映画『コラテラル』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「コラテラル」のネタバレあらすじ結末

コラテラルの概要:数多くの代表作を持つトム・クルーズが、そのキャリアの中で唯一悪役を務めた話題作。そのキレのあるアクションで、絶対的に逃げ場のない恐怖感を観る者に与えさせる。

コラテラルの作品概要

コラテラル

公開日:2004年
上映時間:120分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:マイケル・マン
キャスト:トム・クルーズ、ジェイミー・フォックス、ジェイダ・ピンケット=スミス、マーク・ラファロ etc

コラテラルの登場人物(キャスト)

ヴィンセント(トム・クルーズ)
マックスのタクシーに乗り込んできた謎の男。実は殺し屋で、マックスを巻き込み次々と標的を殺していく。
マックス(ジェイミー・フォックス)
タクシー運転手。ある日ヴィンセントを乗せてしまったことで大事件に巻き込まれる。
アニー(ジェイダ・ピンケット=スミス)
マックスがのせた検事。マックスと話が弾み、彼に名刺を渡す。
ファニング(マーク・ラファロ)
突如起きた連続殺人の調査を担当している刑事。

コラテラルのネタバレあらすじ

映画『コラテラル』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

コラテラルのあらすじ【起】

タクシー運転手をしているマックスは、いずれ自身のリムジン会社を立ち上げるという夢がありました。そんな夢を語りながら、マックスはアニーという検事を乗せました。彼女との話は思いの外弾み、マックスはアニーから名刺を手渡されます。その次にマックスが載せた男は、ヴィンセントという顔立ちの整った男でした。随分裕福に見えるヴィンセントは、マックスに600ドル支払うので一つ頼みごとがしたいと提案しました。

ヴィンセントに指定されたビルの裏口で待機していると、なんとタクシーの屋根に1人の男が降ってきたのです。慌てて飛び出してみると、ラモンという男は既に何者かに殺され生き絶えた後でした。そしてラモンを殺した人物こそが、ヴィンセントだったのです。

ヴィンセントは実は殺し屋で、マックスを脅しラモンを運ばせます。マックスは、最早ヴィンセントの共犯として仕立て上げられつつありました。そしてヴィンセントは、マックスに次なる仕事場へ連れて行くように命じます。

コラテラルのあらすじ【承】

ヴィンセントには、殺しを依頼されている複数名のターゲットがいました。次の仕事場へと無理やり連れてこられたマックスは、ここに待っていろ、とヴィンセントに手をハンドルに括り付けられます。ヴィンセントがいなくなった隙に、マックスはクラクションを鳴らして助けを呼びますが、代わりにマックスの元を訪れたのはそこら一帯を根城とする強盗でした。

強盗はマックスの財布だけでなく、ヴィンセントが後部座席に置いておいた仕事用のブリーフケースも盗み出そうとします。そんな時、戻ってきたヴィンセントが強盗を射殺し、3人目のターゲットの元へと向かわされるのでした。

一方、ファニングという刑事がラモンの殺害現場に落ちている薬莢と血液に目をつけ、この事件の裏にいるであろう人物を追い求め始めます。一方、マックスはヴィンセントに脅されながら3人目のターゲットがいるとあるバーに同行させられていました。そしてそのターゲットも、マックスの目の前でヴィンセントによって殺されてしまったのです。

コラテラルのあらすじ【転】

マックスはヴィンセンに一泡吹かせてやろうと、彼の隙をついて彼の仕事道具であるブリーフケースを車から投げ捨ててしまいました。ブリーフケースがないと仕事ができないヴィンセントは怒り、マックスに依頼社であるフィリックスから新しく資料を受け取ってくるよう命じるのでした。

一方で、刑事ファニングは一連の事件を調査し、マックスこそがこの事件の審判に、そして通称ヴィンセントと呼ばれる殺し屋なのではないかと疑い始めます。そして、事件の被害者がフィリックスという男の関与が疑われている事件の証人であることに気がついたのでした。そして事件のもう1人の証人であるリムの保護に走りますが、ヴィンセントもリムを狙っていました。

2勢力は現場で鉢合わせ、ファニングはマックスが犯人ではないことに気がつきますがその矢先ヴィンセントに殺されてしまいました。怒ったマックスは、わざと自分の乗っている車を横転させ、ヴィンセントを止めようとしました。傷を負ったヴィンセントでしたが、何とかその場から逃げ出します。

コラテラルのあらすじ【結】

その事故現場に警察がやってきて、ヴィンセントがトランクに押し込めたラモンの死体を発見しマックスを逮捕しようとしました。しかし、マックスはフィリックスから新たに手に入れた資料から、ヴィンセントの次のターゲットがあのアニーである事を知ったのです。

マックスは警官を脅し、アニーを助けるべく走り出しました。まだ仕事場にいたアニーはマックスから連絡を受け、急いでその場から逃げ出そうとしますがヴィンセントに逃げ道を封じられてしまいます。マックスはアニーの仕事場に駆けつけ、アニーを連れて必死にヴィンセントから逃げ続けます。

地下鉄に乗り込んだ2人を、執拗にヴィンセントが追い続けます。そして、警察から奪った銃を使い、マックスとヴィンセントは車内で銃の撃ち合いとなりました。そして、マックスの銃弾は見事ヴィンセントの腹部に命中、ヴィンセントは車内のシートに座り込み、静かに息をひきとるのでした。マックスはアニーを連れ、静かに電車を降りて行きました。

Amazon 映画『コラテラル』の商品を見てみる