映画『クリスティーナの好きなコト』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「クリスティーナの好きなコト」のネタバレあらすじ結末

クリスティーナの好きなコトの概要:気軽な恋なら百戦錬磨のモテ女が、本気の恋に乗り出した!ノンストップのおバカな下ネタを、ラブコメの女王キャメロン・ディアス率いる美女達がキュートに送る、底抜けに明るいラブストーリー。

クリスティーナの好きなコトの作品概要

クリスティーナの好きなコト

公開日:2002年
上映時間:84分
ジャンル:コメディ、ラブストーリー
監督:ロジャー・カンブル
キャスト:キャメロン・ディアス、クリスティナ・アップルゲイト、セルマ・ブレア、トーマス・ジェーン etc

クリスティーナの好きなコトの登場人物(キャスト)

クリスティーナ(キャメロン・ディアス)
28歳独身。広告会社勤務。美人で明るく、ボーイフレンドは星の数ほど。クラブ通いが趣味で、恋愛は軽く楽しむものと考えている。小心なところもあり、一度悩みだすと煮え切らない一面も。
コートニー(クリスティナ・アップルゲイト)
クリスティーナの親友で、ルームメイト。弁護士。豊胸手術した胸が自慢。自他共に認める肉食系女子で、裏表のないサバサバした性格。クリスティーナの為に一日車を走らせる、情に厚い姉御肌。
ジェーン(セルマ・ブレア)
クリスティーナとコートニーの友人。同棲していた恋人にフラれ、二人のアパートに転がり込む。ブティック勤務。恋愛指南書を読んだり、クラブではしゃぎきれなかったりする生真面目な性格だが、のめり込むと羽目を外してしまう。
ピーター(トーマス・ジェーン)
サマセット市で不動産業を営む男。結婚を控えているが、クラブで出会ったクリスティーナに惹かれる。ハンサムで、ユーモアもあるが、キスは下手。

クリスティーナの好きなコトのネタバレあらすじ

映画『クリスティーナの好きなコト』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

クリスティーナの好きなコトのあらすじ【起】

恋多きクリスティーナのモットーは、気軽な恋愛だ。男達の誘いには気のあるフリをし、嘘の電話番号を教え、簡単にキスはしても決して本気にならない。街には、彼女との恋愛がトラウマになっている男達が溢れかえっていた。親友のジェーンが彼氏にフラれたと聞いたクリスティーナは、彼女から恋愛マニュアルを取り上げ、本気になりすぎたからだと忠告した。気軽な恋を楽しんでいれば、いつか自分にふさわしい男が現れた時、自然と本気の恋にシフトしているはずだとクリスティーナは信じている。

そのジェーンに新しい男を見つけるため、クリスティーナは、ルームメイトのコートニーと三人連れ立ってクラブへ出かけた。行列で入場規制のクラブも、クリスティーナがいれば顔パスだ。コートニーは早々に相手を見つけ、口説きにかかる。クリスティーナは、通りがかったイケメンの尻を掴んで、ジェーンを紹介した。しかし、ピーターと名乗ったその男は、人を待たせているらしく立ち去ろうとする。これにカチンときたクリスティーナは、彼をカス呼ばわりし、二人の口論が始まった。美人で愛想の良いクリスティーナが男からバカにされるなんて、めったにない事だった。

女子トイレでコートニーと落ち合い、愚痴を吐くクリスティーナ。しかし、コートニーから見れば、クリスティーナは既にピーターに惹かれているようだった。これを否定したクリスティーナは勢いよくトイレを飛び出し、ドアで跳ね飛ばした男が通行人のグラスを落とさせた。酒をこぼした通行人が、ピーターだった。

クリスティーナの好きなコトのあらすじ【承】

お詫びに、ピーターに酒をおごるクリスティーナ。先ほどとは打って変わって、感じの良い会話が弾む。兄を待たせていたピーターが、苛立っている時に声をかけてしまったらしい。その兄も合流したが、落ち着いた弟とは違い、騒がしい酔っぱらいのパーティー男だった。土曜に兄の結婚式があり、今日は仲間内でホテルのスイートに集まっていると言うピーター。彼はそのパーティーにクリスティーナを誘うが、彼女は断り、二人の再会はあっさりと幕を閉じた。

翌朝、クリスティーナは部屋に一人だった。コートニーは男とパーティーへ行き、ジェーンも自力で相手を見つけていた。二度寝したクリスティーナは、ピーターの夢を見る。心を決めて、ホテルに電話をかけるクリスティーナ。しかし、ピーター達は既にチェックアウトした後だった。

嘘か真か、パーティーでは酔ったピーターがクリスティーナの名を叫んでいたと話すコートニー。クリスティーナもまた彼に電話したと聞き、いよいよ本気の恋だとけしかける。コートニーは、クリスティーナに土曜の結婚式に行くと約束させた。

クリスティーナの好きなコトのあらすじ【転】

結婚式が行われるサマセット市までは、車で3時間の道のりだ。間際になって行かないとぐずりだしたクリスティーナを説得し、コートニーが車を走らせる。物を捨てられないコートニーの車はゴミだらけで、ウジの湧いたチキンを窓から捨てたところ、見事フロントガラスに命中した。途中のガソリンスタンドで車を洗車に出し、汚いトイレに寄った二人は、結局礼服を水浸しにしてしまう。

サマセット市に着くと、教会探しよりも先に町のブティックに駆け込むクリスティーナとコートニー。その店のセンスはひどいが、一番近い洋服店まで30km以上あるという。下半身は下着姿で、式の時間も迫っている二人は、仕方なくド派手なドレスを購入した。どうやら、ピーターの兄の結婚式に出ているゲストも、半分以上はこの店でドレスを用意したらしい。

無事に教会に着いたクリスティーナ。彼女がトイレに駆け込むと、そこはブライズルームだった。マリッジブルーで過呼吸になった花嫁を励まして送り出し、用を足すが、既に式が始まり教会から締め出されてしまう。なんとか横のドアから入り込むも、祭壇で花嫁と並んで立っていたのは、あろうことかピーターその人だった。動転して花台をひっくり返し、逃げるようにその場を後にするクリスティーナとコートニー。

クリスティーナの好きなコトのあらすじ【結】

三週間後。コートニーには、新たな恋人が出来ていた。医師で見た目は少し冴えないが、クリスティーナもジェーンも人の良い彼が気に入った。コートニーも本気のようで、彼女にしては珍しく、まだ体の関係は持っていないという。

相変わらず独り身のクリスティーナは、以前ジェーンが読んでいた恋愛指南書を読み漁り、「恐れるな」というメッセージに辿り着く。彼女が本気の恋愛をしてこなかったのは、フラれて傷つくのを恐れていたからだ。もしあの結婚式が本当に兄のもので、ピーターと再会していたとしても、自分はいつものように気楽な、嘘の電話番号を教える関係を築いてしまっただろう。

落ち込むクリスティーナを、クラブに連れ出すコートニーとジェーン。心を入れ替えたクリスティーナは、ナンパしてきた男と本気で向き合おうと話しかける。すると、今度は重たい女だといって拒否されてしまった。傷心してアパートに帰ると、そこには、彼女の帰りを待ちくたびれたピーターが眠りこけていた。

結婚式の日、ピーターと花嫁は永遠の愛を誓わなかった。二人とも、お互いへの愛が無くなっていたことに気づいたのだ。元花嫁は、結婚資金を使ってバリでのバカンスに出かけた。ピーターも中米へ気分転換に出かけようとしたところ、顔なじみのブティックに偶然立ち寄る事になり、そこの顧客台帳でクリスティーナの住所を見つけたのだ。台帳には、コートニーがふざけて「クリスティーナ ラブ ピーター」と記してあった。

ようやく本音をぶつけ合い、キスをする二人。ピーターの下手なキスは、クリスティーナのお気に召さなかった。クリスティーナは「気が向いたら電話する」と言い残し、その晩二人は別れる。

後日、ピーターの隣にはクリスティーナの姿があった。傍らの写真立てに飾られているのは、ウェディングドレス姿のクリスティーナを抱き上げるピーターと、二人を祝うコートニーとジェーンが笑っている写真だった。

Amazon 映画『クリスティーナの好きなコト』の商品を見てみる