青春映画 | MIHOシネマ - Part 18

青春映画一覧

「ラッシュ プライドと友情」あらすじとネタバレ感想

ラッシュ プライドと友情の概要:時は'70年代後半、F1黎明期。自由奔放な天才ジェームス・ハントと緻密な頭脳派・ニキ・ラウダの運命の出逢いが時のレースを熱くした・・・。実在した伝説のレーサの戦いと復活劇を名匠ロン・ハワードが映画化。

「世界最速のインディアン」あらすじとネタバレ感想

世界最速のインディアンの概要:米・英・豪・新合作のヒューマンドラマ。実在した老年のバイカー、バート・マンローの人生とその記録をロードムービー形式で綴った心温まる作品。監督には『バウンティ/愛と反乱の航海』で注目を受け、それ以降近年では『バンク・ジョブ』『ハングリー・ラビット』『スパイ・レジェンド』等、コンスタントに秀作・佳作を世に送り出しているオーストラリア出身のロジャー・ドナルドソン。主演には『バウンティ』以来、監督と2度目のタッグを組むアンソニー・ホプキンス。夢を追い続ける老人の勇ましさに胸打たれる名作。

「モーターサイクル・ダイアリーズ」あらすじとネタバレ感想

モーターサイクル・ダイアリーズの概要:20世紀最高の革命家、チェ・ゲバラの半生を追った伝記映画。南米大陸縦断の旅を通して青年の心情をその過程で描写したロード・ムービー。制作にはハリウッドを代表する俳優でもあり、監督でもあるロバート・レッドフォード。監督には、ブラジル映画界を代表するウォルター・サレス。代表作には彼の出世作にもなった『セントラル・ステーション』がある。若き日のチェ・ゲバラを演じるのはメキシコ出身のイケメン俳優ガエル・ガルシア・ベルナル。

「イージー・ライダー」あらすじとネタバレ感想

イージー・ライダーの概要:ハリウッド映画とは、一線を画す“アメリカ映画”の金字塔。1960年代後半~1970年中頃までブームを巻き起こしたアメリカン・ニューシネマの代名詞的作品。監督にはデニス・ホッパー、脚本はホッパーとピーター・フォンダの共同脚本。主演の2人の他にジャック・ニコルソンも共演。主題歌ステッペン・ウルフの『Born To Be Wild(ワイルドで行こう)』は、今尚色褪せない名曲だ。

1 15 16 17 18 19 20 21 23