映画『チャーリーとチョコレート工場』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「チャーリーとチョコレート工場」のネタバレあらすじ結末

チャーリーとチョコレート工場の概要:ロアルト・ダールの児童小説『チョコレート工場の秘密』を、ティム・バートン監督が映像化した作品。摩訶不思議で風刺の効いたおとぎ話は、ティム・バートン監督の作風にぴったりで、ポップでありながら毒気のあるファンタジー映画に仕上がっている。

チャーリーとチョコレート工場の作品概要

チャーリーとチョコレート工場

公開日:2005年
上映時間:115分
ジャンル:ファンタジー、コメディ
監督:ティム・バートン
キャスト:ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、デヴィッド・ケリー、ヘレナ・ボナム・カーター etc

チャーリーとチョコレート工場の登場人物(キャスト)

ウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)
巨大なチョコレート工場を持つ天才ショコラティエ。歯科医の父親にショコラティエになることを反対され、親子の縁を切って成功を掴んだ。社会性のないかなりの変人で、家族や両親という言葉を嫌う。後継者を探すため、5人の子供を工場に招く。
チャーリー・バケット(フレディ・ハイモア)
チョコレート工場のある町で暮らす少年。両親と4人の祖父母と貧乏暮らしをしているが、家族の愛に包まれ、心優しい少年に育った。ウォンカのチョコレート工場に憧れ、工場の模型を作っている。金のチケットを引き当て、工場に招かれる。
ジョーおじいちゃん(デイビッド・ケリー)
チャーリーの母方の祖父。昔ウォンカのもとで働いたことがあり、チャーリーにウォンカのことを話して聞かせる。チャーリーの付き添いとして、一緒に工場へ行く。
ウンパ・ルンパ(ディープ・ロイ)
チョコレート工場で働く従業員の総称。熱帯のルンパランド出身の部族。ウォンカにスカウトされ、大好きなカカオ豆を好きなだけ食べられるという条件で雇われている。かなりの人数がいるが、男女問わず全員同じ顔をしている。体は非常に小さい。歌と踊りが好き。
オーガスタス・グループ(フィリップ・ウィーグラッツ)
1枚目の金のチケットを引き当てたドイツの少年。両親は肉屋を営んでいる。四六時中チョコレートを食べている肥満児。人の良さそうな母親もふくよか。
ベルーカ・ソルト(ジュリア・ウィンター)
2枚目のチケットを引き当てたイギリスのナッツ会社の令嬢。欲しいものは何でも与えられ、鬼のようにわがままな娘に育った。父親は娘の言いなり。
バイオレット・ボーレガード(アナソフィア・ロブ)
3枚目のチケットを引き当てた野心家で高慢ちきな少女。何でも勝たないと気が済まない性質で、記録を更新するため、同じガムを噛み続けている。母親も野心家。
マイク・ティービー(ジョーダン・フライ)
4枚目のチケットを引き当てたハイテクオタクの少年。人を上から目線で見ている生意気な少年で、非常に冷めている。父親は息子のことが理解できず、いつもオロオロしている。

チャーリーとチョコレート工場のネタバレあらすじ

映画『チャーリーとチョコレート工場』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

チャーリーとチョコレート工場のあらすじ【起】

チャーリー・バケットは、両親と4人の祖父母と暮らしている平凡な少年だ。歯磨き工場で働いている父親の給料は最低で、バケット家は食べていくのがやっとの生活をしていた。それでもチャーリーは家族を大切にする心優しい少年に育っていた。

チャーリーが暮らす町には、ウィリー・ウォンカの巨大なチョコレート工場がある。母方の祖父のジョーおじいちゃんは、この工場で働いていたことがあり、ウォンカのこともよく知っている。ウォンカの工場は順調に業績を伸ばしていたが、他のお菓子メーカーのスパイに秘密のレシピを盗まれ、15年前に全従業員を解雇し、工場を閉鎖していた。その後工場は再稼働し始めたのだが、ウォンカやそこで働く従業員の姿を見た人はおらず、工場の中がどうなっているのかも一切わからなかった。

ある日ウォンカは「5人の子供を工場に招待し、そのうちの1人には信じられない幸運を与える」と発表する。工場への招待状となる金のチケットは、ウォンカバーと呼ばれる板チョコに入っている。このニュースは世界中で話題となり、ウォンカバーは飛ぶように売れる。しかしチャーリーがウォンカバーをもらえるのは、1年に1度の誕生日だけだった。

最初のチケットを引き当てたのはドイツの肉屋の息子、オーガスタスで、毎日大量のチョコを食べる肥満児だった。2枚目のチケットを手にしたのは、イギリスのナッツ会社のひとり娘、ベルーカで、父親が金のチケットを欲しがる娘のために、何万個ものウォンカバーを買い占めていた。

チャーリーの両親は、誰よりもチョコレート工場に憧れている息子のために、早めの誕生日プレゼントを用意する。しかしそのウォンカバーに、金のチケットは入っていなかった。チャーリーは、めったに食べられないチョコレートを、家族全員で分ける。

チャーリーとチョコレート工場のあらすじ【承】

3枚目のチケットは、アトランタで暮らすバイオレットが手に入れる。彼女は常に勝者でないと気が済まない高慢ちきな娘で、今回も最後の1人になる気満々だった。そして4枚目のチケットは、デンバーで暮らすマイクという生意気な少年が手にする。マイクはテレビゲームばかりしているハイテクオタクで、緻密な計算で当たりを勝ち取っていた。

チケットは残り1枚となり、ジョーおじいちゃんはヘソクリをはたいてチャーリーにウォンカバーを買ってやる。しかしその中にも金のチケットは入っていなかった。

金のチケットを諦めかけた頃、チャーリーは雪道で10ドル札を拾い、近所の雑貨屋でウォンカバーを買う。その場で包みを開けると、中に金のチケットが入っていた。チャーリーは大急ぎで家に帰り、チケットを引き当てたことを報告する。チャーリーは家計のためにチケットを売るべきではないかと悩んでいたが、家族は「工場へ行け」と言ってくれる。

翌日、チャーリーはジョーおじいちゃんとチョコレート工場へ行く。約束の10時に門が開き、5人の子供とその付き添いが工場の敷地内に足を踏み入れる。ウィリー・ウォンカはかなりの変わり者で、みんなと会話が噛み合わない。一同は妙な空気のまま、ウォンカの案内で工場見学を始める。

最初に案内されたのは、巨大なチョコレートの滝があるフレーバー作りの部屋で、部屋全体がお菓子でできていた。自由に見学していいと言われ、部屋中のお菓子を貪り食っていたオーガスタスは、足を滑らせてチョコレートの川へ落ちてしまう。すると、どこからともなく大勢のウンパ・ルンパが集まってきて、オーガスタスを罵る歌を歌い始める。パイプに吸い込まれていった息子を見て、オーガスタスの母親は大騒ぎするが、ウォンカは平気な顔をしていた。みんなは「まるでこの出来事を予想していたようだ」と不審がる。

チャーリーとチョコレート工場のあらすじ【転】

ウォンカと残りの8人は、ウンパ・ルンパの漕ぐ船に乗り込み、チョコレートの川を移動する。チャーリーに「自分の子供時代を覚えていないの?」と質問されたウォンカは、久しぶりに子供時代を思い出す。ウォンカは有名な歯科医の息子で、お菓子を食べることを禁止されていた。

トンネルや急流を抜け、一同は発明室へ入る。そこは新しいお菓子を開発する部屋で、まだ実験段階の新商品があった。そこでフルコースが味わえるガムを見つけたバイオレットは、ウォンカが止めるのも聞かず、そのガムを噛み始める。ガムはトマトスープからローストビーフの味に変わり、バイオレットを興奮させる。しかしデザートのブルーベリーパイのところで、バイオレットの顔や体が紫色に変わり始め、全身がブルーベリーのように丸く膨らんでいく。すると、またウンパ・ルンパが集まってきて、バイオレットを罵る歌を歌い始める。巨大な風船のようになってしまったバイオレットは、母親の手でジュース室へ転がされていく。

次の部屋へ移動中、チャーリーから「初めて食べたチョコを覚えている?」と質問されたウォンカは、また子供時代を思い出す。ウォンカは父親に内緒で一粒のチョコを食べ、お菓子の虜になった。そして独自でお菓子の研究を始め、ショコラティエになりたいという夢を持ったのだ。

ウォンカと残りの6人は、ナッツの選別室を見学する。この工場では、訓練されたリスが、くるみからナッツの実を取り出していた。部屋の中央には、中身がダメになっているくるみを捨てるためのダストシュートがあった。「訓練されたリスが欲しい」とわがままを言いだしたベルーカは、ウォンカが止めるのも聞かずにリスを捕まえに行き、怒ったリスたちに襲われる。そして中身がダメになっていると判断され、ダストシュートに捨てられてしまう。すると、またウンパ・ルンパが集まってきて、ベルーカを罵る歌を歌い始める。ベルーカを助けに行った父親も、リスによってダストシュートに突き落とされる。

ボタンを押せば自由自在に移動するガラスのエレベーターに乗った残りのメンバーは、マイクの希望でテレビ室へ向かう。エレベーターの中で、ウォンカはショコラティエになることを父親に反対され、家出をした過去を思い出す。父親とは、それきり会っていなかった。

巨大なチョコレートをテレビ画面の中にテレポートさせる装置を見て、マイクは自ら装置の中に入り、テレポートを試みる。マイクがテレビ画面の中に現れると、テレビ番組にウンパ・ルンパが登場し、マイクを罵る歌を歌い始める。父親の手でテレビから出されたマイクは、人形のように小さくなっていた。ウォンカは笑いをこらえて、キャンディー伸ばし機で体を引き伸ばすといいとアドバイスする。

チャーリーとチョコレート工場のあらすじ【結】

ウォンカはチャーリーが最後の1人になったことを喜び、チャーリーとジョーおじいちゃんをガラスのエレベーターで家まで送ってくれる。チャーリーは空中から、工場を出て行く4人の子供と付き添いの親たちを目にする。オーガスタスはチョコレートまみれ、バイオレットは紫色のふにゃふにゃ人間、ベルーカはゴミまみれ、伸ばされたマイクは紙のように薄くなっていた。

チャーリーの家族に会ったウォンカは、チャーリーを自分の後継者にして、工場を丸ごと譲るつもりだと告げる。チャーリーは喜ぶが、工場へ行ったら2度と家族には会えないと言われ、その話を断る。ウォンカには、あの素敵な工場よりも家族を選ぶチャーリーの気持ちが理解できなかった。

その後、失業していた父親にもいい仕事が見つかり、バケット家は幸福な日々を送る。ウォンカの方は、あれ以来スランプに陥り、おいしいチョコレートを作れなくなっていた。

ウォンカはスランプの原因が家族にあるのだと考え、チャーリーに付き添ってもらって、数十年ぶりに父親に会いに行く。父親は、天才ショコラティエとして活躍する息子の情報を仕入れ、ウォンカが紹介された新聞記事を大切に保管していた。久しぶりに再会したウォンカと父親は、ぎこちなく抱き合い、親子の絆を取り戻す。

ウォンカはチャーリーの家族も受け入れることにして、改めてチャーリーを工場に迎えたいと申し出る。今度はチャーリーもその申し出を受け入れ、家族と一緒に工場へ引っ越し、ウォンカの仕事を手伝い始める。チャーリーはウォンカのチョコレート工場を勝ち取り、ウォンカは何にも代えがたい家族を手に入れる。みんなは最高に幸せだった。

Amazon 映画『チャーリーとチョコレート工場』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 亜舞 桜餅 より:

    私も、エレベーターにぶつかるシーンが好きなんです!(´°▽°`)
    工場の雰囲気?が私の好きな感じで、幼稚園の時に思い描いていた、お菓子の国に似てるんですよ(°▽°)動画見たいけど、見ることができなくてじぁあネタバレ見にいくかぁーと思ってここに来ましたが、まさか、好きなシーンが一緒とは思いませんでした( ●≧艸≦)
    【文章ごちゃごちゃですみません(笑) 】

  2. 匿名 より:

    チャーリーの家族を思うひたむきな思い、貧しいながらも心豊かな家族、そして自由に生きながら孤独なウィリー・ウォンカがみんなと幸せに暮らすラストは何度見ても本当にうれしいものです。この映画の一番の見どころはなんといってもウンパ・ルンパの歌と踊りです。とにかく面白くてみんなの息もぴったり!劇中で子ども達に“あらかじめ練習していたみたい”と突っ込まれるほど。一番のお気に入りは最初の子どもオーガスタ・グループがチューブでチョコレートと一緒に吸い込まれていったあとの踊りです。とにかくノリがよくて思わず一緒に踊りたくなってしまいます。
    個人的にウィリー・ウォンカが透明なエレベーターにぶつかるシーンがお気に入りです、本当に面白くて声を出して笑ってしまいます。