『忠臣蔵外伝 四谷怪談』あらすじ&ネタバレ考察・ストーリー解説

有名な四谷怪談の話と赤穂浪士の忠臣蔵の話を、民谷伊右衛門が元赤穂藩の浪士であったという説を基に深作欣二監督がオリジナル脚本で映画化したもの。主演は佐藤浩市、高岡早紀、共演は津川雅彦、渡瀬恒彦、石橋蓮司、蟹江恵三、荻野目恵子、近藤正臣、他。

あらすじ

忠臣蔵外伝 四谷怪談』のあらすじを紹介します。

伊右衛門は浪人の父と琵琶弾きで糊口をしのぐ貧しい暮らしで育った。縁あって赤穂藩に仕えることが叶ったが、浅野内匠頭の江戸城松廊下の吉良上野介への刃傷事件によって、浅野内匠頭は切腹、赤穂藩は取り潰しとなり、伊右衛門は再び浪々の身となる。

再び浪人の琵琶弾きに身を落として暮らす中で娼婦のお岩と知り合い、お岩は伊右衛門の長屋に転がり込んでしまう。最初は仲睦まじく暮らしていたが、伊右衛門がひょんなことから吉良上野介家臣・伊藤喜兵衛の孫娘お梅から気に入られ、婿養子話を持ち掛けられたことから伊右衛門の気持ちに邪心が芽生える。邪魔なお岩を消すために喜兵衛と伊右衛門は手下のお槇を使ってお岩を毒殺してしまう。

お梅と祝言を迎えた晩、お岩は亡霊となってお梅に乗り移り伊右衛門にその変わり果てた姿を見せると、伊右衛門は錯乱し、お梅と喜兵衛を惨殺して逃走してしまう。吉良家家臣の清水一学は盗賊の仕業にして事件を隠す。そして一学は伊右衛門と再会し、川崎に入った大石内蔵助を斬れと命じる。伊右衛門は大石内蔵助の潜伏先に赴くが、結局内蔵助を斬る事は出来ず屋敷を警護していた堀部安兵衛ら赤穂浪士の手にかかって斬られてしまう。

いよいよ吉良上野介の屋敷へ討ち入る四十七士と共に伊右衛門はその場を彷徨うが、既に亡霊となった伊右衛門は内蔵助らの目には見えない。お岩の亡霊も吉良邸に現われ、自分を毒殺した吉良家臣を殺し赤穂浪士の仇討ちの手助けをする。
四十七士が本懐を遂げた後、亡霊となってようやく結ばれた伊右衛門とお岩は四十七士に琵琶の音色を聴かせる。

評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★☆☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★☆☆☆
  • 設定:★★☆☆☆

作品概要

  • 公開日:1994年10月22日
  • 上映時間:106分
  • ジャンル:ホラー、時代劇
  • 監督:深作欣二
  • キャスト:佐藤浩市、高岡早紀、荻野目慶子、石橋蓮司、渡辺えり etc…

ネタバレ考察・ストーリー解説

『忠臣蔵外伝 四谷怪談』について、考察・解説します。※ネタバレあり

お岩が亡霊パワーで忠臣蔵の仇討ちを加勢する!歌舞伎の仮名手本忠臣蔵をベースに新たな四谷怪談の解釈

深作欣二監督が歌舞伎の仮名手本忠臣蔵と東海道四谷怪談の背景の繋がりをベースにして、脚本家の吉田求と共に書き上げたオリジナル脚本で制作された映画。深作欣二らしい人間の業を生々しく出した演出が濃いが、演じる役者も佐藤浩市はじめ石橋蓮司、高岡早紀、蟹江敬三、六平直政らの濃いキャラクターが十分応えている。民谷伊右衛門が赤穂藩士であったという説は定かではないが、2つの話を繋げることで、よりドラマ性を持たせたいという狙いだと思うが、通して見た印象としてはやや無理があるかなと思った。

伊右衛門と堀部安兵衛の交流と辻斬りで資金稼ぎをしていたことや伊右衛門が内蔵助に会いに行くところなど特にそういう印象を強くする。しかし伊右衛門のキャラクター付けとしては、貧しい育ちから辻斬りをしてしまうことから狂気の性格を帯びていくところは、今までの色悪的な面ばかりでは無いところを見せて斬新ではある。

今回の演出はかなりおどろおどろしい面が強調されていて、特に渡辺えり演じるお梅の侍女・お槇の気色悪さは特筆ものである。

お梅の祖父である伊藤喜兵衛が吉良家臣という設定から、お岩にとっては吉良家はにっくき仇となるため、四十七士の討ち入りに加勢することになるという設定にはちょっと驚かされた。なにせここからお岩は怪談物というよりアメリカンホラーのようなパワーを発揮して、吉良家臣の清水一学らを殺していくのだから。しかし仇討ちを成就させるためにはこの手法が良かったのだと思う。

お岩は怨みを晴らし、四十七士は吉良上野介の首を討ち取り、伊右衛門はようやくお岩への愛を確認する。

死んでようやく結ばれるという設定は忠臣蔵の話と絡めなければ絶対に成り立たなかった話だ。

まとめ

ただの怪談話ではなく伊右衛門とお岩の愛の成就で終わらせるところは今までにない解釈で、実際は中の良い夫婦だったという伊右衛門んとお岩の物語に違う展開の可能性を見せた映画といえる。お岩の毒殺も伊右衛門は伊藤喜兵衛に聞かされて初めて知るという設定もラストのシーンを描くためには、伊右衛門毒殺犯にさせては説得力を欠くだろう。他の共演陣では前記以外にはお梅役の荻野目慶子の目のキレぶりは中々のもの。それにしても高岡早紀のボディは悩殺的魅力十分だ。惜しげもなく見せるバストの豊かさには目を瞠らされた。一見の価値あり。
Amazon 映画『忠臣蔵外伝 四谷怪談』の商品を見てみる