コメディ映画 | MIHOシネマ - Part 4

コメディ映画一覧

「風俗行ったら人生変わったwww」のネタバレあらすじ結末

風俗行ったら人生変わったwwwの概要:29歳で童貞の遼太郎は、人と会話することが苦手で、パニックになると過呼吸を起こしてしまう症状を抱えていた。遼太郎は現状を打破するため、デリヘル嬢を呼ぶことにした。部屋に現れたデリヘル嬢のかよは美しく、心優しい女性だった。遼太郎はかよに恋をした。

「ギャラクシー・クエスト」のネタバレあらすじ結末

ギャラクシー・クエストの概要:「ギャラクシー・クエスト」というSFドラマのファン大会が行われ、出演者達が集まった。艦長役を務めたジェイソンは特に人気が高かったため天狗になっていたが、サインしか収入がないという悪口を聞いてしまい、ショックを受ける。

「犬ヶ島」のネタバレあらすじ結末

犬ヶ島の概要:ディストピアの日本の街、メガ崎が舞台。「犬インフルエンザ」蔓延のため、ゴミの島へ送られてしまった愛犬を探すため、少年アタリが島の他の犬たちと奮闘する。ウェス・アンダーソン監督最新作。ハリウッドからの豪華な声優陣に加え、日本からもオノ・ヨーコ、夏木マリ、渡辺謙、野田洋次郎などが参加している。

「きっと ここが帰る場所」のネタバレあらすじ結末

きっと ここが帰る場所の概要:『イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男』(08)で、その才能を世界に知らしめたパオロ・ソレンティーノ監督が、国際的実力派俳優のショーン・ペンを主演に迎えて製作した繊細なタッチのヒューマンドラマ。監督の熱烈なラブコールを受け、トーキング・ヘッズのボーカリストだったデイヴィッド・バーンが、本人役で出演している。

「博士の異常な愛情」のネタバレあらすじ結末

博士の異常な愛情の概要:正式なタイトルは『博士の異常な愛情 または私は如何に心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』と非常に長い。完璧主義で知られるスタンリー・キューブリック監督のこだわりが随所に光るブラック・コメディの傑作。核戦争による地球滅亡という重たいテーマを、痛烈な風刺を交えた軽快なコメディに仕上げている。

「男はつらいよ 望郷篇」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 望郷篇の概要:『男はつらいよ』シリーズ第5作目となる作品。額に汗して油まみれになって働きたいと言い出した寅さんのために、とらやのみんなが頭を悩ませるシーンは名場面のひとつ。寅さんが心を鬼にして舎弟の登と縁を切るシーンでは、渥美清の迫真の演技に圧倒される。

「男はつらいよ 奮闘篇」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 奮闘篇の概要:『男はつらいよ』シリーズの第7作目となる作品。軽度の知的障害がある娘と出会った寅さんは、彼女の幸せを真剣に考える。マドンナの花子を演じたのは榊原るみ。寅さんの実母にはミヤコ蝶々、花子の恩師には田中邦衛がキャスティングされ、面白い芝居を見せている。

「男はつらいよ 私の寅さん」のネタバレあらすじ結末

男はつらいよ 私の寅さんの概要:男はつらいよシリーズ第12作目となる作品。いつもは旅する側の寅さんが、柴又で留守番をすることになり、待つ身のつらさを初めて味わう。ロケ地でのおいちゃんとおばちゃんが見られる貴重な作品。芸術家肌のマドンナには、知的な岸恵子がキャスティングされている。

「ジャスト・マリッジ」のネタバレあらすじ結末

ジャスト・マリッジの概要:大富豪の娘サラと恋をし、同棲後に結婚したトム。2人は若さ故に愛があれば、生きていけると思っていた。しかし、幸せ一杯で過ごすはずだったハネムーンでトラブルが続出。次第に関係が悪化していく。誰もが共感し、若い夫婦が1度は直面する困難を描いた作品。

「Gガール 破壊的な彼女」のネタバレあらすじ結末

Gガール 破壊的な彼女の概要:マットは電車内で美しい女性に心を奪われ、ナンパをしてデートに誘った。その女性はジェニーと言い、超人的な力を使って日夜人助けを行っている人物だった。マットはジェニーと逢瀬を楽しんでいたが、次第にジェニーの愛を重たく感じ始めてしまう。

「アドベンチャーランドへようこそ」のネタバレあらすじ結末

アドベンチャーランドへようこその概要:ジェイムズは大学の卒業祝いをするため、友人達と卒業旅行を企画していた。しかし、父親が減給になり、旅行代はおろか、大学院に進学するための費用もなくなってしまう。ジェイムズは自力で進学費用を稼ぐため、バイトをすることになった。

1 2 3 4 5 6 7 75