ラブストーリー映画 | MIHOシネマ - Part 80

ラブストーリー映画一覧

「恋におちたシェイクスピア」あらすじとネタバレ映画批評・評価

恋におちたシェイクスピアの概要:「恋におちたシェイクスピア」(原題:Shakespeare in Love)は、1998年のアメリカ映画。監督は「Queen Victoria 至上の恋」のジョン・マッデン。主演は 「スライディング・ドア」のグウィネス・パルトロー。「エリザベス」のジョセフ・ファインズ。本作はアカデミー賞の作品賞、脚本賞、主演女優賞、助演女優賞、音楽賞、美術賞、衣装デザイン賞の7部門を受賞。

「フォーエヴァー・ヤング 時を越えた告白」あらすじとネタバレ映画批評・評価

フォーエヴァー・ヤング 時を越えた告白の概要:「フォーエヴァー・ヤング 時を越えた告白」(原題:Forever Young)は、1992年のアメリカ映画。監督はスティーブ・マイナー。主演は「リーサル・ウェポン」シリーズのメル・ギブソン。共演は「ワンダとダイヤと優しい奴ら」のジェイミー・リー・カーティス。

「恋愛ルーキーズ」あらすじとネタバレ映画批評・評価

恋愛ルーキーズの概要:「恋愛ルーキーズ」(原題:School for Scoundrels)は、2006年のアメリカ映画。監督はリメイク版「スタスキー&ハッチ」のトッド・フィリップス。主演は「ナポレオン・ダイナマイト」のジョン・ヘダー。共演は「ディボース・ショウ」などのビリー・ボブ・ソーントン。

「チョコレートドーナツ」あらすじとネタバレ映画批評・評価

チョコレートドーナツの概要:全米の映画祭が絶賛!!日本での公開後も、ミニシアターでありながら口コミでヒット。ゲイカップルとダウン症と言うシビアな題材ながら、魂を揺さぶる感動作。『トーチソング・トリロジー』と並ぶゲイ映画史上の傑作。

「イングリッシュ・ペイシェント」あらすじとネタバレ映画批評・評価

イングリッシュ・ペイシェントの概要:「イングリッシュ・ペイシェント」(原題:The English Patient)は、1996年のアメリカ映画。監督は「最高の恋人」のアンソニー・ミンゲラ。主演は「シンドラーのリスト」のレイフ・ファインズ。共演に「フォー・ウェディング」のクリスティン・スコット・トーマス。「ポンヌフの恋人」のジュリエット・ビノシュ。「プラトーン」のウィレム・デフォーなど。1996年の第69回アカデミー賞で8部門に輝いた。

「風と共に去りぬ」あらすじとネタバレ映画批評・評価

風と共に去りぬの概要:「風と共に去りぬ」(原題:Gone with the Wind)は、1939年のアメリカ映画。アメリカの小説家マーガレット・ミッチェルの同タイトルの原作を映画化した作品。監督は「宝島」「オズの魔法使」のヴィクター・フレミング。主演のスカーレット・オハラ役に、本作でオスカーに輝いたヴィヴィアン・リー。レット・バトラー役にクラーク・ゲーブル。1939年の第12回アカデミー賞で13部門にノミネートされ、8つのオスカーに輝いている。222分

「踊る大紐育(ニューヨーク)」あらすじとネタバレ映画批評・評価

踊る大紐育の概要:「踊る大紐育」(原題:On The Town)は、1949年のアメリカ映画。監督は主演も演じるのジーン・ケリーと、元ダンサーのスタンリー・ドーネンのコンビ。主演の三人の水夫として、ゲイビー役にジーン・ケリー。チップ役にフランク・シナトラ。オジー役にジュールス・マンシュイン。共演の女性として、モデルのアイヴィ役にヴエラ=エレン。博物館の教授役にアン・ミラー。タクシーの女運転手ブランヒルド役にベティ・ギャレット。

1 77 78 79 80 81 82 83 89