フィルム・ノワール映画 | MIHOシネマ - Part 5

フィルム・ノワール映画一覧

「龍三と七人の子分たち」のネタバレあらすじ結末

龍三と七人の子分たちの概要:現役を引退した高齢のヤクザたちが集結し、オレオレ詐欺や悪徳商法で荒稼ぎをする姑息な悪党どもを締め上げにいく。北野武監督が藤竜也や近藤正臣といったベテラン俳優をキャスティングし、高齢化した昔気質のヤクザたちをどこまでもコミカルに描く。

「マイ・ブラザー 哀しみの銃弾」あらすじネタバレ結末と感想

マイ・ブラザー 哀しみの銃弾の概要:犯罪者の兄と刑事の弟が、憎しみを抱きながらも捨てきれない絆の間で葛藤する。ミシェル・パペとブリュノ・パペによる自伝小説をギヨーム・ガネ監督が映画化した。2013年公開のフランス・アメリカの合作映画。

「チャイナタウン」あらすじネタバレ結末と感想

チャイナタウンの概要:ある依頼を受けた私立探偵が巨大な黒幕のうごめく殺人事件に巻き込まれていく。ロバート・タウンの巧みな脚本をロマン・ポランスキー監督が見事に映像化し数多くの賞を受賞した名作。主演はジャック・ニコルソン。1974年公開のアメリカ映画。

「ポチの告白」あらすじネタバレ結末と感想

ポチの告白の概要:警察内部の闇を描く今作は、その過激な内容と出資元であったライブドアの不祥事問題から、2004年の公開当時限られた映画館でしか公開されませんでした。しかし英国でのDVDリリースで完売、のちに全国公開されるなど、今なお日本の社会派映画の金字塔として知られる作品です。

「アメリカン・ハッスル」のネタバレあらすじ結末

アメリカン・ハッスルの概要:デヴィッド・O・ラッセル監督が、実話を参考にして制作した。完全無欠の詐欺師が、司法取引でFBIの囮捜査に巻き込まれ、政治家の収賄スキャンダルを暴くことになる。テンポのいい脚本と演出に加えて、ハイセンスな映像と音楽、さらに豪華キャストの共演も話題となり、映画は大ヒットした。

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」あらすじネタバレ結末と感想

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカの概要:禁酒時代のニューヨークでギャングとして生きた2人の男の友情と裏切りの歴史を描く。229分の完全版は高く評価され、マカロニ・ウェスタンで有名なセルジオ・レオーネ監督の代表作となった。1984年公開。

「ミッドナイト・ガイズ」あらすじネタバレ結末と感想

ミッドナイト・ガイズの概要:28年ぶりに出所してきた老いたギャングの主人公とボスから彼を殺すことを命じられた元ギャングの親友がタイムリミットまでともに過ごし、昔の感覚と変わらぬ友情を取り戻していく。2013年公開のアメリカ映画。

1 2 3 4 5 6 7