ヒューマンドラマ映画 | MIHOシネマ - Part 150

ヒューマンドラマ映画一覧

「海峡(1982)」あらすじとネタバレ映画批評・評価

海峡(1982)の概要:「海峡」は、1982年の日本映画。監督は「日本沈没」、「八甲田山」の森谷司郎(もりたに しろう)。撮影は数々の名作でカメラを取った木村大作。主演は高倉健。共演は森繁久彌、吉永小百合、大谷直子、大滝秀治、笠智衆、三浦友和など日本映画を代表する豪華キャストが名を連ねている。1982年の文部省特選映画。

「屋根の上のバイオリン弾き」あらすじとネタバレ映画批評・評価

屋根の上のバイオリン弾きの概要:「屋根の上のバイオリン弾き」(原題: Fiddler on the Roof)は1971年のアメリカ映画。監督は「夜の大捜査線」でオスカーに輝いた ノーマン・ジュイソン。主演はミュージカルの本作が当たり役となり、そのまま映画にも出演したトポル。本作はそのヒットミュージカル「屋根の上のバイオリン弾き」を映画化したものである。本作は1971年のアカデミー賞で、撮影賞、音楽賞、音響賞の三部門を受賞し、ゴールデングローブ賞では作品賞、主演男優賞に輝いた。

「オール・ザット・ジャズ」あらすじとネタバレ映画批評・評価

オール・ザット・ジャズの概要:『オール・ザット・ジャズ』(原題:All That Jazz)は、1979年のアメリカ映画。監督は「キャバレー」のボブ・フォッシー。主演は「ジョーズ」、「フレンチ・コネクション」などのロイ・シャイダー。共演に1976年「キング・コング」のヒロイン役を演じたジェシカ・ラング。

「ヒミズ」あらすじとネタバレ映画批評・評価

ヒミズの概要:借金を抱えた両親を持ち、ホームレス住まいのスミダくんと、そんなスミダくんをなぜか慕い、ウザいほど付きまとう同級生、茶沢。2人はともに親の精神崩壊を目の前で見ており、彼らが抱える心の闇は深く、自分たちも精神崩壊に近い状態であった。スミダくんはとっさの勢いで父親を殺し、自分を追い詰め、未来が見えなくなっている。そんなスミダくんに未来を見せ、生きさせようとする茶沢。人間の人生、生きる意味、愛や憎しみ、すべてを、人間が生きるということのすべてを映像化した作品です。

「カッコーの巣の上で」あらすじとネタバレ映画批評・評価

カッコーの巣の上での概要:人里離れた草原にある養護施設。ここでは精神病の患者が薬の投与を受けながらのどかに暮らしている。この施設に入ることになったマクマーフィーは未成年の少女に強姦をした疑いで刑務所にいれられる予定であったところを感情の起伏が激しいという理由で逃れたのだ。施設の中で自由奔放に振る舞うマクマーフィー。晩酌やバスケなど、ここにいる患者とのふれあいを通じて心の壁を取り払っていく彼と、度がすぎる彼の行動が気に食わない婦長は敵対しあう。そしてついに、しでかしてしまった彼はこの施設の恐ろしい治療法を受けて・・・。

「スター誕生(1976)」あらすじとネタバレ映画批評・評価

スター誕生(1976)の概要:「スター誕生」(原題: A Star Is Born)は、1976年のアメリカ映画。監督は「狼たちの午後」の脚本家で知られるフランク・ピアソン。製作総指揮と主演は「ファニー・ガール」でオスカー女優に輝いた、バーブラ・ストライサンド。共演者に「ビリー・ザ・キッド/21才の生涯」のクリス・クリストファーソン。1937年に最初の制作、1954年にリメイクされた作品の三度目のリメイク。1・2作は映画業界の話だったものを、本作では音楽業界の話に転換している。1976年第49回アカデミー賞で4部門にノミネートされ歌曲賞を受賞。ゴールデングローブ賞では5つの受賞に輝く。

「セブン・イヤーズ・イン・チベット」あらすじとネタバレ映画批評・評価

セブン・イヤーズ・イン・チベットの概要:1997年のアメリカ映画。セブンイヤーズ・イン・チベット(原題:SevenYears in Tibet)。実在したアイガー初登頂で知られるオーストリアの登山家ハインリッヒ・ハラーの自伝を映画化したもの。彼がチベットでダライ・ラマと過ごした7年間を描いている。

1 147 148 149 150 151 152 153 161