るろうに剣心のスタントチームが海外進出!ドニー・イェンと『スペシャルID』でタッグ!

クオリティの高いアクションを披露した『るろうに剣心』。3部作を惜しまれながらも完結したものの、スタントチームはまだまだ活動を続けます。香港映画界の大スター ドニー・イェンとタッグを組み、大迫力のアクションを展開した映画『スペシャルID』が2015年に公開されることになりました。

邦画界の数少ない希望だった『るろうに剣心』。ドラマパートはつまらないものの、アクションシーンは圧倒的な迫力で観客を圧倒していました。そのアクションに大いに貢献したスタントチームは解散せずに活動し、あのドニー・イェンとタッグを組んでアクション映画を制作したのです。タイトルは『スペシャルID』。既に中国国内で大ヒットを記録している期待作が、2015年2月に公開されることが決定しました。

トラブル多発もめげなかったドニー・イェン

ドニー・イェンにとって『イップマン 葉問』以来のアクション主演作となる本作は、『SPL 狼よ静かに死ね』『導火線 FRASHPOINT』に続く現代アクション3部作の最終作となります。ドニー・イェンはアクション監督を兼任し、スタッフとしてるろうに剣心チームを雇った形になります。

本来、本作はジャッキー・チェンと共演する予定だったのですが、チェンの出演キャンセルなど共演俳優にキャンセルが相次ぎ、イェンに対するバッシングが起きたそうです。それでもめげなかったドニー・イェンは本作を見事にヒットさせたんですね。

チームのボス・谷垣健治とドニー・イェンの関係

るろうに剣心でアクション監督を務めた谷垣健治とドニー・イェンは盟友関係にあります。95年に香港で公開された『ドラゴン怒りの鉄拳』のリメイクドラマ『精武門』から共同作業がスタートし、以来イェンがアクション監督を務める作品では必ず谷垣がスタントチームを率いて参加しているんです。『るろうに剣心』で注目されたことが器用のきっかけ、というわけではないんですね。本作のアクションは泥臭くて男心をくすぐるらしいので、公開が待ち遠しいです。久々に渋いドニー・イェンが見られそうですね。

Amazon 映画『スペシャルID』の商品を見てみる