ヒューマンドラマ映画 | MIHOシネマ - Part 113

ヒューマンドラマ映画一覧

『バグダッド・カフェ』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

バグダッド・カフェの概要:「バグダッド・カフェ」(原題:Out of Rosenheim、英題:Bagdad Café)は、1987年の西ドイツ映画。監督はパーシー・アドロン。主演は「シュガー・ベイビー」のマリアンネ・ゼーゲブレヒト。共演はCCH・パウンダー、ジャック・パランス、クリスティーネ・カウフマン、モニカ・カローンなど。

『福耳』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

福耳の概要:「福耳」は、2003年の日本映画。監督は本作が映画監督デビューの瀧川治水。テレンス・ヤング。主演は「GO」、「ピンポン」、「木更津キャッツアイシリーズ」などの脚本を務めた、脚本家、俳優、作詞・作曲、映画監督などのマルチタレントとして活躍する宮藤官九郎。共演は田中邦衛、高野志穂、司葉子、坂上二郎、宝田明、谷啓、多々良純、六平直政など。

『オーロラの彼方へ』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

オーロラの彼方への概要:「オーロラの彼方へ」(原題:Frequency)は、2000年アメリカ映画。監督は「真実の行方」、「悪魔を憐れむ歌」のグレゴリー・ホブリット。主演は「G.I.ジェーン」、「シン・レッド・ライン」のジェームズ・カヴィーゼル。「ワイアット・アープ」、「トラフィック」のデニス・クエイド。共演にエリザベス・ミッチェル、ショーン・ドイル、アンドレ・ブラウアーなど。

『ミスター・ベースボール』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

ミスター・ベースボールの概要:「ミスター・ベースボール」(原題:Mr. Baseball)は、1992年のアメリカ映画。監督は「愛しのロクサーヌ」、「ロシア・ハウス」のフレッド・スケピシ。主演は「スリーメン&ベビー」、「スリーメン&リトルレディ」のトム・セレック。「メジャー・リーグ」、「ネイビー・シールズ」のデニス・ヘイスバート。「居酒屋兆治」、 「ブラック・レイン」の高倉健。他の出演者に高梨亜矢、塩屋俊、穂積隆信、藤田朋子、浜村純など。

『マーサの幸せレシピ』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

マーサの幸せレシピの概要:「マーサの幸せレシピ」(原題:Bella Martha, 英題: Mostly Martha)は、2001年のドイツ映画。監督はザンドラ・ネッテルベック。主演はマルティナ・ゲデック。共演にセルジオ・カステリット、ウルリク・トムセン、マクシメ・フェルステなど。

『旅の贈りもの 明日へ』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

旅の贈りもの 明日への概要:「旅の贈りもの 明日へ」は、2012年の日本映画。監督は「ブタがいた教室」などの前田哲。主演は歌手の前川清。共演に酒井和歌子、山田優、葉山奨之、清水くるみ、須磨和声、徳井優、きたろう、白井淳夫、櫻井淳子など。2006公開の「旅の贈りもの 0:00発」に続き、鉄道の旅を通して人々の再生を描くヒューマンドラマとして制作された映画の第二作目。

『マルティニークからの祈り』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

マルティニークからの祈りの概要:2004年10月30日。フランス、オルリー空港である韓国人の平凡な主婦が逮捕された。彼女の罪状は、麻薬の密輸。ただ本人は運んでいるそれが、麻薬とは一切知らなかった。言葉の通じぬ異国の地で逮捕された一人の女性とその家族の約2年間。日数で数えると765日間に及ぶ葛藤と絶望、そして僅かな希望を描いた韓国発渾身のヒューマンドラマ。

『フランシス・ハ』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

フランシス・ハの概要:監督・脚本を務めたのは前作の長編2作目『イカとクジラ』で、全世界から脚光を浴びたアメリカ映画界の俊英ノア・バームバック。愛すべきダメ男・ダメ女を描けば右に出るものがいない程、卓越した人間観察で綴る脚本は圧巻。映画の中なのに、つい共感したくなるような人物描写に思わず頷ける。次回作が、楽しみな監督の一人。

映画『WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常』のネタバレあらすじ結末

WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常の概要:三浦しおんの青春小説「神去なあなあ日常」を、「ウォーターボーイズ」や「スウィングガールズ」といった青春映画に定評のある矢口史靖監督が2014年に映画化。さっぱりとした後味の青春コメディ映画に仕上がっており、屈託なく笑える作品。

1 110 111 112 113 114 115 116 128