コリン・ファースが出演するおすすめ映画5選

『英国王のスピーチ』で、アカデミー賞主演男優賞を受賞してオスカーに輝いた俳優コリン・ファース。他の作品でも数々の賞を受賞しています。大人気俳優コリン・ファースの出演作をご紹介します。

コリン・ファースは1960年生まれのイギリス出身の俳優。
ロンドン芸術大学で演技を学び、ドラマや映画、舞台などで活躍してきました。
『英国王のスピーチ』でアカデミー賞を受賞して以降、さらに評価は高くなりました。最近では、スパイ・アクション映画『キングスマン』に出演し、50歳を過ぎた体にも関わらず、驚くほどキレのある本格アクションを見せています。
それでは、コリン・ファースが出演するおすすめ映画5作品をご紹介します。

英国王のスピーチ

注目ポイント&見所

吃音症に悩むイギリス国王ジョージ6世と、言語療法士の友情を描いた、史実に基づく作品です。アカデミー賞では、作品賞を含め4部門を受賞しました。
ジョージ王は公の場で国王らしく振る舞うために、言語療法士ライオネルの治療とアドバイスで吃音症を克服していきます。ライオネルはオーストラリア出身で、国王とは釣り合わない身分です。しかし最後には二人は確かな友情を築きます。

⇒英国王のスピーチのあらすじとネタバレ感想

キングスマン

注目ポイント&見所

今までにないスパイ・アクション映画です。とにかくアクションシーンははちゃめちゃで、コリン・ファースの新しい扉を開いた感じ。もっとコリン・ファースを好きになれる作品です。
あまりにも過激で、下品で悪趣味な演出がかなり多いので、観る人を選ぶ作品かもしれませんが、2015年公開した多数のスパイ映画の中でも引けをとらない面白さです。
「キングスマン」でスパイとなるべく訓練をして成長するエグジーを演じるのは、新人のタロン・エガートン。続編の制作も決まっており、これからが楽しみな俳優です。

⇒キングスマンのあらすじとネタバレ感想

シングルマン

注目ポイント&見所

世界的ファッションデザイナーとして有名なトム・フォードの初監督長編映画です。恋人の死以来人生に絶望した男は、自殺を決意。その男の最期の一日を描いています。
ファッションデザイナーの監督作品ということで、単なるおしゃれ映画と思いきや、かなり心に刺さる素晴らしい作品です。
ストーリーに起伏がなく、面白い映画とは言えませんが、おそらく記憶に深く刻まれる作品となるでしょう。

⇒シングルマンのあらすじとネタバレ感想

裏切りのサーカス

注目ポイント&見所

自身もスパイを経験したジョン・ル・カレの原作小説を映画化した作品です。主演のスマイリーを演じるのはゲイリー・オールドマン。コリン・ファースは組織の幹部の一人で、重要な役どころのビル・ヘイドンを演じています。
東西冷戦下のイギリス秘密情報部を舞台に、ソ連との水面下の静かな戦いを描きます。映画でよく知られるド派手なスパイものではなく、実際にスパイ経験のあるル・カレの作品だからこそのリアリティある作品です。

⇒裏切りのサーカスのあらすじとネタバレ感想

マジック・イン・ムーンライト

注目ポイント&見所

ウディ・アレン監督・脚本のラブ・コメディ映画です。コリン・ファース演じる主人公のスタンリーは非科学的な物事を信じない堅物なマジシャン。エマ・ストーン演じるアメリカ人占い師の若く美しいソフィと出会ったことでスタンリーは変わっていきます。
悲観主義者の頑固な中年と、楽天主義者の女性が恋をするとどうなるか?
まるで魔法のようなハッピーになれるラブストーリーです。

⇒マジック・イン・ムーンライトのあらすじとネタバレ感想

まとめ

コリン・ファースは、大体どの作品でもスーツをビシッとかっこよく着こなしています。高身長で脚も長く、まさに英国紳士。
とにかく何をしてもかっこいいのですが、『キングスマン』ではその「英国紳士」キャラに本格アクションも加わり、今まで見たことのない新しいコリン・ファースの姿を見ることができました。
不思議ですが、年を取ればとるほど魅力的になる俳優ではないでしょうか。演技力も申し分ないので、これからの出演作も楽しみです。

関連ランキング

⇒キャスト別<日本俳優>はこちら
⇒キャスト別<海外俳優>はこちら