映画『コンテイジョン』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「コンテイジョン」のネタバレあらすじ結末

コンテイジョンの概要:『恐怖はウイルスより早く感染する』、そんなキャッチコピーが打ち出された今作。パンデミックが起きた際の人間の反応を見事に表現しており、非常にリアルな仕上がりとなっている。このストーリーは、決して他人事ではない。

コンテイジョンの作品概要

コンテイジョン

公開日:2011年
上映時間:106分
ジャンル:サスペンス
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
キャスト:マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュード・ロウ etc

コンテイジョンの登場人物(キャスト)

エリス・チーヴァー(ローレンス・フィッシュバーン)
一覧の感染症原因究明の責任者に任された医師。非常に心優しく、周りの人物を大事にするが故に大きな問題に巻き込まれる。
アラン・クラムウィード(ジュード・ロウ)
フリージャーナリスト。強い向上心を持っており、パンデミックが起きた際には、そのチャンスを我が物にしようと躍起になる。
ベス・エンホフ(グウィネス・パルトロー)
香港帰りに感染症にかかった女性。治療の甲斐なく、命を落としてしまう。
エリン・ミアーズ医師(ケイト・ウィンスレット)
感染経路及び原因の特定のために派遣された医師。非常に慎重に行動していたが…?
アリー・ヘックストール(ジェニファー・イーリー)
一連の感染症の原因を特定した科学者。ワクチンを開発するものの、実用化までには時間がかかり…?

コンテイジョンのネタバレあらすじ

映画『コンテイジョン』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

コンテイジョンのあらすじ【起】

ベスは、アンダーソン社という有名企業に勤める女性である。彼女は香港へと出張に出かけていたが、このたび帰宅した。ベスは夫と、可愛らしい子供に恵まれていたが、彼女は香港で、元彼と一夜を共にしてしまう。そして、家に帰ったベスは風邪のような症状に困らされるのだった。

一方、東京ではサラリーマンの男性が体調不良を感じていた。そして、通勤中のバスの中で意識を失ってしまう。また、ロンドンのホテル内でも、女性一人が帰らぬ人となった。体調を戻そうと自宅で安静にしていたベスだったが、彼女の体調は悪化するばかり。そして、発症から数日後、とうとう彼女も帰らぬ人となったのだった。

この相次ぐ不審な死を、近くにいた野次馬が撮影をしていた。そして、その動画をネットにアップしたのだった。その動画を見たアランというフリージャーナリストは、これを感染症と判断する。そして、その事実を政府が隠しているという陰謀論を記事にしようと、自ら調査を始めるのだった。

コンテイジョンのあらすじ【承】

そして、感染症というアランの予想は間違っていなかった。ベスの近くにいた人物、すなわち彼女の息子も、同じような症状に見舞われ命を落としてしまったのだ。

一方、次々と増える犠牲者に、このままではパンデミックが起こる、と政府も本格的に調査に乗り出した。調査を託されたのは、WHOとCDC。調査責任者でもあるチーヴァー博士は、部下のミアーズ医師を現場に派遣する。彼女は、感染経路を特定するため、色々な人に聞き込みを開始した。そして、ベスの遺体を解剖した結果、彼女の脳が壊滅状態に陥っていることを知るのだった。しかし、志半ばで彼女も病に感染してしまう。そして、感染者である彼女は自宅に帰ることも許されず、故郷から離れた場所で命を落とすのだった。

ミアーズの死以降も、研究者達は諦めずに調査を続けていく。そして、感染源が香港であること、最初に謎のウイルスに感染したのはベスであること、そしてウイルスは飛沫感染及び接触感染をするということが明らかになった。

コンテイジョンのあらすじ【転】

一方、この致死率100%の病から生き延びた人物がいた。アランである。アランは、レンギョウを摂取し続けたことで病に打ち勝ったとネットに動画をアップする。藁にもすがる思いの感染者達は、唯一の希望であるレンギョウを求め暴動を起こすのだった。しかし、それはアランの真っ赤な嘘だった。アランはそもそも、感染などしていなかったのである。

一方、ヘックストールという女医が、ウイルスに対抗するワクチンを作り出した。しかし、ワクチンが実際に実用化されるには、動物実験、人体実験など、様々な過程を踏まねばならず、非常に時間がかかる。そこで、ヘックストールは自らを非検体としてワクチンを注入、命がけでワクチンの効果を示してみせたのだった。

そのワクチンは直ちに量産されることになるが、全感染者に配布されるにはまだ時間がかかる。そこで、ワクチンを配布する順番を、抽選で誕生日別にすることを決めたのだった。ワクチンが完成するまでに、全世界で約2600万人もの死者が出た。そして、ワクチンが開発されたことで恐ろしいパンデミックは少しずつ収束していくのだった。

コンテイジョンのあらすじ【結】

このパンデミックは、病気だけでなく人々に多くの恐怖を植え付けた。多くの人の人生が、この病気によって変えられたのである。自分の利益のために嘘の情報を世間に流し、パニックを起こしたアランは、詐欺容疑で逮捕される。しかし、今や彼を信じる国民も多く、莫大な富を手に入れたアランは釈放金を支払い自由の身となるのだった。

チーヴァー医師は、自らの妻を助けたいばかりに、彼女に捜査上の秘密を漏らしてしまっていた。チーヴァーは、今回の一連の対応の責任を一手に背負うことになってしまう。しかし、チーヴァーは自らのワクチンを知り合いに譲るなど、人のために行動し続けるのだった。

そして、最後まで人間が突き止めることができなかった、なぜベスが最初の感染源になったのかという経路が画面上に映し出される。ベスの勤務していたアルダーソン社では、バナナを栽培していた。そのバナナをコウモリが食べ、糞をした。その糞を食べた豚が、香港へと運ばれていく。料理人がその豚を捌いていた時、ベスが料理人に会いたいと申し出た。そして、料理人が手を洗わずに彼女と握手をした時、それが、全ての始まりだったのだ。

Amazon 映画『コンテイジョン』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    主人公ひとりの視点から描く映画ではなく、ミッチやCDCのドクター・チーヴァー、ドクター・ミアーズ、ドクター・ヘックストール、誘拐されるドクター・オランテス、悪質ブロガーのアランといった登場人物それぞれの視点から描かれた作品。
    閑散とした町や道路、配給などをめぐって争う人々、情報が錯綜する世間といったリアリティもある。
    「レンギョウが効く!」とデマを流し続けたアランだが、彼が飲んでいる「レンギョウ」と呼ばれるものが何なのかは全く不明。
    現実に起こって欲しくないことを克明に描いていて、人間は毎分3回から5回ほど顔に触れ、その手でドアノブ、エレベーターボタン、他人に触れているという解説を聞いてしまうと、潔癖症になりたくなる要素もある映画だ。

  2. 匿名 より:

    ①とにかくリアルなストーリーと演出

    香港と日本に重要なキーワードを残し、アメリカを舞台にパンデミックの恐怖をリアルに描いた作品。
    チーヴァー医師が家族だけを内密に逃がそうとするシーンは、実際に問題になった、3.11の東日本大震災の時の電力会社社員の行動にも似ていて現実味がある。
    また、効果があるかどうか立証されていないのに「レンギョウが効く!」と偽の情報をインターネットに流し、世間を混乱させるだけさせたアランの行動も、情報が錯綜して現実と偽の情報の区別がつかなくなるというリアル感がある。
    レンギョウ売り場や配給に群がりパニックになる住民たちの姿も、その緊迫したムードから現実味があるシーンになっている。

    しかし日本のバスの中で感染者が亡くなったシーンは、純粋な日本人俳優を使うことなく中国系やアジア系の俳優を使うというアメリカ映画ならではのキャスティングがされているため、日本人から見ると全く現実味がない。
    また、感染ルートが終盤で明らかになるのだが、生肉を調理した手をエプロンで拭いただけで客と握手する料理人は、ちょっとしたツッコミどころだ。

    ②豪華キャストの演技が光る

    ケイト・ウィンスレットが演じたミアーズ医師が、隣のベッドの患者が寒がっているのを見て自分の上着を渡そうとする最期は素晴らしすぎる。
    ピープル誌で「最も美しい人々」に選ばれた過去のあるベス役のグウィネス・パルトローの、香港でのドレスアップした美しい姿から遺体になるという転落の演技もびっくり。
    マット・デイモンが演じたミッチの、娘を守りたい一心でボーイフレンドから引き離す場面や、彼がワクチンを摂取した直後に2人だけのプロムを開く場面はいい父親らしさが引き出されている。
    ジュード・ロウが演じたアランの不気味さも際立っていて、チーヴァー医師役のローレンス・フィッシュバーンといった演技派のキャストたちも、さすがと言える存在感を放っている。