーズの第3作目となる作品。山田洋次監督の助監督をしていた森崎東が監督を務めている。山田洋次が脚本に参加しているため、物語の大筋は変わらないが、演出面では他の作品との違いを感じる。重要なキャラクターのさくらの影が薄く、満男も登場しない。

「続・男はつらいよ」のネタバレあらすじ結末

続・男はつらいよの概要:男はつらいよシリーズの第2作目となる作品。第1作目の『男はつらいよ』で博と結婚したさくらが、満男を生んで母親になっている。マドンナには佐藤オリエ、寅さんの恩師に東野英治郎、そして寅さんの実母としてミヤコ蝶々がキャスティングされており、渥美清と迫力たっぷりの親子喧嘩を繰り広げる。

「デンジャラス・バディ」のネタバレあらすじ結末

デンジャラス・バディの概要:凶悪な麻薬組織の捜査をするため、ボストンへやって来た生真面目な女性捜査官。だが、そこで待っていたのは、性格や行動に問題のある女性刑事だった。2人は協力して捜査をすることになるが、何かにつけて意見が衝突。捜査官2人の言い合いが非常に面白い。

「ラム・ダイアリー」のネタバレあらすじ結末

ラム・ダイアリーの概要:1960年、フリーの新聞記者がプエルトリコへ渡り、ラム酒漬けになりながらもジャーナリスト魂を燃やす。誰もが尊敬する伝説のジャーナリスト、故ハンター・S・トンプソンの自伝小説を映画化。彼の友人でもあるジョニー・デップが製作・主演を務めている。

「9デイズ」のネタバレあらすじ結末

9デイズの概要:チケットのダフ屋をしていた主人公はある日突然、CIAに協力を要請される。死亡した諜報員が実は双子の兄弟だったことが分かり、身代わりをすることに。しかし、教育期間はたったの9日間。主人公は立派に諜報員として活躍できるのか。

「二代目はクリスチャン」のネタバレあらすじ結末

二代目はクリスチャンの概要:純粋無垢で真面目なシスターがヤクザの息子に愛され、ヤクザの親分になってしまう。原作・脚本をつかこうへい、監督を井筒和幸が務め、笑いを取り入れながらヤクザ同士の抗争を描く。ヒロインの志穂美悦子も良いが、脇を固めるキャスト陣の演技が素晴らしい。

「虹をつかむ男」のネタバレあらすじ結末

虹をつかむ男の概要:第49作目となる『男はつらいよ 寅次郎花へんろ』の撮影前に寅さん役の渥美清が急逝したため、渥美清への追悼映画という形で作られた山田洋次監督作品。映画のラストシーンにはCG合成で寅さんが姿を見せ、「敬愛する渥美清さんに捧げる」というテロップが出される。

「ラスト・ソルジャー(2010)」のネタバレあらすじ結末

ラスト・ソルジャー(2010)の概要:紀元前227年、衛の軍が梁に攻め入った。両軍共に全滅するが、実は梁の兵士が1人生きていた。さらに、衛の将軍も生き残っており、梁の兵士は捕虜として衛の将軍を捕らえることにした。色んな困難に見舞われながら、梁の兵士は国に戻るために奮闘した。

「ジョージアの日記 ゆーうつでキラキラな毎日」のネタバレあらすじ結末

ジョージアの日記 ゆーうつでキラキラな毎日の概要:14歳のジョージアは今まで彼氏がいたことがなかった。友人達とキスの話をして盛り上がっているとき、カッコいい転校生の男の子が目に入った。ジョージアはその男の子に夢中になり、仲良くなるために色んなアプローチを決行する。

「クランク家のちょっと素敵なクリスマス」のネタバレあらすじ結末

クランク家のちょっと素敵なクリスマスの概要:クランク家の1人娘であるブレアが、平和部隊に参加するため、クリスマス前にペルーの密林地帯へと旅立って行った。父親のルーサーは、今年はクリスマスパーティーをやらず、クルーザー旅行に行くことを決意する。しかし、近隣住民の反対にあってしまう。

1 2 3 4 5 77