戦争映画 | MIHOシネマ - Part 3

戦争映画一覧

「二十四の瞳(1954)」のネタバレあらすじ結末

二十四の瞳(1954)の概要:壺井栄の同名小説を、木下恵介監督が映画化した作品。瀬戸内海に浮かぶ小豆島を舞台に、新米の女性教師と12名の1年生が出会ってからの18年間を描く。子供たちの純朴な表情と美しい歌声が胸を打つ名作中の名作で、残虐なシーンは全くないが、戦争の悲しさがひしひしと伝わってくる。

「ハンバーガー・ヒル」のネタバレあらすじ結末

ハンバーガー・ヒルの概要:アメリカ軍第101空挺師団へ編入された新兵たち。自分たちの正義を信じ、戦争もすぐに終わるだろうと高をくくっていた彼らだが、最前線のエイショウ・バレーで地獄のような体験をすることになる。

「リミット」のネタバレあらすじ結末

リミットの概要:目を覚ますと、ポールは木製の棺の中にいた。棺は土の中に埋められていて、自力で脱出することは不可能だ。自前のライターと、一緒に棺の中に入れられていた一台の携帯電話を使い、ポールは外の世界に助けを求める。

「マシンガン・プリーチャー」のネタバレあらすじ結末

マシンガン・プリーチャーの概要:麻薬密売人だったサムは出所後、妻を通じて信仰に目覚める。教義に従い、荒れた暮らしぶりを改めるようになり、家計は見違えるほど改善された。サムの信仰心は厚くなっていく。礼拝に出向いた際、ウガンダの惨状を聞いたサムは、自分にできることを模索する。

「レバノン」のネタバレあらすじ結末

レバノンの概要:レバノン内戦に参加したイスラエル軍。新兵ばかりで人員を構成された戦車は、味方の歩兵部隊と共に、友軍が制圧した町の掃討任務にあたることになった。簡単な任務。そう聞かされた戦車隊だったが……。

「ディア・ハンター」のネタバレあらすじ結末

ディア・ハンターの概要:ベトナム戦争の帰還兵が心に負った傷の深さと、極限状態での友情を描いた名作。ロバート・デ・ニーロの親友を演じたクリストファー・ウォーケンの迫真の演技が高く評価され、アカデミー助演男優賞を受賞。アカデミー賞では9部門でノミネート、5部門を受賞している。撮影時ガンに侵されていたジョン・カザールには最後の出演作となった。

「あの日の声を探して」のネタバレあらすじ結末

あの日の声を探しての概要:チェチェン紛争でロシア兵に両親を殺された少年ハジ。言葉を失った彼はたったひとりで懸命に生きようとする。戦争に翻弄される子供の姿を通して、人間の残酷さと善意を同時に描き切る。多くの人に観て欲しいミシェル・アザナヴィシウス監督渾身の一作。

「ルシアンの青春」のネタバレあらすじ結末

ルシアンの青春の概要:ナチスドイツの統治下にあったフランス。愛人と暮らす母から逃げるため、レジスタンスとして活動する父を追うルシアンだが、成り行きからドイツ警察の一員になってしまう。ドイツ人の権力を自分の力と勘違いするようになったルシアンは少しずつ道を踏み外していく。

1 2 3 4 5 6 9