映画『CAVE ケイブ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「CAVE ケイブ」のネタバレあらすじ結末

CAVE ケイブの概要:洞窟を舞台に決死のサバイバルをする中で、展開していく愛憎劇を描いた作品。紅一点のヒロインを中心に均衡を保っていた3人だったが、洞窟内での事故に見せかけて彼女をものにしようと1人が密かに画策する。ノルウェー制作、2016年公開。

CAVE ケイブの作品概要

CAVE ケイブ

公開日:2016年
上映時間:78分
ジャンル:サスペンス、アドベンチャー
監督:ヘンリク・マルティン・ダールスバッケン
キャスト:ハイジ・トワニ、マッツ・ショーゴード・ペテルセン、ベンヤミン・ヘールスター、インガル・ヘルゲ・ギムレ etc

CAVE ケイブの登場人物(キャスト)

チャーリー(ハイジ・トワニ)
紅一点。アドリアンの妻。元軍人でタフ。精悍で美しい。
アドリアン(マッツ・ショーゴート・ペテルセン)
チャーリーの夫。元軍人で筋骨逞しい。ヴィクトルの恋心を憐れに思っている。
ヴィクトル(ベンヤミン・ヘールスター)
元軍人で過去、チャーリーと関係を持っていた。憐れむアドリアンに殺意を抱いており、チャーリーに執着している。

CAVE ケイブのネタバレあらすじ

映画『CAVE ケイブ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

CAVE ケイブのあらすじ【起】

昔みたいに探検に行かないか。そう誘われたヴィクトルは、雪山をバイクで走り待ち合わせ場所に向かっていた。待ち合わせには車が一台やって来る。アドリアンと紅一点のチャーリーだ。彼らは夫婦だった。ヴィクトルはチャーリーに好意を寄せている。だが、アドリアンも親友の為、苦しい片思いをしていた。

3人は山小屋で一旦、打ち合わせをする。その夜、チャーリーとアドリアンの夜の営みを目撃してしまうヴィクトル。いたたまれなくなり、彼らの行為が終わるまでトイレに籠もって朝を迎えた。

3人は目的の洞窟へと出発した。カヌーで川を下って行く。その途中、チャーリーが木立の中に人影を見るが、他の2人は見ていないと言う。急流に差し掛かり、そこからは崖を下りて徒歩で進む。岩場を越えて目的の洞窟に到着。そこには立ち入り禁止の札が立っていたが、なぜか柵が開いていた。調べでは前人未踏のはずだが、柵が開いているのは妙だ。だが、3人は深く考えずに洞窟へと入って行く。

CAVE ケイブのあらすじ【承】

中へ入ると意外と広さがある。雪壁の間や危険な岩場を進み、どんどん内部へ。高さのある場所から先に降り立ったチャーリー。他の2人が降りて来る前に、洞窟の先へと様子を見に進んだ。その先でチャーリーは足跡を発見。更に物音を聞く。2番手で降りたヴィクトルは、先に待っているはずのチャーリーがいない事に気付く。3番手で降りたアドリアン。だが、ザックを止める釘が抜けて落下。大した高さではなかった為、怪我は無かったが声に驚いたチャーリーが戻って来る。

アドリアンの無事を確認したチャーリーは、洞窟の先へ2人を連れて行く。その先には何者かのテントがあった。誰かがいるのか、或いは捨てて行ったのか。テントの中を開けてみると、潜水用の道具や登山道具が散りばめられている。その中に埋もれて、血だらけの寝袋を発見。

3人で相談。許可なく立ち入り禁止の洞窟に入った事を、明らかにするのは良策ではないと2人の男がチャーリーを説得。予定通り進みその後、警察に通報する事になった。地図はヴィクトルが持っていた。彼の指示する通り、岩と岩の狭い間を腹這いで進む。だが、少しだけぽっちゃりしているヴィクトルは、上下の岩に挟まってしまい、抜けられなくなってしまう。

岩は案外に脆かった為、アドリアンが削ってヴィクトルを助けようとするが、その振動で壁が崩壊。穴が塞がってしまった。その先に水場があった為、彼らはそこにテントを張って少し休む事にする。

CAVE ケイブのあらすじ【転】

チャーリーが席を外している時だった。アドリアンが不憫に思ったヴィクトルに交渉を持ち掛ける。チャーリーを共有しようと言うのだ。だが、ヴィクトルは苦笑するだけで、何も答えなかった。
同じテントで過ごすチャーリーとアドリアン。アドリアンは彼女にヴィクトルの話をする。昔はヴィクトルとも関係があった彼女だったが、今はアドリアン一筋だと言う。だが、アドリアンはヴィクトルがまだチャーリーを好きな事を察していた。

2人の楽しそうな声を遠目から見るヴィクトル。彼はおもむろにスマホを取り出し、それを眺める。誰かと連絡でも取り合っているのか。ヴィクトルはチャーリーが眠っている隙に、テントへと入り込み横たわる。彼女に触れたその手を匂いつつ、自慰をするヴィクトル。

潜水の準備を入念に整える。今回はヴィクトルが先導して2番手をチャーリーが進む。タンクの調整はヴィクトルがすでに済ませていた為、水深計だけに注意しろと言う。そして、潜水開始。

狭い場所に来たら、ヴィクトルの合図を待てという打ち合わせ通り、アドリアンとチャーリーは合図を待つ。だが、アドリアンの酸素タンクに異常が発生。酸素が送られて来ないのだ。出口はどこにもなく、水中での異常は命に関わる。アドリアンは合図を待たずにヴィクトルの後を追った。その頃、チャーリーは辺りを見回して死体を発見。パニック状態となり、ヴィクトルが進んだ先へ急いで向かった。

水面に浮上したヴィクトルの前に、すぐ後を追って来たアドリアンが現れる。ヴィクトルはアドリアンを外へ出さないよう水中へ押し戻す。揉み合いの結果、アドリアンは窒息して命を落とした。そこへ、ようやくチャーリーが現れる。ヴィクトルは事故を装う。蘇生処置を必死に施すチャーリー。ヴィクトルは外に出て助けを呼ぼうと言うが、彼女は半泣き状態でアドリアンを置いて行けないと処置を続ける。必死に外へ出ようと促すヴィクトルだったが、不意にアドリアンが息を吹き返す。

CAVE ケイブのあらすじ【結】

死にかけたアドリアンを背負って、洞窟の出口を目指す。ヴィクトルはチャーリーに出口を探して来いと促し、その場から離す。彼はアドリアンをどうしても殺す気のようだ。
出口を探して必死に走るチャーリーだったが、進んだ先は行き止まり。急いで戻るが、ヴィクトルがアドリアンを殺害する現場を目撃してしまう。彼女は踵を返して再び走った。大声でチャーリーを呼びながら追いかけるヴィクトル。

暗視スコープをつけたヴィクトルには、彼女の居場所を見つける事など造作もない。チャーリーを捕らえ、自分を見ろと言うヴィクトル。彼は彼女に無理矢理口づけをすると、走り去って行った。

暗闇で1人、涙するチャーリー。その後、洞窟内を壁伝いに進むと、ヴィクトルが父親に電話している声が聞こえた。予定通りに進んでいると言う彼に、父親は川を下れと言っているようだ。チャーリーは彼の背後に忍び寄り、岩を持って殴打。ヴィクトルを何度も殴り、彼を殺してしまった。

チャーリーは川を1人で下って行く。徒歩では進めない場所に至り、彼女は川へと身を投じる。水流に飲まれ、気付いたら川に出ていた。必死に泳いで、登れそうな場所から崖を登る。ヴィクトルの父親は確かにそこへ来ていたが、彼女を静観するだけで助けはしなかった。

歩道をとぼとぼと歩くチャーリーの元に、ジープが停まった。大丈夫かと声を掛けられる。車の荷台には誰かの死体が乗っている。男性は彼女を保護して車を走らせた。

Amazon 映画『CAVE ケイブ』の商品を見てみる