フィルム・ノワール映画 | MIHOシネマ - Part 2

フィルム・ノワール映画一覧

「バレット・オブ・ラヴ」のネタバレあらすじ結末

バレット・オブ・ラヴの概要:母親の幽霊にアドバイスされ、ブカレストへと向かったチャーリーは、そこで美しいチェロ奏者のガブリエラに恋をする。しかしガブリエラは、危険なギャングの妻だった。暴力的なシーンも多いが、退廃的で美しい映像が印象に残る作品。

「リボルバー(2005)」のネタバレあらすじ結末

リボルバー(2005)の概要:刑務所から出所した主人公が、自分を罠にはめたカジノ王に復讐を果たすというストーリーなのだが、観客を煙に巻くような作りになっており、鑑賞後も多くの謎が残る。癖の強い登場人物が次々と登場するので、なんとなく惹き込まれてしまう魅力はある。

「タイム・トゥ・ラン」のネタバレあらすじ結末

タイム・トゥ・ランの概要:愛する娘の命を救うため、カジノから犯罪組織の金を奪った男は、バスをハイジャックして、命がけの逃走を続ける。主人公にジェフリー・ディーン・モーガン、カジノを仕切るボスにロバート・デ・ニーロがキャスティングされた渋いクライム・アクション。

「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士」のネタバレあらすじ結末

ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士の概要:父親と異母兄に重症を負わされたリスベットは一命を取り留めるが、父親の殺害未遂容疑をかけられる。ミカエルは彼女を救うためリスベットの過去について調査するが、裏ではある組織が彼女の口封じをしようとしていた。

「カジノ」のネタバレあらすじ結末

カジノの概要:ニコラス・ピレッジの同名ノンフィクション書籍を、マーティン・スコセッシ監督が映画化。主人公のエースには実在のモデルがおり、カジノの裏側やマフィアのやり口が、リアルに再現されている。「レイジング・ブル」や「グッドフェローズ」で知られるロバート・デ・ニーロとジョー・ペシの名コンビが、本作でも息の合った演技を見せてくれる。

1 2 3 4 5 9