ホラー映画 | MIHOシネマ - Part 48

ホラー映画一覧

「パンズ・ラビリンス」のネタバレあらすじ結末

パンズ・ラビリンスの概要:独裁政権が牛耳るスペインは、どこもかしこも争いばかりで、苦痛が蔓延していた。戦争で父を失ったオフェリアは、母親の再婚相手の屋敷で世話になることになった。新しい生活に不安を覚えたオフェリアは屋敷を抜け出し、森に逃げ込む。そこで彼女は自分のことを魔法の国の王女の生まれ変わりだと言うパンという名の怪物と出会った。

「世にも怪奇な物語」あらすじとネタバレ感想

「世にも怪奇な物語」(原題:Histoires extraordinaires)は、1967年のフランス映画。エドガー・アラン・ポーの小説による原作で、3部構成からなるオムニバス形式のホラー映画。監督はフランス・イタリア映画界の巨匠3人が務める。第1話「黒馬の哭く館」は、「危険な関係」、「血とバラ」のロジェ・ヴァディム監督。主演は「危険がいっぱい」のジェーン・フォンダ、共演にジェーンの実弟である「イージー・ライダー」のピーター・フォンダ。第2話「影を殺した男」は、「死刑台のエレベーター」、「地下鉄のザジ」のルイ・マル監督。主演は「太陽がいっぱい」、「地下室のメロディー」のアラン・ドロン、共演に「殿方ご免遊ばせ」、「軽蔑」のブリジット・バルドー。第3話「悪魔の首飾り」は、「道」、「8 1/2」のフェデリコ・フェリーニ監督。主演は「コレクター」、「血と怒りの河」のテレンス・スタンプ。

「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ」あらすじとネタバレ感想

ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼの概要:2004年に公開されたジョン・ポルソン監督、ロバート・デ・ニーロ主演のサスペンス映画。娘役にはダコタ・ファニング。母の自殺から立ち直るために郊外の家に引っ越した父と娘を襲う、姿の見えない友達の恐怖。

1 45 46 47 48 49 50 51 63