映画『カラーパープル』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「カラーパープル」のネタバレあらすじ結末

カラーパープルの概要:仲の良い姉妹は、父親によって引き離された。姉セリーは、強制的に寡夫に嫁がされる。召使同然の扱いを受けながらも、セリーは妹との再会を胸に日々を耐え抜く。スティーブン・スピルバーグによる、アフリカ系アメリカ人の人生史。11ものアカデミー賞にノミネートされるなど、反響を呼んだ。

カラーパープルの作品概要

カラーパープル

公開日:1985年
上映時間:153分
ジャンル:歴史、ヒューマンドラマ
監督:スティーヴン・スピルバーグ
キャスト:ウーピー・ゴールドバーグ、マーガレット・エイヴリー、ダニー・グローヴァー、オプラ・ウィンフリー etc

カラーパープルの登場人物(キャスト)

セリー・H・ジョンソン(少女時代:デスリタ・ジャクソン / 大人:ウーピー・ゴールデンバーグ)
主人公。母を早くに亡くし、父と妹の3人暮らし。父から性的虐待を受けており、何度か妊娠・出産している。物静かで内気な性格。最愛の妹と引き離され、数奇な運命をたどる。
アルバート・ジョンソン(ダニー・グローヴァー)
通称「ミスター」。若くして妻に先立たれ、多数の子どもと暮らす。ネティに好意を抱き、妻に迎えたいと思っていた。しかし、義父の意向で強制的にセリーを娶る。短気かつ頑固で、セリーを女中同然に扱う。セリーを侮辱していたが、年を追うごとに無自覚に執心していく。
シャグ・エブリー(マーガレット・エブリー)
R&Bのスター歌手。ミスターの元恋人で、彼が未だに強く慕う。華やかで素直、奔放な性格。体調を崩して、ジャクソン家で世話になる。主に看病を務めたセリーと打ち解け、互いに不可欠な存在となる。
ソフィア(オプラ・ウィンフレイ)
ハーポの妻。夫とはできちゃった婚で、以降3人の子どもを授かる。勝ち気で非常に気が強い。アメリカ人の男尊女卑思想にも屈さない。
ハーポ(ウィラード・プーフ)
ミスターの長男。父の影響で継母のセリーを馬鹿にしていたが、いつしか心を許す。気が弱く、女性には弱い。ソフィアと結婚後、彼女に尻に敷かれる。
ネティ(アコーシア・ブシア)
セリーの最愛の妹。10代で姉と引き離され、長らく連絡が絶たれていた。セリーとは対照的に、明るく陽気な性格。教育を受けており、姉妹で唯一読み書きができる。

カラーパープルのネタバレあらすじ

映画『カラーパープル』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

カラーパープルのあらすじ【起】

1909年、アメリカ・テネシー州の田舎町。14歳のセリーは父から性暴力を受け、子どもを妊娠していた。赤ん坊は女の子で、セリーが顔を見る暇もないまま、父親は赤ん坊を取り上げる。女の子は、この家には「不要」とされ捨てられてしまった。セリーの母は、セリーの最初の出産にショックを受け、亡くなっていた。一人目の子どもは男の子だったが、この子も父によって他の家に貰われていった。

間もなく、姉妹の父は若い娘を妻に迎える。父の結婚式に参加した「ミスター」は、美貌のネティに熱を上げていた。寡夫であるミスターは、ネティを嫁にしたいと父親に申し出に来る。だが、父親は、幼いネティの代わりにセリーをミスターに嫁がせると返事した。姉妹とミスターは拒否することもできず、セリーはミスターと結婚する。

ジョンソン家に来たセリーは、早速子どもたちから手痛い仕打ちを受ける。嫁ぎ先の住処は家中散らかっており、生活感がまるでなかった。ミスターはセリーに辛く当たるだけでなく、実の子どもたちも家人のように扱っていた。セリーが何か意見しようものなら、ミスターは逆上して暴力を振るった。

嫁いで数ヶ月。セリーは買い物で街へ出ると、父との子ども(女児)を見かける。セリーの娘―オリビアは、裕福な夫婦の養子となっていた。養母から愛情を注がれるオリビアに、セリーは安堵しながらもどこか寂しさを感じた。

ジョンソン宅に、ネティが転がり込んでくる。父親に手を出されそうになり、ネティは必死で逃げてきたのだった。ミスターは黙認し、久しぶりにセリーは妹との時間を楽しむ。ミスターの態度は、姉妹で両極端なものだった。セリーのことはなじり、ネティにはとことん優しく接した。セリーは、ミスターの執拗な好意を危惧して、ネティに早く遠くへ行くよう勧めた。ネティはジョンソン家を去るまでの間、学校へ行けなかったセリーに読み書きを教えた。

ミスターのネティへの愛情表現は、エスカレートしていく。ネティはときめくどころか、怯えるばかりだった。学校帰り、ネティはミスターに暴かれそうになる。いきり立ったミスターは、ネティを追い出してしまう。抵抗も空しく、姉妹は引き離される。心の救いを奪われたセリーは、夫を恨むも苦況を耐え忍ぶ。セリーはネティからの手紙を待ち望み、ネティが残した児童小説を毎日読み耽った。

1916年。ミスターは、元恋人でスターになったシャグに会いに行く。20代になったセリーは、精神的に強くなってミスターの「扱い方」を心得ていた。ミスターの実子ハーポには、ソフィアという恋人がいた。ソフィアは妊娠しており、それを機に結婚したい、と恋人たちはミスターと対面する。ソフィアの強い態度もあって、子どもが生まれた後、ハーポたちは式を挙げる。

ソフィアは女系の一族に生まれ育ち、非常に肝が据わっていた。かかあ天下で苦労するハーポは、ミスターに妻への対応を相談する。ミスターは、自分がそうしたように息子にも妻に暴力を振れ、と助言する。意外にもセリーですら同じことを言い、ハーポはソフィアに手を上げる。ソフィアは屈さなかったが、セリーが助言したことに憤慨する。何人も出産した後、ソフィアは子どもたちを連れてハーポの元を去る。

カラーパープルのあらすじ【承】

セリーはネティからの手紙を切望していた。だが、ミスターが郵便受けの確認をするため、セリーは手紙の有無を把握できない。ある荒れた天気の日、一人の女性がジョンソン宅に運ばれて来る。その女性は、ミスターの想い人で芸能人のシャグだった。泥酔したシャグは、セリーの顔を見るなり「あんた、醜いわ!」と言い放った。

シャグはしばらくジョンソン家に居候することに。普段は高圧的なミスターも、シャグの前では気弱で一途な男だった。具合の悪いシャグのため、ミスターは料理をしてやろうと思い立つ。しかし、結局食事を用意したのはセリーだった。シャグはセリーを気に入り、セリーがシャグの面倒を見ることになる。

カラーパープルのあらすじ【転】

1922年。シャグはジョンソン家で療養を続けていた。ハーポはジャズにハマり、音楽仲間と酒場を開業する。全快しつつあったシャグは、何年振りか酒場のステージに立つ。セリーは、元気になり笑顔を振りまくシャグに、羨望の眼差しを向けていた。そこに、シャグが「セリーのブルース」を歌う。それは、世話をしてくれたセリーへ感謝を込めたものだった。疎外感に苛まれていたセリーは、一転して喜びに満たされる。酒場には、ソフィアが新しい恋人と共に、客として来ていた。しかし、ハーポの現在の恋人とソフィアが喧嘩を始め、客同士の大乱闘に発展してしまう。

セリーはシャグに連れられて自宅に戻っていた。シャグは、セリーの笑顔を見たいために言葉で誘導する。セリーは、長年の緊張が解けたように高らかに笑った。シャグは完全に復活し、ジョンソン家を出ると告げる。よき友を得たセリーは、急に不安に襲われる。そして、シャグに自分の過去をそっと打ち明ける。シャグは、「セリーは愛された経験がない」と指摘する。セリーを美しいと称え、シャグはセリーにキスをする。セリーは最初恥じらうが、親友と無邪気に愛を交わした。

初めて愛を知ったセリーは、シャグを慕うようになる。自分の幸福を真剣に考え、セリーはシャグに同行しようと決める。しかし、ミスターに見つかりその願いはあっけなく絶たれる。シャグは意気揚々とジョンソン家から旅立った。

街では、ソフィアが市長夫人とひと悶着を起こした。アフリカ系(黒人)が白人を殴ると罪に問われるため、ソフィアは逮捕・投獄されてしまう。

1930年。8年間の刑期を終えた後、ソフィアは出所する。勝ち気な風貌は形を潜め、廃人のように変わり果てていた。皮肉なことに、ソフィアは市長夫人の専属メイドとして働きだす。クリスマス休暇として、ソフィアは夫人から一日暇をもらう。ソフィアは親戚の家を訪ね、成長した自分の子どもたちと再会する。歓迎会が開かれるはずだったが、アフリカ系に触れられて激した夫人に呼ばれ、ソフィアは市長宅へ戻る。

1936年。シャグはグレイディという夫を連れて、ジョンソン家に遊びに来る。ミスターとセリーは、喜ぶ前にがっくりと肩を落とした。ミスターがグレイディと酒を飲み交わす間、シャグが郵便を受け取り、セリーにネティからの手紙を渡す。ネティは、オリビアの養親であるサミュエル夫妻の世話になり、結婚もしていた。オリビアに加えて男の子―アダムも、夫妻の養子としてすくすく育っていた。初めて妹からの便りを見て、子どもの様子も知り、セリーは天にも昇る気分だった。シャグは思い立ち、セリーに働きかけてミスターが隠したネティの手紙の在り処を探す。二階の廊下の床下に、手紙は保管されていた。一通も捨てられておらず、セリーは笑顔を浮かべる。近年の手紙には、ネティは夫妻についてアフリカへ赴き、教師として生活しているとあった。しかし、アフリカの地は都市開発の嵐で、ネティたちの活動は終わりにせざるを得なかった。

カラーパープルのあらすじ【結】

セリーは妹の生存を知って救われる反面、自身を抑圧し続けてきた夫に殺意を募らせていた。散歩に出かけていたシャグは、何か危険を察知してジョンソン家に急ぐ。セリーがミスターの髭剃りに見せかけて、剃刀で彼の喉を掻っ切ろうとしていた。シャグは寸でのところで、それを阻止する。

セリーの苦しみを見かねたシャグは、セリーを一緒に都会へ連れて行くことにする。ミスターにそのことを伝えると、当然のごとくミスターは強く反対する。セリーは堪忍袋の緒が切れ、初めてミスターに怒りをぶつけた。納得できないミスターは、セリーは絶対に自分の所に戻ってくると予言する。セリーはミスターといがみ合いつつも、長年縛り付けられていた田舎を去るのだった。

1937年。ジョンソン家からは子どもたちがみな独立し、ミスター一人が暮らしていた。ミスターはすっかり落ちぶれ、酒と煙草に溺れていた。まだ健在の父が、ミスターに若い嫁を探せと促すと、ミスターは血相を変えて拒絶した。元気を取り戻したソフィアは酒場で働き、ハーポと復縁していた。

セリーの父親が亡くなった。葬儀に参列するため、セリーはテネシー州に帰る。セリーは昔の面影をすっかり失くし、都会的な女性になっていた。セリーの父は、実は義父だったことが判明する。亡母の遺言で、セリーは実家の権利を手にする。田舎に帰郷したセリーは、街でボトムスショップを開く。シャグもセリーとテネシー州に腰を落ち着け、ハーポの酒場で歌を歌っていた。教会ではゴスペルが唄われ、シャグはあえてそれに合わせて同じ歌を歌いだす。そして、何を思ったのか、シャグは酒場から教会に向かって歩きだす。聴衆もシャグの後に続き、大行列が教会に入ってくる。教会の牧師はシャグの実父だった。親子は、和解のハグをした。

ジョンソン家には、ネティから移民局への申請を依頼した手紙が届く。ミスターは覚束ない足取りで、移民局へ出向く。

シャグたちと暮らすセリーの元に、来客がある。それは、アフリカから帰国したネティとその家族だった。20年以上の時を経て、姉妹は再会を果たしたのだ。加えて、セリーは成人したオリビア、アダムとも対面する。密かにネティたちの帰国に一役買ったミスターは、遠くからセリーたちを温かく見守っていた。秋の夕焼けを背に、姉妹は、いつかのように手遊びをするのだった。

Amazon 映画『カラーパープル』の商品を見てみる