西部劇映画 | MIHOシネマ

西部劇映画一覧

「捜索者」のネタバレあらすじ結末

捜索者の概要:インディアンに家族を殺され、姪っ子を誘拐された男。残された家族と共に姪っ子を探すため、インディアンの捜索隊を結成する。姪っ子を発見した男だったが、彼女はすでにインディアンとしての自覚を持ち始めていた。

「リオブラボー」のネタバレあらすじ結末

リオブラボーの概要:テキサスのある町に、アル中の男とおしゃべりな老人を部下にもつ保安官がいた。殺人犯を逮捕した彼らだが、殺人犯の兄は町の有力者だった。悪党を相手に、保安官達は派手な銃撃戦を繰り広げる。

「マグニフィセント・セブン」のネタバレあらすじ結末

マグニフィセント・セブンの概要:アントワーン・フークワ監督が、黒澤明監督の「七人の侍」(54)と、そのリメイク版であるジョン・スタージェス監督の「荒野の七人」(60)へのリスペクトを込めて製作した西部劇。リーダー役に黒人のデンゼル・ワシントンを起用し、他のメンバーも様々な人種で構成されている。迫力あるアクションシーンは見応え十分。

「騎兵隊」のネタバレあらすじ結末

騎兵隊の概要:南北戦争の最中、北軍は劣勢をはねのけるために奇襲を仕掛ける。指揮を執る大佐の横柄な態度に何人かの仲間は呆れていた。しかし、次々と仲間を失いながらも懸命に戦い抜く大佐の姿に、仲間達は心を揺さぶられていく。

「馬上の二人」のネタバレあらすじ結末

馬上の二人の概要:インディアンに拐われた白人を助けるためにコマンチ族のもとへと向かった二人の男。無事に救い出した彼らを待ち受けていたのは痛烈な差別社会との戦いだった。ジョン・フォード監督の名作西部劇。

「小さな巨人」のネタバレあらすじ結末

小さな巨人の概要:白人騎兵隊がインディアンに全滅させられたという西部開拓史の史実を題材にした、1971年の異色西部劇。インディアンに育てられ、騎兵隊全滅時に唯一生き残った白人男性の数奇な人生を、ダスティン・ホフマン主演で描く。

「復活(2016)」のネタバレあらすじ結末

復活(2016)の概要:聖書に記された“復活”の奇跡を、キリストを処刑したクラヴィアスの視点から描いている。重罪人として処刑したキリストの遺体が消えた。遺体を盗んだ犯人を捜査する事になったクラヴィアスは、キリストの教えと彼の奇跡を目の当たりにする事となる。

1 2 3