時代劇映画 | MIHOシネマ - Part 2

時代劇映画一覧

「タイムスクープハンター 安土城 最後の1日」のネタバレあらすじ結末

タイムスクープハンター 安土城 最後の1日の概要:タイムスクープ社はタイムワープ技術を駆使してあらゆる時代にジャーナリストを派遣し、人々の営みを取材・記録している会社である。そこに勤める沢嶋雄一は、第2調査部と呼ばれる教科書に載らない、名もなき人々を取材していた。

「ブレイド・マスター」のネタバレあらすじ結末

ブレイド・マスターの概要:秘密警察、錦衣衛の任にて元長官の討伐に向かった、優秀な義兄弟3人。個々の問題に悩みつつも、やがて朝廷の大きな陰謀に巻き込まれていく。裏取引に応じてしまった1人の行いにより、義兄弟達をも悲劇に落とされる。歴史的剣戟アクション。

「高慢と偏見(1940)」のネタバレあらすじ結末

高慢と偏見(1940)の概要:英国の女流作家ジェーン・オースティンの小説『高慢と偏見』を映画化した作品。1940年に公開されたものの、日本では劇場未公開となり、テレビ放映のみに留まった。本作品は、名優ローレンス・オリヴィエがダーシー氏を演じたことでも話題になった。

「里見八犬伝(1983)」のネタバレあらすじ結末

里見八犬伝(1983)の概要:「仁」「義」「礼」「智」「忠」「信」「孝」「悌」という八つの玉に導かれた八剣士が、里見家生き残りの静姫を守りながら闇の軍団と戦う。娯楽性の高いファンタジックな時代劇で、千葉真一率いるJACに所属していた真田広之や志保美悦子の本格的なアクションが楽しめる。

「墨攻」のネタバレあらすじ結末

墨攻の概要:大国に攻められた小国は、守りを徹底して極めた墨家へと援軍を要請したが、やって来た墨者はたったの1人だった。墨者の主人公は類稀なる戦術で小国を守り、大軍を退ける。戦の中で繰り広げられる人間ドラマと、戦術にて軍を退ける戦略は見物。

「復活(2016)」のネタバレあらすじ結末

復活(2016)の概要:聖書に記された“復活”の奇跡を、キリストを処刑したクラヴィアスの視点から描いている。重罪人として処刑したキリストの遺体が消えた。遺体を盗んだ犯人を捜査する事になったクラヴィアスは、キリストの教えと彼の奇跡を目の当たりにする事となる。

「山桜」のネタバレあらすじ結末

山桜の概要:藤沢周平の同名短編小説を映像化した時代劇映画。嫁ぎ先で苦労を重ねている女性が、以前に縁談を断ってしまった武士との出会いをきっかけに、自分の人生を見つめ直していく。主人公の野江を田中麗奈、野江を慕う実直な武士を東山紀之が演じている。

「七人の侍」のネタバレあらすじ結末

七人の侍の概要:巨匠・黒澤明監督の代表作。寄せ集めの七人の侍が、命がけで野武士と戦い、貧しい農民の村を守る。世界中の映画人がこの作品を絶賛しており、後世の映画界に与えた影響は計り知れない。叩きつけるような豪雨の中、壮絶な死闘が繰り広げられるクライマックスは、史上稀に見る圧倒的な迫力。

「赤ひげ」のネタバレあらすじ結末

赤ひげの概要:金や名誉には興味を示さず、貧しい病人のために尽くす養生所の医師の赤ひげと、エリート医師を目指していた青年の交流を通して、人間の醜さや尊さを描き出していく。赤ひげを演じた三船敏郎はもちろんのこと、それぞれに見せ場を持つキャスト陣の熱演も素晴らしいヒューマンドラマの名作。

「椿三十郎(1962)」のネタバレあらすじ結末

椿三十郎(1962)の概要:1961年に公開された「用心棒」の大ヒットを受け、その続編的な意味合いで制作された作品。三船敏郎の演じる椿三十郎は、男臭い魅力に溢れており、殺陣での立廻りも迫力満点でありながら美しい。前作に引き続き、敵役を仲代達矢が好演しており、初々しい加山雄三や田中邦衛の姿も見られる。

1 2 3 4 5 6