戦争映画 | MIHOシネマ - Part 10

戦争映画一覧

「火垂るの墓」のネタバレあらすじ結末

火垂るの墓の概要:野坂昭如の同名短編小説を、高畑勲監督が長編アニメーションとして映像化した。終戦間近の兵庫県を舞台に、戦争孤児となった少年と幼い妹が懸命に生きようとする姿を描く。節子の可愛い声とリアルな関西弁が頭から離れなくなる、あまりに悲しい名作。

「永遠の0」のネタバレあらすじ結末

永遠の0の概要:百田尚樹の同名小説を2013年に山崎貴が映画化。お国のために死ぬのが名誉とされた第二次世界大戦時、生きて帰ることにこだわり続けた祖父が、なぜ特攻で命を落としたのか。孫の佐伯健太郎はその謎を解くため、生前の祖父を知る人々を訪ね歩く。

「硫黄島からの手紙」あらすじ&ネタバレ考察・ストーリー解説

大監督クリント・イーストウッドが、硫黄島の戦いを日米両国から描いた2部作の1作品。日本軍人で最も優秀だったと言われている栗林忠道を主人公に、日本側から見た硫黄島の戦いを描く。製作総指揮にスティーブン・スピルバーグが名を連ねていることも注目。

1 7 8 9 10