伝記映画 | MIHOシネマ - Part 2

伝記映画一覧

「カスパー・ハウザーの謎」のネタバレあらすじ結末

カスパー・ハウザーの謎の概要:1828年、ドイツの小さな町で保護された捨て子のカスパー・ハウザーの悲劇を、ヴェルナー・ヘルツォーク監督が映画化した作品。主人公を演じるのは、施設で育ち、路上で歌っていた素人のブルーノ・Sで、独特の哀愁を漂わせている。ヘルツォーク監督は『シュトロツェクの不思議な旅』(77)でも、彼を主役に起用している。

「ビューティフル・マインド」のネタバレあらすじ結末

ビューティフル・マインドの概要:実在の天才数学者ジョン・ナッシュが、1994年にノーベル経済学賞を受賞するまでの苦難の道のりを描いた作品。しかし全て実話というわけではなく、映画用に脚色された部分もある。ジョンの妻を演じたジェニファー・コネリーは、この役でオスカーを受賞した。

「酔いどれ詩人になるまえに」のネタバレあらすじ結末

酔いどれ詩人になるまえにの概要:チナスキーは酒癖の悪さがたたり、数々の問題を起こし、就いた仕事はどれも長続きしない。そんな彼にも夢があった。小説化になって、自分が本当に良いと思った作品を世に出すことだった。何度出版社に断られ続けても、チナスキーは酒を片手に原稿を書き上げる。

「バスキア」のネタバレあらすじ結末

バスキアの概要:黒人画家としては異例の成功を収めたが、ヘロインの過剰摂取により27歳で早逝したジャン=ミシェル・バスキアの半生を綴った伝記映画。主演のジェフリー・ライトに加えて、ベニチオ・デル・トロ、デヴィッド・ボウイといったキャスト陣の熱演が見もの。

「遠い空の向こうに」のネタバレあらすじ結末

遠い空の向こうにの概要:炭鉱の町で暮らしていたホーマーはソ連のスプートニク号が自分たちの町の夜空を横断するのを見て、自分もロケット技術者になりたいと思うようになる。NASAに務めていた実在の職員の半生を描いた作品。

「バード(1988)」のネタバレあらすじ結末

バード(1988)の概要:通称バードと呼ばれた伝説のジャズサックス奏者チャーリー・パーカーの生涯を、クリント・イーストウッド監督が映画化。イーストウッド監督自身が大変なジャズ愛好者で、長男のカイル・イーストウッドもジャズ・ミュージシャン。カイルは、父親の作品の映画音楽も手がけている。

「アメリア 永遠の翼」のネタバレあらすじ結末

アメリア 永遠の翼の概要:幼い頃から大空を飛ぶことを夢見ていたアメリアは、遂に世界一周という大きな目標に挑むことになった。そこに至るまで、数々の困難があった。資金難、女性差別。そういった問題を乗り越え、彼女は大空へと飛び立った。

「マシンガン・プリーチャー」のネタバレあらすじ結末

マシンガン・プリーチャーの概要:麻薬密売人だったサムは出所後、妻を通じて信仰に目覚める。教義に従い、荒れた暮らしぶりを改めるようになり、家計は見違えるほど改善された。サムの信仰心は厚くなっていく。礼拝に出向いた際、ウガンダの惨状を聞いたサムは、自分にできることを模索する。

「マザー・テレサ」のネタバレあらすじ結末

マザー・テレサの概要:貧しい人々を救いたいという慈善の精神を貫き、カルカッタのスラムで活動を始めた修道女マザー・テレサの半生を描いた伝記映画。イギリスの女優オリヴィア・ハッセーが36歳から晩年までのマザー・テレサを演じている。

「南極のスコット」のネタバレあらすじ結末

南極のスコットの概要:一度目の探検で南極点に到達できなかった英国海軍大佐のスコットは、南極点へ一番乗りを夢見て二度目の出航を決意する。最高の人材が集い、資金の目途もようやく立ったというところで、ノルウェー人の探検家アムンゼンも南極を目指していることを知る。

1 2 3 4 5 6