ラブストーリー映画 | MIHOシネマ - Part 63

ラブストーリー映画一覧

「悪人」のネタバレあらすじ結末

悪人の概要:ある殺人事件を通して人間の善悪とは何かを問うていく。原作者の吉田修一が自ら申し出て、李相日監督と脚本を共同執筆している。妻夫木聡、樹木希林、柄本明といった実力派キャストの演技が見もので、ヒロインの深津絵里はモントリオール世界映画祭で最優秀女優賞を受賞した。

「フィリップ、きみを愛してる!」あらすじとネタバレ感想

フィリップ、きみを愛してる!の概要:『フィリップ、きみを愛してる!』(原題:I Love You Phillip Morris)は、アメリカで実際にあった天才詐欺師スティーブン・ラッセルの話を基にしたラブコメディ。スティーブンは、服役した刑務所の中で運命的な出会いをする。

「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」あらすじとネタバレ感想

恋する輪廻 オーム・シャンティ・オームの概要:シャー・ルク・カーン主演の恋と輪廻転生をテーマにしたラブストーリー。共演は、ディーピカー・パードゥコーン、アルジュン・ラームパール。ファラー・カーン監督の2007年のインド映画。169分に歌&ダンスが満載。

「マイネーム・イズ・ハーン」あらすじとネタバレ感想

マイネーム・イズ・ハーンの概要:カラン・ジョーハル監督のイスラム教を信仰するインド人への差別を題材にした人間ドラマ。出演は、シャー・ルク・カーン、カージョル。映画公開初日にヒンズー教徒からの妨害予告があったが、作品は大ヒット。2010年のインド映画。

「たとえ明日が来なくても」あらすじとネタバレ感想

たとえ明日が来なくてもの概要:ニキル・アドヴァーニー監督のニューヨークを舞台にしたラブストーリー。出演は、シャー・ルク・カーン、プリーティ・ジンタ、サイフ・アリー・カーン。2003年のインド映画。主演3人の演技に笑い泣ける感動作。

1 60 61 62 63 64 65 66 86