ヒューマンドラマ映画 | MIHOシネマ - Part 98

ヒューマンドラマ映画一覧

「ニキータ」あらすじとネタバレ感想

ニキータの概要:「ニキータ」(Nikita)は、1990年のフランス映画。監督はリュック・ベッソン。主演はアンヌ・パリロー。共演者に「ベティ・ブルー」のジャン=ユーグ・アングラード、「死刑台のエレベーター」のジャンヌ・モロー、「バットボーイズ」のチェッキー・カリョ、「レオン」のジャン・レノ。

「クララ・シューマン 愛の協奏曲」あらすじとネタバレ感想

クララ・シューマン 愛の協奏曲の概要:『クララ・シューマン 愛の協奏曲』(原題:Geliebte Clara)は、作曲家ロベルト・シューマンの妻で、後に偉大な作曲家となるヨハネス・ブラームスにも愛されたピアニスト、クララ・シューマンの半生を描く。

「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のネタバレあらすじ結末

イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密の概要:男娼と酒場にいたところを目撃されたアランは、わいせつ罪の疑いで逮捕されてしまう。担当刑事は、アランにはもっと大きな何かがあると感じて、彼の経歴の空白期について語るよう求めた。すると、アランは第二次大戦中の世間から抹消された自分の偉業について語り始めた。

「モーターサイクル・ダイアリーズ」あらすじとネタバレ感想

モーターサイクル・ダイアリーズの概要:20世紀最高の革命家、チェ・ゲバラの半生を追った伝記映画。南米大陸縦断の旅を通して青年の心情をその過程で描写したロード・ムービー。制作にはハリウッドを代表する俳優でもあり、監督でもあるロバート・レッドフォード。監督には、ブラジル映画界を代表するウォルター・サレス。代表作には彼の出世作にもなった『セントラル・ステーション』がある。若き日のチェ・ゲバラを演じるのはメキシコ出身のイケメン俳優ガエル・ガルシア・ベルナル。

「イージー・ライダー」あらすじとネタバレ感想

イージー・ライダーの概要:ハリウッド映画とは、一線を画す“アメリカ映画”の金字塔。1960年代後半~1970年中頃までブームを巻き起こしたアメリカン・ニューシネマの代名詞的作品。監督にはデニス・ホッパー、脚本はホッパーとピーター・フォンダの共同脚本。主演の2人の他にジャック・ニコルソンも共演。主題歌ステッペン・ウルフの『Born To Be Wild(ワイルドで行こう)』は、今尚色褪せない名曲だ。

「ヤングガン」あらすじとネタバレ感想

ヤングガンの概要:「ヤングガン」(Young Guns)は、1988年のアメリカ映画。監督は「ベスト・キッド4」のクリストファー・ケイン、製作は「マイフィレセント」のジョー・ロス。主演は「セント・エルモス・ファイアー」のエミリオ・エステべス。共演者に実弟のチャーリー・シーン、「24」のキーファー・サザーランド、「ベスト・フレンズ・ウェディング」のダーモット・マローニー、「コレクター」のテレンス・スタンプ、「シェーン」のジャック・パランス。

「アンタッチャブル」あらすじとネタバレ感想

アンタッチャブルの概要:「アンタッチャブル」(The Untouchables)は、1987年のアメリカ映画。監督は「キャリー」のブライアン・デ・パルマ、脚本は「評決」のデヴィッド・マメット。主演は「JFK」のケビン・コスナー。共演に「007」のショーン・コネリー、「タクシードライバー」のロバート・デニーロ、「オーシャンズ11」のアンディ・ガルシア。

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」あらすじとネタバレ感想

ベンジャミン・バトン 数奇な人生の概要:『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(原題: The Curious Case of Benjamin Button)は、2008年のアメリカ映画。監督はデヴィッド・フィンチャー、主演はブラッド・ピット。80歳の老人の姿で生まれ、年を取るにしたがって若返る男の生涯を描く。

1 95 96 97 98 99 100 101 119