映画「コンフェッション 友の告白」3人の男達の絆と罪が心に沁みる犯罪ドラマ

コンフェッションの概要:チソン&チュ・ジフン&イ・グァンス主演の犯罪ドラマ。ゲーム賭博店放火強盗事件に巻き込まれ、3人の友情がやがて裏切りと憎悪に変わっていく。3人の心理描写に注目!イ・ドュン監督長編デビュー作。

コンフェッション みどころ

コンフェッション
映画『コンフェッション』の見どころを紹介します。

一筋縄ではいかない犯罪ドラマ!3人の心理描写を見よ

映画は、社会を映し出す鏡の様なもの。映画を観れば、その国の社会状況や文化が分かります。イ・ドュン監督の「コンフェッション友の告白」を紹介します。コンフェッション、とは”良い友達”の意味。

幼い頃から親友同士だった3人が、ゲーム賭博店放火事件に巻き込まれたことで、やがて友情が裏切りと憎悪に変わっていく犯罪ドラマ。同様のテーマは、韓国ドラマでも多く描かれていますが、本作は三者三様の個性と心理がぶつかる工夫がされています。

出演は、消防士・ヒョンテ役をドラマ「ボスを守れ」のチソン、インチョル役に「宮~Love in Palace」(06)や「私は王である」(13)のチュ・ジフン、そしてドジなミンス役を「トンイ」(10)のイ・グァンスが演じます。どんな演技の化学反応を見せてくれるのか楽しみです。

とても異色な組み合わせな様に感じられますが、案外観ているとハマりますよ。東京では、シネマート新宿、大阪では、シネマート心斎橋で公開予定です。

心優しい王子様が似合う!チュ・ジフンの魅力

「宮~Love in Palace」(06)の皇太子シン役で、誰もが憧れる王子様を演じました。一躍人気者になった彼ですが、薬物使用で起訴され、その後兵役を経て、「私は王である」(13)で映画カムバックを果たしています。彼の心の弱いところも魅力なのだと思います。

なんといっても、彼が背中で演技をしている場面が好きです!男は背中で語るのです!
「宮」以外では、「アンティーク西洋骨董洋菓子店」の店長役もおすすめ。日本の漫画が原作なのですが、チュ・ジフンの存在感が光っていますよ。2015年6月現在、スエと共演しているドラマ「仮面」が韓国で放映中です。

スエの首を絞める場面があったりと大変なサスペンス・ドラマの様です。また映画では、「奸臣」(15)という朝鮮燕山君時代の時代劇に奸臣スンジェ役で出演しています。これからも優しい王子様チュ・ジフンを応援しましょう!本作では、火災保険の外交員を演じ、ダークな魅力を魅せています。

ダメ息子役をやらせたら誰にも負けない?!チソンの存在感

「鉄の王キム・スロ」(10)や「ボスを守れ」(11)など主にドラマで活躍しています。ちょっとだらしがなくてダメ息子役を演らせたら上手い!ハマリますよ。王子様や財閥の御曹司役が多いのはきっと、育ちの良さがにじみ出ているせいでしょうか。そんな存在感がチソンの魅力なのかも。

本作では、消防士・ヒョンテ役。実家であるゲーム賭博店が放火強盗され、苦しみ・悩む役どころです。自身の演技について、「うまく演じられたか分かりません。」とインタビューで語っています。また、共演者について、「3人ともそれぞれ違う性格だったが、不思議なことに相互補完的だった」と評価しています。

演技に対するまじめさもいいですね。最新作は、ドラマ「キルミーヒールミー」。
多重人格者の役を演じ、女装する場面もあるとか!思い切った役柄にちょっとびっくりしますが、生き生きと演じているようです。案外、コミカルな演技が合っているのかもしれません。イ・ボヨンとの新婚生活もうらやましいです。

まとめ

一口に犯罪ドラマといっても多様にあるけれど、本作はより濃厚な心理描写と3人の個性が生かされた作品に仕上がっています。イ・ドュン監督・脚本の「コンフェッション 友の告白」は、消防士のヒョンテ(チソン)、火災保険の外交員・インチョル(チュ・ジフン)、そしてドジなミンス(イ・グァンス)の3人が、ヒョンテの実家で起きた、ゲーム賭博店放火強盗事件に巻き込まれるという犯罪ドラマ。

3人の友情はやがて裏切りと憎悪に変わっていく。子供の頃からの絆が憎悪に変わっていく過程にはすさまじいものがあります。ぜひ、3人の演技に注目して下さい。

出演は、ヒョンテ役にドラマ「ボスを守れ」(11)のチソン、インチョル役に「宮~Love in Palace」(06)のチュ・ジフン、ミンス役を「トンイ」(10)のイ・グァンスが演じます。

コメディアンでもあるイ・グァンスがシリアスな場面をどう演じるのか気になります。韓流ドラマに飽きた人にもおすすめです。ゾクリとする展開が待っていますよ。

Amazon 映画『コンフェッション 友の告白』の商品を見てみる