コメディ映画 | MIHOシネマ - Part 3

コメディ映画一覧

「の・ようなもの」のネタバレあらすじ結末

の・ようなものの概要:無名の若手落語家と彼を取り巻く人々を描いた青春群像劇。森田芳光監督の劇場用映画デビュー作。独特の雰囲気を持つ作品で、何がどうというわけでもないのだが、不思議な余韻が残る。俳優としては素人だった伊藤克信を主人公に抜擢するなど、枠にとらわれないキャスティングも面白い。

「ビートルジュース」のネタバレあらすじ結末

ビートルジュースの概要:不慮の事故で突然死んでしまった新婚カップルが、新人死者として悪戦苦闘する。ビートルジュースという死者の世界のバイオ・エクソシストをマイケル・キートンが怪演し、そのハイテンションなゴーストぶりが大きな話題となった。ティム・バートン監督作品。

「ギャラクシー街道」のネタバレあらすじ結末

ギャラクシー街道の概要:ギャラクシー街道と呼ばれる宇宙の幹線道路沿いにあるハンバーガーショップを舞台に、多種多様な宇宙人たちが繰り広げるスペース・ロマンティック・コメディ。三谷幸喜監督作品。酷評されているが、懐かしい雰囲気の漂うSFコメディで、B級感は楽しめる。

「フィッシャー・キング」のネタバレあらすじ結末

フィッシャー・キングの概要:自分の軽率な発言が無差別射殺事件を引き起こし、罪の意識に苦しんでいた元人気DJと、その事件で心に傷を負い、ホームレスになってしまった元大学教授が出会い、不思議な友情で結ばれていく。ホームレス役のロビン・ウィリアムズが見事な演技を見せている。

「スキャナー 記憶のカケラをよむ」のネタバレあらすじ結末

スキャナー 記憶のカケラをよむの概要:物から残留思念を読み取ることができる主人公。人捜しの依頼に渋々、協力することにしたが、やがて失踪が殺人事件へと繋がっていく。切なくも悲しい事件に関わりつつ、立ち直っていく主人公を描いた作品。笑いあり涙ありのサスペンス。

1 2 3 4 5 6 92