映画『コクーン2 遥かなる地球』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『コクーン2 遥かなる地球』のネタバレあらすじ結末

コクーン2 遥かなる地球の概要:アンタレス星へと旅立った老人ホームの仲良しトリオが、地球へ里帰りを果たす。しかしアンタレス星人の眠る繭が、研究機関の手に渡ってしまい…。アカデミー受賞SFファンタジーの続編。

コクーン2 遥かなる地球の作品概要

コクーン2 遥かなる地球

公開日:1988年
上映時間:117分
ジャンル:SF、ヒューマンドラマ、ファンタジー
監督:ダニエル・ペトリ
キャスト:ドン・アメチー、スティーヴ・グッテンバーグ、ターニー・ウェルチ、ブライアン・デネヒー etc

コクーン2 遥かなる地球の登場人物(キャスト)

ベン / 本名:ベンジャミン・ラケット(ウィルフォード・ブリムリー)
娘と孫を地球に残し、不老不死の惑星アンタレス星で暮らしていた。アンタレス星で暮らす者は、星の影響で若者顔負けの生命力を持っている。
アート / :本名アーサー・セルウィン(ドン・アメチー)
ベンと同じくアンタレス星に移住。妻のベスとラブラブ新婚生活を送っている。
ジョー / 本名:ジョセフ・フィンレイ(ヒューム・クローニン)
ベンと同じくアンタレス星に移住。白血病を患っていたが、アンタレス星の不老不死の力で全快。
バーニー / 本名:バーナード・レフコウィッツ(ジャック・ギルフォード)
仲間内でただ一人、アンタレス星に移住しなかった。友人たちと遠く離れ、妻の墓参りだけが生きがいのむなしい日々を過ごしている。
ジャック・ボナー(スティーヴ・グッテンバーグ)
前作で受け取った謝礼金を元手に、観光客相手のクルージングツアーで商売している。アンタレス星人のキティが好きだが、文化の違いからなかなかうまくいかない。
キティ(ターニー・ウェルチ)
アンタレス星人。地球では若い女性に扮している。海底地震の予兆を知り、海底で眠る仲間たちを連れ帰りに来た。
デヴィッド(バレット・オリヴァー)
ベンの孫息子。祖父母がアンタレス星に行ってしまってさみしい思いをしていた。
マリリン・ラケット(モーリン・ステイプルトン)
ベンの妻で、アンタレス星に移住。孫の事を目に入れても痛くないほどかわいがっている。
ベス・マッカーシー(グウェン・ヴァードン)
アートの妻で、アンタレス星に移住。はつらつとした性格。
アルマ・フィンレイ(ジェシカ・タンディ)
ジョーの妻で、アンタレス星に移住。ひょんなことから子どもたちの世話に生きがいを見いだす。
サラ(コートニー・コックス)
海洋研究センターの研究員。宇宙人の繭を引き上げ、親近感を覚える。
ルビー・ファインバーグ(エレイン・ストレッチ)
モーテルを営む未亡人。パワフルで底抜けに明るい。

コクーン2 遥かなる地球のネタバレあらすじ

映画『コクーン2 遥かなる地球』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

コクーン2 遥かなる地球のあらすじ【起】

アンタレス星に移住したベンら老人たちが、地球に帰ってきた。アンタレス星人のキティたちの用事についてきたのだ。ベンの孫デヴィッドは、祖父母との再会を喜ぶ。1人地球に残ったバーニーの元にも、アート、ベス、ジョー、アルマが向かっていた。バーニーは友人たちがアンタレス星に去った後、亡き妻の思い出とともに寂しく暮らしていたものだから、友人との再会に大喜びだ。あまりの喜びように皆は、キティたちの用事がすんだらアンタレス星に帰ることを言い出せなくなってしまった。

キティはジャックのもとを訪れ、船を出してもらう。海底地震の予兆があったため、海底に沈む仲間の繭を連れ帰りに来たのだ。しかし、1つの繭が海洋研究センターのもとへ渡ってしまう。海洋研究センターでは、研究者たちが繭を開けてしまっていた。宇宙人を見た研究者たちは、世紀の発見に大騒ぎだ。中でも研究者のサラは、宇宙人に親しみを感じていた。サラは宇宙人が透視能力を持っていることに気づく。繭が開けられたことを知ったキティたちは、仲間の命を心配する。生命維持装置である繭から出てしまった以上、一刻も早くアンタレス星に連れ帰らなければ死んでしまうだろう。ジャックはキティに協力することにする。

コクーン2 遥かなる地球のあらすじ【承】

アートが殴り倒してしまった。久々の地球を楽しむアートたちを前に、バーニーは妻の墓参りのため帰途につく。妻の事をいまだに引きずっている事に気づいたアートたちは、彼に恋人をつくろうと思い立つ。その夜ディスコに出かけた皆は、店にいたルビーをテーブルに誘う。バーニーのギャグでテーブルは盛り上がったが、その気になったルビーがバーニーにキスをした途端、バーニーは怒って帰ってしまう。

地球に帰ったことで、老人たちの気持ちに変化が出始めていた。ベンとメアリーは、永遠の命と孫息子デヴィッドの成長を近くで見ること、どちらを選ぶべきか悩んでいた。アルマは女の子のけがを手当てしたことがきっかけで、保育園で働かないかと誘いを受ける。手伝ううちにアルマはこの仕事に生きがいを感じ始めていた。無茶が大嫌いだったバーニーも、アートたちのパワフルさに触発され、今までなかった行動力が湧いてくる。ベスはまさかの超高齢妊娠がわかり、アートと喜びを分かち合う。一方ジョーは、病院で白血病再発を告げられるが、妻のアルマにもそのことを話せずにいた。もう手の施しようのない状態だったのだ。

コクーン2 遥かなる地球のあらすじ【転】

バーニーは非礼に対するお詫びも込めて、ルビーを食事に誘う。すっかり打ち解けた2人はいい雰囲気に。しかしバーニーは妻の幻覚を目にしてしまい、罪悪感にさいなまれる。そんなバーニーにルビーは、奥さんが死んでもあなたの人生は続くのだと言い、店を去ってしまう。一方キティは、ジャックに彼の将来を見せる。その映像では、ジャックは大きな屋敷で妻子と幸せに暮らしていた。未来の妻の首元には、ハート形のあざがある。

海洋研究センターでは、軍部のお偉い方が宇宙人を視察に来ていた。宇宙人の透視能力を軍事利用しようとする上層部に、サラは憤りを感じる。宇宙人は力を使ったせいで衰弱していた。

キティらアンタレス星人は、ベンたち男性陣の助けも借りて、海洋研究センターへ潜入することに決める。だが宇宙人の仲間を取り戻したら、皆がアンタレス星に帰るつもりだということがバーニーにばれてしまった。バーニーはジョーとケンカし、老人ホームへ帰ってしまう。ジョーの性格をよく知っているバーニーは、ジョーが病気を隠している事に気が付いていた。

保育園で働いていたアルマが、子どもをかばって事故に遭ってしまう。ジョーが病院へ駆けつけると、アルマは危篤状態だった。ジョーはアルマに自分の生命力を全て注ぎ込む。意識を取り戻したアルマのそばで、ジョーは眠るように息絶えた。

コクーン2 遥かなる地球のあらすじ【結】

救出作戦が始まった。ベンの後を追い駆け付けたデヴィッドの助けもあり、ベンたちは海洋研究センターから宇宙人を助け出すことに成功する。サラはベンが宇宙人を連れ出すのを目撃する。しかし、それがこの宇宙人を助けるためなのだというベンの言葉を信じ、黙って行かせることにした。

アンタレス星へ帰る時が近づいていた。迷いの末、老人たちはそれぞれの決断を下す。アートとベスは、無事に赤ん坊を出産するためにはアンタレス星へ帰る必要があった。ジョーを亡くしたアルマは、地球に残り保育園の仕事を続けることを決意する。ベンとメアリーも、デヴィッドの成長をこの目で見届けようと、地球に留まることに決めた。宇宙船が迎えにきた。アート夫妻やアンタレス星人たちは、ベンやバーニーたちと別れの抱擁を済ませ旅立った。

キティたちを乗せた宇宙船が旅立ち、ジャックは1人歩いていた。そこにサラが現れる。彼女は海洋研究センターを辞めていた。彼女の首元にハート形のあざを見つけたジャックは、彼女こそ、キティが見せてくれた未来の妻なのだと気付く。サラと2人で歩きながら、ジャックは星空を見上げるのだった。

Amazon 映画『コクーン2 遥かなる地球』の商品を見てみる

関連作品

前作 コクーン