ラブストーリー映画 | MIHOシネマ - Part 63

ラブストーリー映画一覧

『フローズン・タイム』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

フローズン・タイムの概要:「フローズン・タイム」(原題:Cashback)は、2006年のイギリス映画。監督はイングランドの写真家、ショーン・エリス。主演は「ハリー・ポッター」シリーズのオリバー・ウッド役で知られる、ショーン・ビガースタッフ。「戦場のピアニスト」のドロタ役を務めた、エミリア・フォックス。

『ワン チャンス』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

ワン チャンスの概要:イギリスで有名な素人発掘番組『ブリテンズ・ゴッド・タレント』で優勝。瞬く間にプロのオペラ歌手としてデビューしたポール・ポッツの成功までの半生を描いたサクセス・トゥルー・ストーリー。監督には『プラダを着た悪魔』で成功を収めたデヴィッド・フランケル。本作は実話ものを得意とする監督の真骨頂。

『居酒屋ゆうれい』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

居酒屋ゆうれいの概要:「居酒屋ゆうれい」は、1994年の日本映画。監督は「エンジェル 僕の歌は君の歌」の渡邊孝好。主演は居酒屋「かずさ屋」の主人・壮太郎に萩原健一。その妻・しず子に室井滋。後妻役の里子役に山口智子。共演者に八名信夫、三宅裕司、西島秀俊、橋爪功、豊川悦司、尾藤イサオ、余貴美子など。

『七年目の浮気』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

七年目の浮気の概要:「七年目の浮気」(原題:The Seven Year Itch)は、1955年のアメリカ映画。監督・脚本は「サンセット大通り」や、オードリー・ヘプバーン主演の「麗しのサブリナ」などの作品で知られる名匠ビリー・ワイルダー。主演は「ナイアガラ」、「帰らざる河」のマリリン・モンロー。共演はトム・イーウェル、イヴリン・キースなど。

『マダム・イン・ニューヨーク』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

マダム・イン・ニューヨークの概要:2014年インド映画ブームの代表格。日本では近年のインド映画『きっと、うまくいく』に次ぐ大ヒット。監督はインドの新人女性監督ガウリ・シンディー。主演は、十数年ぶりの銀幕復帰作となるインドの人気女優シュリデヴィ。良妻賢母だが平凡な主婦が、新しい自分を見つけるまでを描いたサクセス・ストーリー。

映画『横道世之介』のネタバレあらすじ結末

横道世之介の概要:どこにでもいそうな普通の大学生・横道世之介は、とても素直なお人好し。世之介と知り合った人たちは、彼のことを思い出すとなぜか笑顔になってしまう。吉田修一の同名小説を、人間描写のうまい沖田修一監督が映画化した。ほのぼのとしたハートフル・コメディの秀作で、多くの映画賞を受賞した。

『僕の妻のすべて』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

僕の妻のすべての概要:主人公のジョンインは毒舌・わがまま・感情的という、まるで「世界の中心は私よ!」とでも言えるようなクレイジーウーマン。そんな彼女と夫婦であるドゥヒョンは彼女と暮らしていくことに耐えきれなくなっていた。なんとか離婚する方向に持っていこうとするが、彼女がサインをしてくれるとは到底思えない。そんな矢先に出会ったちょっと怪しげな中年男性ソンギ。「伝説のカノサバ」と呼ばれる彼が離婚を必ずや成功させてくれるという。はたしてこの3人の人生のゆくへは!?

『タイヨウのうた』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

タイヨウのうたの概要:陽の光を浴びることのできないカオルは、部屋の中から見えるバス停でよく見かける男子学生の藤代コウジに恋心を抱いていた。ある日、いつものように夜の路上ライブに出かけたカオルはコウジを偶然にも見かけ、彼との接触を試みる。コウジとの出会いによって、カオルの人生は大きく花開いていく・・・。

1 60 61 62 63 64 65 66 73