青春映画 | MIHOシネマ - Part 4

青春映画一覧

「マイ・フレンド・フォーエバー」のネタバレあらすじ結末

マイ・フレンド・フォーエバーの概要:一人遊びをしていたエリックの隣家に、同年代の少年デクスターが越してくる。デクスターはエイズ患者で、隣人であるエリックはクラスメイトにいじめられる。エリックも最初はデクスターに差別的な態度を取るが、徐々に二人は打ち解けていく。二人の少年を通して、友情に限らず死や異なるものへの差別などを描く。

「サニー 永遠の仲間たち」のネタバレあらすじ結末

サニー 永遠の仲間たちの概要:韓国国内で大ヒットを記録した青春映画。学生時代の友人グループ”サニー”のメンバーが、数十年の月日を経て再び集合する。60~70年代のヒット曲に乗せて、誰もが経験しただろう淡い青春時代と、大人になった彼女たちの現実的な今が交錯する。

「の・ようなもの」のネタバレあらすじ結末

の・ようなものの概要:無名の若手落語家と彼を取り巻く人々を描いた青春群像劇。森田芳光監督の劇場用映画デビュー作。独特の雰囲気を持つ作品で、何がどうというわけでもないのだが、不思議な余韻が残る。俳優としては素人だった伊藤克信を主人公に抜擢するなど、枠にとらわれないキャスティングも面白い。

「風櫃(フンクイ)の少年」のネタバレあらすじ結末

風櫃(フンクイ)の少年の概要:風櫃に住む青年は、退屈した生活に悶々としていた。友人の勧めで都会へと向かい、そこで生活を始める。仕事に恋愛と青年は青春を謳歌し始めるが、故郷の風櫃への思いが心の奥底に残っていた。

「ほとりの朔子」のネタバレあらすじ結末

ほとりの朔子の概要:受験に失敗した朔子は特にやりたいことも見つけられず、伯母の海希江と約2週間を過ごすことにした。そこで知り合った人々と様々な人間模様を目にする朔子。そんな日常の中で、前向きに進む気持ちを取り戻していく。日記形式で描く青春ヒューマンドラマ。

1 2 3 4 5 6 7 26