伝記映画 | MIHOシネマ - Part 5

伝記映画一覧

「ブライト・スター いちばん美しい恋の詩」あらすじとネタバレ感想

ブライト・スター いちばん美しい恋の詩の概要:「ピアノレッスン」のジェーン・カンピオン監督が描く、18世紀のロマン詩人ジョン・キーツの伝記映画。ベン・ウィショー主演。共演は、アビー・コーニッシュ。2009年イギリス・オーストラリア映画。

「ジャンヌ・ダルク」あらすじとネタバレ感想

ジャンヌ・ダルクの概要:フランスの国民的ヒロイン「ジャンヌ・ダルク」の生涯を描いた作品。リュック・ベッソン監督と、主演のミラ・ジョヴォヴィッチは「フィフス・エレメント」に続いてタッグを組んだ。

「クララ・シューマン 愛の協奏曲」あらすじとネタバレ感想

クララ・シューマン 愛の協奏曲の概要:『クララ・シューマン 愛の協奏曲』(原題:Geliebte Clara)は、作曲家ロベルト・シューマンの妻で、後に偉大な作曲家となるヨハネス・ブラームスにも愛されたピアニスト、クララ・シューマンの半生を描く。

「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のネタバレあらすじ結末

イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密の概要:男娼と酒場にいたところを目撃されたアランは、わいせつ罪の疑いで逮捕されてしまう。担当刑事は、アランにはもっと大きな何かがあると感じて、彼の経歴の空白期について語るよう求めた。すると、アランは第二次大戦中の世間から抹消された自分の偉業について語り始めた。

「ヒトラー 最期の12日間」あらすじとネタバレ感想

ヒトラー 最期の12日間の概要:「ヒトラー ~最期の12日間~」(原題:Der Untergang)は、2004年のドイツ、オーストリア、イタリア合作映画。監督はドイツのテレビ番組を多数手がけたオリヴァー・ヒルシュビーゲル。主演のアドルフ・ヒトラー役に「アメリカの友人」、「ベルリン・天使の詩」などのブルーノ・ガンツ。共演はアレクサンドラ・マリア・ララ、ユリアーネ・ケーラー、トーマス・クレッチマン、ウルリッヒ・マテス、コリンナ・ハルフォーフなど。

「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」あらすじ&ネタバレ考察・ストーリー解説

イギリス初の女性首相、マーガレット・サッチャーの政治家時代の半生を、引退後の回顧も交えて描いた伝記映画。主演はメリル・ストリープ,ジム・ブロードベント。監督はフィリダ・ロイド。脚本はアビ・モーガン。2011年公開のイギリス制作の映画。

「イヴ・サンローラン(2014)」のネタバレあらすじ結末

イヴ・サンローラン(2014)の概要:クリスチャン・ディオールの跡を継ぎ、ファッション界で名を馳せたイヴ・サンローラン。その栄光の裏には、様々な葛藤と挫折があった。公私に渡り、彼のパートナーであり続けたピエールは、イヴの死後、彼と共に過ごした半生を振り返る。

1 2 3 4 5 6