ミステリー映画 | MIHOシネマ - Part 21

ミステリー映画一覧

「悪の教典」あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

悪の教典の概要:親切・丁寧・授業もわかりやすくて生徒の相談に親身になってくれる。蓮実は「ハスミン」の愛称で生徒から愛され、周囲からの評価も高い高校教員。しかしそれは表の顔であり、彼の頭の中には誰も想像だにできない恐ろしい計画が企てられていた。次第に豹変してく蓮実の姿は恐ろしく生徒達は恐怖で逃げ回るしかない・・・。

「私の奴隷になりなさい」あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

私の奴隷になりなさいの概要:周囲を魅了させる色気を持つ主人公のカナ。彼女を抱こうと近づく青年の僕。カナに近づけば近づくほど はなぜ彼女がこれほどまの色気を身につけたのかを知ることになる。彼女の色気の謎と、未知なる世界を直視した僕が取った行動とは・・・。

「ロスト・アイズ」あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

ロスト・アイズの概要:「ロスト・アイズ」(原題:Los Ojos de Julia)は、2010年のスペイン映画。監督はギリェム・モラレス。製作に「パンズ・ラビリンス」、「永遠のこどもたち」のギレルモ・デル・トロ。主演は「永遠のこどもたち」のベレン・ルエダ。共演者はルイス・オマール、パブロ・デルキ、フランセスク・オレーリャ、ジョアン・ダルマウ、ボリス・ルイス、フリア・グティエレス・カバなど。

「シャレード(1963)」あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

シャレード(1963)の概要:「シャレード」(原題:Charade)は、1963年のアメリカ映画。監督は「踊る大紐育」、「雨に唄えば」などで知られるミュージカル映画の巨匠スタンリー・ドーネン 。主演は「ローマの休日」、「ティファニーで朝食を」のオスカー女優、オードリー・ヘプバーン。共演に「北北西に進路を取れ」など数多くの名作に出演した名優ケーリー・グラント。ウォルター・マッソー、ジェームズ・コバーン、ジョージ・ケネディなど、脇を固める布陣も豪華なキャストである。

「X-ファイル:真実を求めて」あらすじとネタバレ映画批評・評価

X-ファイル:真実を求めての概要:「Xファイル: 真実を求めて」(原題:The X-Files: I Want to Believe)は、2008年のアメリカ映画。監督はXファイルテレビシリーズの制作・脚本のクリス・カーター。主演もテレビシリーズと同じ、モルダー捜査官役にデイヴィッド・ドゥカヴニー。前FBI捜査官で医師役のスカリーにジリアン・アンダーソン。

「ザ・ワーズ 盗まれた人生」あらすじとネタバレ映画批評・評価

ザ・ワーズ 盗まれた人生の概要:「ザ・ワーズ 盗まれた人生」(原題:The Words)は、1952年のアメリカ映画。監督はブライアン・クラグマン。制作総指揮と主演を兼任するのは「リミットレス」のブラッドレイ・クーパー。共演者に「コロンビアーナ」のゾーイ・サルダナ。「カウボーイ & エイリアン」のオリヴィア・ワイルドなど。

1 18 19 20 21 22 23 24