『シカゴ(2002)』あらすじとネタバレ映画批評・評価

シカゴ(2002)の概要:「シカゴ」(原題:Chicago)は、2002年公開のアメリカ映画。監督は本作が映画デビューとなったロブ・マーシャル。主演は「ブリジット・ジョーンズの日記」のレニー・ゼルウィガー。「愛と青春の旅だち」、「プリティ・ウーマン」のリチャード・ギア。「マスク・オブ・ゾロ」、「エントラップメント」のキャサリン・ゼタ・ジョーンズ。ブロードウェイの伝説的振付師で演出家、ボブ・フォッシーによるトニー賞受賞作「シカゴ」を映像化した作品。

シカゴ

シカゴ あらすじ

映画『シカゴ(2002)』のあらすじを紹介します。

1920年代のシカゴ。ヴォードヴィルのスターを夢見るロキシー・ハート(レニー・ゼルウィガー)は、人妻でありながら自分をショーに売り込んでくれるというフレッド(ドミニク・ウェスト)と浮気をしていた。しかし、売り込んでくれるというのは彼女と寝るための嘘だということを知った怒りにより、フレッドを射殺し逮捕されてしまう。一方、ロキシーの憧れの歌姫ヴェルマ(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)も、夫と妹の浮気現場を目撃し夫を射殺した罪で逮捕されていた。しかしヴェルマは刑務所の女看守長を買収し、敏腕弁護士のビリー(リチャード・ギア)を雇って、夫と姉に裏切られた被害者として悲劇のヒロインを演じ、スターとしてのステイタスをさらに上げていた。それを真似ようとしたロキシーは、お人好しの夫エイモスを使ってビリーを雇う。ロキシーはマスコミの同情を買い、シカゴの犯罪史上最もキュートな殺人犯として刑務所の中から世間の注目を集めた。スターの座を得たロキシーはヴェルマを見下すが、社交界の花形令嬢キティー(ルーシー・リュー)が殺人事件を起こし、マスコミの関心はキティーに向けられた。ロキシーは巻き返しを図り、ビリーの弁護の下に無罪判決を勝ち取ったが、その途端にマスコミや世間は彼女から離れてしまう。瞬時にしてれ去られたロキシーに、同じ思いをしていたヴェルマがコンビを組もうと申し出る。

そしてロキシーとヴェルマは、コンビでデビューを果たし華やかなショーの舞台に立った。

シカゴ 評価

  • 点数:90点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2003年4月19日
  • 上映時間:113分
  • ジャンル:ミュージカル、コメディ
  • 監督:ロブ・マーシャル
  • キャスト:レニー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、リチャード・ギア、クイーン・ラティファ、ジョン・C・ライリー etc…

シカゴ 批評 ※ネタバレ

映画『シカゴ(2002)』について、2つ批評します。※ネタバレあり

ブロードウェイのステージ経験が活かされた圧巻のライヴ感

セクシーな姿態を披露するキャサリン・ゼタ・ジョーンズ。大人らしく変貌したレニー・ゼルウィガー。二人のゴージャスな存在感にまず魅せられる。物語をムードたっぷりに盛り上げる音楽と、躍動感溢れるダンスが見事に融合したクライマックスに、思わず興奮してしまうステージライクな派手な演出が光る。ブロードウェイで培ったロブ・マーシャル監督の面目躍如と言ったライヴ感覚が十分に発揮されている。そしてストーリーの中で展開される、どんな状況でも歌と踊りにしてしまうのはミュージカル映画のお約束であるが、監獄や法廷ならまだしも、絞首刑までが歌と踊りの演出に組み込むところが何ともクレージーである。弁護士役を演じるリチャード・ギアまでもがノリノリであり、撮影現場の盛り上がりが手に取るように分かる。 役者を乗せる手腕の巧さと、音楽とダンスのマッチングも絶妙な、ブロードウェイ舞台での経験が活かされた渾身の一作である。

シニカルでブラックなユーモアも見どころ

物語の展開において、登場人物の心象風景を描くためセットと衣装がチェンジされ、ミュージカルシーンへ導入される革新的な構成になっている。従来のミュージカルには観られない刺激的なスタイルである。そして1920年代のシカゴでは、犯罪がスキャンダルとしてメディアの消耗品として扱われ、アメリカの闇の部分がブラックジョークを交えシニカルに表現されているのも痛快である。「イエス・キリストがシカゴに住んでいて、俺に5千ドル払えば、磔にはされなかった」と宣う弁護士の歌と踊りが観られる映画なんて、なんとも洒落ているではないか。

まとめ

何と言っても二人の女優が素晴らしく輝いている作品である。「ブリジット・ジョーンズの日記」のレニー・ゼルウィガーが、ここまでセクシーに変貌できるというのは想像がつかなかった。彼女の作品はジム・キャリー主演の「ふたりの男とひとりの女」みたいなコメディがよく似合っていると思っていたのだが、そのオールマイティなセンスがこういった映画にも発揮できるのだと感心する。キャサリン・セダ・ジョーンズの美貌は言うまでもなくこの役にあてはまっているが、レニー・ゼルウィガーの演技は過去のギャップも相俟って作品の中で際立っている。

Amazon 映画『シカゴ(2002)』の商品を見てみる