ヒューマンドラマ映画 | MIHOシネマ - Part 113

ヒューマンドラマ映画一覧

「鬼龍院花子の生涯」あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

鬼龍院花子の生涯の概要:「鬼龍院花子の生涯」(きりゅういんはなこのしょうがい)は、1982年の日本映画。小説家の宮尾登美子最初の映像化作品。監督は「御用金」、「人斬り」などの五社英雄。主演は「影武者」、「二百三高地」の仲代達矢と、「俺の空」、「二百三高地」の夏目雅子。共演者には岩下志麻、夏木マリ、佳那晃子、室田日出男、夏八木勲、丹波哲郎など。

「動乱」あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

動乱の概要:「動乱」は、1980年の日本映画。監督は「八甲田山」、「日本沈没」の森谷司郎。主演は「八甲田山」、「幸福の黄色いハンカチ」の高倉健。共演は「青春の門」、「衝動殺人 息子よ」の吉永小百合。他の共演者に米倉斉加年、桜田淳子、田村高廣、志村喬など。

「クレイマー、クレイマー」あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

クレイマー、クレイマーの概要:1980年に開催された第52回アカデミー賞にて、この年の最多5部門受賞。ビリー役のジャスティン・ヘンリーは、助演男優賞にノミネートされ、史上最年少記録を樹立。主演にダスティン・ホフマン、メリル・ストリープ。当時、アメリカでも、日本でも、問題になっていた離婚をテーマに、女性の自立、父子家庭、父親不在の家庭と言う様々なエピソードを盛り込んだ感動の家族劇。これを観ずして、当時のアメリカ映画は語れない。

「ラウンド・ミッドナイト」あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

ラウンド・ミッドナイトの概要:「ラウンド・ミッドナイト」(原題:Round Midnight)は、1986年のアメリカ・フランス合作映画。 監督はベルトラン・タヴェルニエ。主演のデール・ターナー役に、テナーサックス奏者のデクスター・ゴードン。共演の青年フランシス役にフランソワ・クリュゼ。ニューヨークの興行師役に映画監督のマーティン・スコセッシ。音楽監督はピアノ・キーボード奏者のハービー・ハンコック。出演ミュージシャンはハービー・ハンコック、ボビー・ハッチャーソン、ビリー・ヒギンズ、ウェイン・ショーター、ロン・カーター、トニー・ウィリアムズ、フレディ・ハバードなどの豪華な面々が揃う。主役のデクスター・ゴードンは、映画初出演にして、ミュージシャンながらアカデミー賞主演男優賞にノミネートされ、ハービー・ハンコックはアカデミー賞の作曲賞を受賞した。

「パンチライン」あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

パンチラインの概要:「パンチライン」(原題:Punchline)は、1988年のアメリカ映画。監督デヴィッド・セルツァー。主演は「ノーマ・レイ」、「プレイス・イン・ザ・ハート」で二度のオスカーに輝いた、サリー・フィールド。「マネー・ピット」、「ビッグ」でヒットを飛ばし、後の「フィラデルフィア」、「フォレスト・ガンプ/一期一会」でこちらも二度のオスカーに輝くトム・ハンクス。主演の二人は「フォレスト・ガンプ/一期一会」で親子役として共演している。共演には性格俳優のジョン・グッドマン。

「ライフ・イズ・ビューティフル」あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

ライフ・イズ・ビューティフルの概要:「ライフ・イズ・ビューティフル」(原題:LA VITA E BELLA、英題:LIFE IS BEAUTIFUL)は、1997年のイタリア映画。監督・主演を務めるのはイタリアの俳優、映画監督、コメディアンであるロベルト・ベニーニ。共演はニコレッタ・ブラスキ。「荒野の七人」の”チコ”役で有名なホルスト・ブッフホルツ。本作で脚本・監督・主演の三役をこなしたロベルト・ベニーニは、アカデミー賞で本命のトム・ハンクス「プライベート・ライアン」を押しのけ主演男優賞を受賞した。

「スパルタカス」あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

スパルタカスの概要:「スパルタカス」(原題:Spartacus)は、1960年のアメリカ映画。監督は「現金に体を張れ」、「突撃 」のスタンリー・キューブリック。主演は前作「OK牧場の決斗」、キューブリック監督の「突撃 」に出演したカーク・ダグラス。尚、カーク・ダグラスは本作で制作総指揮も務めている。共演者に「ハムレット」、「リチャード三世」のオスカー俳優、ローレンス・オリヴィエ。「野郎どもと女たち」の女優ジーン・シモンズ。「ヘンリー八世の私生活」でオスカーに輝いたチャールズ・ロートン。本作でアカデミー賞助演男優賞に輝いたピーター・ユスティノフ。「お熱いのがお好き」のトニー・カーティスなど。

「インビクタス 負けざる者たち」のネタバレあらすじ結末

インビクタス 負けざる者たちの概要:反体制派として刑務所に収監されていたネルソン・マンデラが解放され、大統領に就任した南アフリカ共和国。権利の拡大を期待した黒人はマンデラを歓迎し、社会から追いやられることを危惧した白人は事態を悲観する。しかし、マンデラが真に望んでいたのはそのどちらでもなく、人種を超えた調和だった。

「おじいちゃんの里帰り」あらすじとネタバレ映画批評・評価

おじいちゃんの里帰りの概要:トルコからドイツに移民した、あるトルコ人家族の半世紀にも及ぶ感動の家族ドラマ。監督は、トルコ系ドイツ人女性、ヤセミン・サムデレリ。主演の祖父を演じるのは、ヴェダット・エリンチン。脚本は実妹スネリンと共同執筆。馴染みない異国の歴史と家族の苦悩をおとぎ話のように語る手法が胸に染み入る。

「チョコレートドーナツ」あらすじとネタバレ映画批評・評価

チョコレートドーナツの概要:全米の映画祭が絶賛!!日本での公開後も、ミニシアターでありながら口コミでヒット。ゲイカップルとダウン症と言うシビアな題材ながら、魂を揺さぶる感動作。『トーチソング・トリロジー』と並ぶゲイ映画史上の傑作。

1 110 111 112 113 114 115 116 122