映画『ショコラ(2000)』あらすじネタバレ結末と感想

ショコラ(2000)の概要:ジュリエット・ビノシュ主演のショコラと人を繋ぐファンタジー。共演はジョニー・デップ、ジュディ・デンチ、アルフレッド・モリーナ。「ギルバート・グレイプ」のラッセ・ハルストレム監督の2000年米国映画。

ショコラ あらすじネタバレ

ショコラ
映画『ショコラ(2000)』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

ショコラ あらすじ【起・承】

1959年、フランスの小さな村ランスケ。ある北風が吹く冬の日、シングルマザーのヴィアンヌ(ジュリエット・ビノシュ)と娘アヌークが村にやってきた。ヴィアンヌは、ショコラ専門店マヤを開店するが、カトリックの聖なる断食の季節にショコラなんてと変わり者だと思われてしまう。

この村は、カトリックを信仰し、封建的な考えが根付いていた。敬虔なクリスチャンである、村の指導者・レノ伯爵(アルフレッド・モリーナ)は、ヴィアンヌを無神論者として差別し、村人には関わらないよう言うのだった。

ヴィアンヌの店には、色とりどりのショコラが並び、美味しそうな匂いに満ちていた。2000年前のレシピで作ったホットチョコレートもおすすめだ。ヴィアンヌが客の好みにあったショコラを選び渡すと、次第に村人の心にも変化が現れ始めます。

ある日、夫の暴力に悩むジョセフィーヌが店にやってきた。しかし、ショコラを忘れて帰ってしまう。次に訪れたのは、ヨークシャテリアを連れた老人ギョーム・ブルロ。アデル夫人に片思いしているが、言い出せない。

ヴィアンヌはそんなブルロに、ショコラを贈ることを提案した。店の常連客になったのは、気難しいが温かいアルマンド(ジュディ・デンチ)。娘と仲が悪く、孫リュックと会えないことに寂しさを感じていた。

ホットチョコレートにチリペッパーを入れて出すと、アルマンドは夢中になって飲んだ。一方、ヴィアンヌの娘アヌークは学校でいじめられてしまう。彼女の空想の友達パントゥールをバカにされたのだ。また彼女は度々、ヴィアンヌのおじいさんの昔話を聞かせてほしいとせがむ。

ヴィアンヌの父と母の話は、ショコラと放浪の物語だった。ヴィアンヌの作るショコラはマヤ時代に起源があるのだ。

ショコラ あらすじ【転・結】

ヴィアンヌの店には活気があったが、レノ伯爵によってよからぬ事を吹聴されてしまう。怒ったヴィアンヌは直談判するが、イースターまでに店をたたむだろうと言われてしまう。店にジョセフィーヌがやってきて、悩みを打ち明けます。”夫と別れる勇気がないの・・”と。

ジョセフィーヌは、ヴィアンヌのショコラを気に入り、元気を取り戻す。一方、アルマンドは孫リュックと店で再会した。孫リュックは絵が上手。今度、アルマンドの絵を描く約束をして帰ります。

ある夜、夫の暴力に耐えかねたジョセフィーヌが家出してきた。ヴィアンヌは店で保護し、レノ伯爵に夫の暴力について相談。宗教の力で、セルジュを改心させようとするがなかなかうまくゆかない。

こうして、ヴィアンヌの店は村人に受け入れられ、繁盛していた。ある日の午後、村の河に流れ着いたジプシーの家族と出会う。村では、ジプシーを差別し関わらないようにする運動があったが、ヴィアンヌだけは関わってゆく。

娘と共に、ジプシーの青年ルー(ジョニー・デップ)に会い、彼のギターを聞きながら、楽しい時を過ごす。ルーが好みそうなショコラをヴィアンヌは渡すが、美味しいけど好むショコラではないと言われてしまう。

ある晩、店にジョセフィーヌの夫セルジュがやってきて、店を滅茶苦茶にしてしまう。フライパンで彼を撃退するジョセフィーヌ。夫からの独立を誓う。ヴィアンヌは娘が村人から、悪魔と言われ悩んでいる事を知り、パーティを計画した。

屋外でのパーティには、ジプシーの青年ルーも招かれた。ショコラ尽くしのメニューをアルマンドらと楽しんだヴィアンヌは、デザートをルーの船で食べる事を提案した。パーティの日、リュックはアルマンドに絵をプレゼント。”若く描けたね!”とアルマンドは喜ぶ。

しかし、黙ってパーティに出席した事がリュックの母にばれてしまう。またジョセフィーヌの夫が、パーティの事をレノ伯爵に密告。パーティが終わった後、ルーの船に火が放たれてしまう。

ルーと結ばれたジョセフィーヌだったが、船を燃やされ、娘アヌークを必死で探した。アヌークもジョセフィーヌも無事だった。しかし、糖尿病を患っていたアルマンドは自宅で静かに亡くなった。

アルマンドの葬式が行われ、ヴィアンヌも参加したが心ない言葉を投げかけられてしまう。アルマンドの死に責任を感じたヴィアンヌは娘を連れて村を去ろうとするが、村人が自分達親子を受け入れてくれた事を知りとどまります。ルーは、扉を直す事を約束して新しい土地へ。

イースター当日。若い司祭は、自分の言葉で語り始めた。”神の神性よりも人間性を語りましょう。否定するのではなく、何を受け入れるかが重要ではないか”と説いた。村人は感動した。

再び、北風が吹いたがヴィアンヌは娘と共にこの地で暮らし続けた。

ショコラ 評価

  • 点数:85点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2000年
  • 上映時間:121分
  • ジャンル:ファンタジー、ラブストーリー、ヒューマンドラマ
  • 監督:ラッセ・ハルストレム
  • キャスト:ジュリエット・ビノシュ、ヴィクトワール・ティヴィソル、ジョニー・デップ、アルフレッド・モリナ etc

ショコラ 批評・レビュー

映画『ショコラ(2000)』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

心を溶かすようなショコラ・ファンタジー

もし、美味しい映画が観たいと思ったら、「ショコラ」がいい。マヤ時代からの伝統のショコラを瞳で味わえるだろう。古い村の因習を変え、新しい風を吹き込んだ親子とジプシーの青年ルーが織り成す愛の物語です。

カトリックの教えを守るのはいいが、極端にいきすぎると隣人やジプシーへの差別につながってしまう。小さな村での住民との軋轢をヴィアンヌのショコラが変えてゆく過程がとても素敵。

特にアルマンドを演じる、ジュディ・デンチ。気の強いおばあさんだが、ホットチョコレートを飲みながらヴィアンヌの心を温めてくれます。娘との対立や孫に会えない寂しさ。彼女が演じると、内面性がリアルに浮かび上がってくるからスゴイ。

ジュディ・デンチの存在感&演技力に最後まで圧倒されますよ。暴力をやめられない夫から逃げてきたジョセフィーヌもいい。離婚したいのにカトリックの戒律が邪魔しているのが切ない。

また最大の見どころは、ジプシーの青年ルーを演じる、ジョニー・デップ。これまでたくさんのジョニー・デップ主演作を観てきたが、この映画の彼のカッコよさには胸がキュンとなってしまう。

ギターを弾く彼の演技に注目して欲しい。ショコラだけでなく、ギターの音色にも癒されます!

北欧映画への扉~ラッセ・ハルストレム監督作品の魅力

北欧映画と聞くと、日本人にはあまり馴染みがないように思いますが、実はヒットする映画にたくさん北欧出身映画人がいます。「ショコラ」のラッセ・ハルストレム監督作品の魅力をみてゆこう。

ラッセ・ハルストレム監督は、スウェーデン・ストックホルム出身の59才。「ショコラ」のほか、レオナルド・デカプリオ主演の「ギルバート・グレイプ」(93)や「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」(85)など多くの名作を生み出しています。

魅力は、犬を主役にした物語やファンタジーが多く、役者の使い方が上手いところ。彼の魔法にかかると、犬でさえ生き生きとした演技を魅せ、じんわりと温かい気持ちになれるのです!

特に大ヒットした「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」の子供たちの演技は素人を使っているとは思えないくらい、感動します。ハリウッドへ活動の拠点を移したきっかけになったともいわれる作品です。

ハリウッド映画にはない、素朴さや風土の厳しさが織り込まれた北欧映画をぜひ、ご覧下さい。

ラッセ・ハルストレム監督の最新作は、2017年に公開予定の「A DOGS PURPOSE」(原題)です。お楽しみに!

ショコラ 感想まとめ

今から16年前に製作されたラッセ・ハルストレム監督の「ショコラ」。何度観ても、味わい深い作品です。古い村ではカトリックの厳格な教えに守られていましたが、ヴィアンヌやルーといったよそ者を排除する動きや差別がありました。

そんな悪しき因習を一粒のショコラが変えてゆくのです!劇中に描かれる、ホットチョコレートやチリ産のショコラへの甘い誘惑が止まりませんでした。ショコラには、催淫効果もあるとか。恋に効きそうですね。

ショコラも食べたいのですが、アルマンドを演じたジュディ・デンチに心を持っていかれました。気難しいけど、しっかり者のおばあちゃん。彼女がいなかったら、ヴィアンヌはくじけていたかもしれません。

アルマンドと孫リュックの再会シーンに泣けます。家族の絆や信仰とは何かということをこの映画から、考えてみてはどうでしょうか。

Amazon 映画『ショコラ(2000)』の商品を見てみる