映画『チャイナタウン』あらすじネタバレ結末と感想

チャイナタウンの概要:ある依頼を受けた私立探偵が巨大な黒幕のうごめく殺人事件に巻き込まれていく。ロバート・タウンの巧みな脚本をロマン・ポランスキー監督が見事に映像化し数多くの賞を受賞した名作。主演はジャック・ニコルソン。1974年公開のアメリカ映画。

チャイナタウン あらすじネタバレ

チャイナタウン
映画『チャイナタウン』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

チャイナタウン あらすじ【起・承】

1937年ロサンゼルス。私立探偵をしているジェイク・ギテス(ジャック・ニコルソン)のもとにモーレイ夫人と名乗る女性が夫の浮気調査の依頼に来る。彼女の夫は水源電力局の施設部長をしているホリス・モーレイであり、ギテスはモーレイの尾行を開始する。

もとが砂漠だったロサンゼルスでは水が何よりも重要だった。現在も新たなダム建設の計画が進んでいたが、モーレイは地質の弱い土地に建設したダムが決壊し甚大な被害を出した事故を教訓とし、この計画に反対していた。

ギテスは仕事一途なモーレイが浮気しているとは思えなかったが、彼は確かに若い女性と密会していた。その現場を押さえた写真はギテスの知らないところで新聞にスキャンダルとして掲載され、モーレイと女性は行方不明となる。

ギテスはモーレイの本物の妻であるイヴリン(フェイ・ダナウェイ)から告訴される。これには何か裏があると睨んだモーレイは、独自で真相を探り始める。そんな時、貯水池でモーレイの水死体が上がる。イヴリンはなぜか警察に偽物の夫人の存在を隠し、ギテスを正式に雇う。調査を続けるギテスは事件の黒幕の手先に手を引くよう脅される。

偽のモーレイ夫人になったアイダという女性から“自分は頼まれただけだ”と連絡が入る。ギテスは誰かが貯水池の水を何万トンも捨てていることを突き止め、モーレイはそれに気づいたことで殺されたのだと確信する。

このロサンゼルスに水源を開発したのはモーレイとノア・クロス(ジョン・ヒューストン)という人物だった。イヴリンはクロスの娘であることがわかり、ギテスはクロスと会う。クロスはギテスに高額な報酬でモーレイの愛人を探して欲しいと依頼する。

チャイナタウン あらすじ【転・結】

ギテスは水源電力局が特別に給水しているという北西部の土地が最近派手に売買されていることに目をつけ、その土地を見に行く。そこで立ち退きの嫌がらせをしに来た業者と勘違いされ、農民に痛めつけられる。気を失ったギテスをイヴリンが迎えに来る。

最近土地を買った地主は全てある老人ホームの入居者たちだとわかり、ギテスとイヴリンはその老人ホームへ向かう。本人の知らない間に地主となった老人の共通点は身内がクロスの経営する釣りクラブの会員であることだった。

そこで黒幕の手先から襲撃されたギテスはイヴリンに助けられ、彼女の自宅へ行く。その夜2人は愛し合う。深夜に電話で呼び出されたイヴリンを、ギテスは密かに尾行する。ある一軒家に入ったイヴリンはモーレイの愛人と会っていた。

翌朝、ギテスはアイダが殺害された現場に呼び出される。警察はイヴリンをモーレイ殺害の容疑者と見ており、イヴリンを出頭させないとギテスも逮捕すると言う。ギテスはイヴリンの自宅へ向かうが、彼女はすでにいなかった。自宅の庭の池でメガネを見つけたギテスは、イヴリンがここでモーレイを殺害したのだと思い込み、イヴリンを追う。

ギテスに詰問され、イヴリンはついに真相を打ち明ける。実はモーレイの愛人とされた女性はイヴリンが15歳の時に出産した娘だった。しかも父親はクロスであり、メキシコへ逃げたイヴリンをモーレイがずっと守ってくれていた。クロスから娘のキャサリンを守ろうとしているイヴリンを、ギテスはひとまずチャイナタウンへ逃がす。

全ての黒幕はクロスだった。クロスは大金とキャサリンを手に入れるため、邪魔なモーレイを殺害した。ギテスはクロスと手先に脅され、イヴリンのいるチャイナタウンへ向かう。そこにはすでに警察も来ており、ギテスは警察に真実を訴える。しかし警察が頼りにならないとわかっていたイヴリンは、キャサリンを乗せて車を走らせる。警察は車に向かって発砲し、停車した車からはクラクションが鳴り響く。

チャイナタウン 評価

  • 点数:95点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:1974年
  • 上映時間:131分
  • ジャンル:フィルムノワール、ミステリー
  • 監督:ロマン・ポランスキー
  • キャスト:ジャック・ニコルソン、フェイ・ダナウェイ、ジョン・ヒューストン、バート・ヤング etc

チャイナタウン 批評・レビュー

映画『チャイナタウン』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

最高に秀悦な脚本

ロサンゼルスという土地の特徴を活かし、水をキーワードにしたミステリーが思わぬ方向へと進んでいく本作。ジャック・ニコルソンの演じる私立探偵のギテスとともに殺人事件の真相にジリジリと近づいていく脚本は実に巧みであり、開始早々からどっぷりとこの物語に引き込まれる。

ストーリーが進むにつれ、水が乏しいロスの水源をめぐる汚職事件とフェイ・ダナウェイの演じるイヴリンに隠された秘密が微妙にクロスしていく。そのためギテスは事件の真相に近づくにつれ、イヴリンへの疑惑も深めざるをえない。しかしイヴリンの印象はどんどん良くなり、ついには彼女を愛するようになっていく。そうなると謎解きだけではない複雑なギテスの感情も絡み始め、物語からますます目が離せなくなる。

ストーリー展開が巧みであることに加え、各人物のキャラクター設定も見事だ。その人物の背景や性格、様々な嗜好まで考え抜かれていることが本作の随所に見て取れる。このロバート・タウンの脚本がアカデミー脚本賞を受賞し、現在も高い評価を得ていることは本作を一度鑑賞すればすぐに納得がいく。これほど秀悦な脚本はそうあるものではない。

全てにおいて完成度の高い映画

どれほど見事な脚本があっても、それだけで名作は生まれない。その脚本をいかに演出し映像化していくかは監督やキャスト、そして各スタッフの手腕にかかっている。その点でも本作はほとんど全てにおいて成功している。その一例はキャスティングにも見られる。

主演のジャック・ニコルソン、ヒロインのファイ・ダナウェイに加えて、悪の親玉であるノア・クロスを演じたジョン・ヒューストンの存在感は素晴らしい。世の裏側にはびこる悪を嫌というほど見てきたはずのギテスでさえ驚く、真っ黒な腹を持つ男をジョン・ヒューストンはすごい貫禄で演じている。声を張り上げて怒りをあらわにしたり、暴力を振るったりするシーンはひとつもないのに、巨大な悪魔のように彼は恐ろしい。

この個性的なキャスティングだけ見ても、ロマン・ポランスキー監督の異才ぶりを感じずにはいられない。

チャイナタウン 感想まとめ

映画ファンなら誰もが知るような名作であり過去にも鑑賞しているが、改めて見直してもやはり夢中になれる。何度見ても本作は最初から最後まで面白く、鑑賞後に高い満足を得られる。これは名作と呼ばれる作品に共通する特徴だ。では、どんな条件が揃えばそういう映画ができるのか…その謎を全て解明できたら、自分も監督をしてみたいものだ。

専門家の評価は高いが一般的な映画ファンには難解すぎるような名作とは違い、初めて映画を見る人にでもこの作品は楽しめる。まずは自分の目でこの面白さを確かめてほしい。

Amazon 映画『チャイナタウン』の商品を見てみる