青春映画 | MIHOシネマ - Part 2

青春映画一覧

「スパニッシュ・アパートメント」のネタバレあらすじ結末

スパニッシュ・アパートメントの概要:フランスからスペインに留学したグザヴィエは、ヨーロッパ各地の留学生たちとバルセロナのアパートでルームシェアをしながら、若者らしい賑やかな日々を過ごす。フランス出身のセドリック・クラピッシュ監督が、ヨーロッパの若者たちの姿を生き生きと描いた青春映画。

「瀬戸内少年野球団」のネタバレあらすじ結末

瀬戸内少年野球団の概要:兵庫県の淡路島を舞台に、国民学校の女性教師と生徒たちの交流を通して、敗戦直後の日本でたくましく生きる人々の姿を描く。原作は作詞家として有名な阿久悠の自伝的小説。女性教師役の夏目雅子が眩しいくらいに美しく、島の少年を演じた子役たちの自然な表情もいい。

「スプリング・ブレイカーズ」のネタバレあらすじ結末

スプリング・ブレイカーズの概要:代わり映えのない毎日に嫌気がさした女子大生4人組は“スプリング・ブレイク”(春休み)を利用しフロリダへ旅行に行き、パーティーを満喫していた。しかし、麻薬ディーラーの男との出会いをきっかけに状況は一変する。

「私たちのハァハァ」のネタバレあらすじ結末

私たちのハァハァの概要:実在する人気ロックバンド・クリープハイプのライブに行くため、北九州を自転車で飛び出し東京を目指す4人の女子高生の物語。彼女たち自身がハンディカムで旅の記録をするなど、ドキュメンタリータッチで描かれている。

「きみにしか聞こえない」のネタバレあらすじ結末

きみにしか聞こえないの概要:過去のトラウマから他者との接触に酷く怯え、友人の1人も作れず自信が全くないヒロイン。彼女はある日、おもちゃの携帯をきっかけに1人の青年と通じ合うようになる。会話を続ける内に会おうという話になるが、そこへ悲劇が訪れるのだった。

「シュアリー・サムデイ」のネタバレあらすじ結末

シュアリー・サムデイの概要:高校3年。幼馴染でもある5人の少年は文化祭復活を唱え、学校を占拠し誤って爆破してしまう。3年後、バラバラになった仲間達は1人の女性を追うために再び集結。彼女が関わる重大な事件へと巻き込まれていく。小栗旬初監督作品。

「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」のネタバレあらすじ結末

ケンタとジュンとカヨちゃんの国の概要:自分達が置かれた境遇から抜け出せずに足掻く、若者たちを描いたロードムービー。全てを壊した先に未来があると考え壊そうとする青年と、彼を指針にして常に共に在ろうとする青年。そして、愛を求める女性の3人が行き着く先とは。

「ブレックファスト・クラブ」のネタバレあらすじ結末

ブレックファスト・クラブの概要:イリノイ州のシャーマー高校で、ある日の土曜日、懲罰補習が行われた。嫌々ながら補習に参加させられた5人の男女高校生。しかし、そこで自分のこと、両親や友人のことを語り合い、共に1日を過ごすうちに、5人のメンバーそれぞれに変化が表れ始める。1980年代に活躍したジョン・ヒューズ監督の代表的青春映画。

「炎のランナー」のネタバレあらすじ結末

炎のランナーの概要:ユダヤ系英国人のエイブラハムズと、スコットランドの宣教師リデル。偏見と戦い、信仰心を貫こうとする2人が、オリンピックの陸上競技に出場し、金メダルを獲得するまでを描いた作品。アカデミー賞の作品賞、作曲賞、衣装デザイン賞など複数の賞を受賞。原題の“Chariots of Fire”は、劇中に出てくる賛美歌「エルサレム」の一節。

「Love, Simon(原題)」のネタバレあらすじ結末

Love, Simon(原題)の概要:17歳の高校生サイモンは同性愛者であることを家族や友達など周りの人間に隠して生活しているクローゼット・ゲイ。そんなある日、ネットでブルーと名乗る同級生がゲイであることを隠していると告白しているのを発見し、メールで交流を始める。

1 2 3 4 5 21