映画『コンテイジョン』あらすじとネタバレ感想

コンテイジョンの概要:2011年に公開された、パンデミックをテーマにしたパニックスリラー映画。未知のウィルスの世界的流行とCDC職員たちの働き、ひとつの家族の絆、混乱に乗じて有名になろうとする人々の様子を描いた。

コンテイジョン あらすじ

コンテイジョン
映画『コンテイジョン』のあらすじを紹介します。

香港旅行から帰ったばかりのベスが謎の死を遂げる。
病院でパニックになる夫ミッチだったが、帰宅すると冷たくなったベスの連れ子の息子クラークがいた。

ベスの検視をすると、彼女が未知のウィルスによって死亡したと判明する。
ほどなくして、CDCは事態の解明に乗り出す。
ミッチは感染が疑われて隔離されるが発症せず、自分に免疫があるとわかり、自宅で娘を守ろうと必死になる。
さらにはベスが浮気をしていた事も発覚し、ミッチは驚きを隠せずにいた。

謎のウィルスはワクチンも抗ウィルス薬も特効薬もまだ存在しない、非常に危険なものだった。
ウィルスの発生源を追うCDCのオランテス医師は、ベスの足取りから香港がウィルス発生源だと突き止める。
次第に拡大する謎のウィルスを生物兵器だと考えるブロガーのアランはデマの情報を広げ、その情報を鵜呑みにした香港の村人に誘拐される。
そしてアランの「レンギョウが特効薬」というデマは異常事態を引き起こす。
CDCのチーヴァー医師は家族に避難するよう伝えるが、そこから極秘情報が流出し、アランによって大問題にされる。

そんな中、必死の調査を行っていたCDCのミアーズ医師までもが感染し、命を落とす。
町では食料の配給が行われていたが、それすら混乱を巻き起こしていた。

やがて、自分の体を実験台にしたヘックストール医師の努力が実り、ワクチンが完成する。
そうしてようやくパンデミックは収束をみせるのだった。

コンテイジョン 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2011年
  • 上映時間:106分
  • ジャンル:サスペンス、ヒューマンドラマ
  • 監督:スティーヴン・ソダーバーグ
  • キャスト:マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュード・ロウ etc

コンテイジョン ネタバレ批評

映画『コンテイジョン』について、感想批評です。※ネタバレあり

とにかくリアルなストーリーと演出

香港と日本に重要なキーワードを残し、アメリカを舞台にパンデミックの恐怖をリアルに描いた作品。
チーヴァー医師が家族だけを内密に逃がそうとするシーンは、実際に問題になった、3.11の東日本大震災の時の電力会社社員の行動にも似ていて現実味がある。
また、効果があるかどうか立証されていないのに「レンギョウが効く!」と偽の情報をインターネットに流し、世間を混乱させるだけさせたアランの行動も、情報が錯綜して現実と偽の情報の区別がつかなくなるというリアル感がある。
レンギョウ売り場や配給に群がりパニックになる住民たちの姿も、その緊迫したムードから現実味があるシーンになっている。

しかし日本のバスの中で感染者が亡くなったシーンは、純粋な日本人俳優を使うことなく中国系やアジア系の俳優を使うというアメリカ映画ならではのキャスティングがされているため、日本人から見ると全く現実味がない。
また、感染ルートが終盤で明らかになるのだが、生肉を調理した手をエプロンで拭いただけで客と握手する料理人は、ちょっとしたツッコミどころだ。

豪華キャストの演技が光る

ケイト・ウィンスレットが演じたミアーズ医師が、隣のベッドの患者が寒がっているのを見て自分の上着を渡そうとする最期は素晴らしすぎる。
ピープル誌で「最も美しい人々」に選ばれた過去のあるベス役のグウィネス・パルトローの、香港でのドレスアップした美しい姿から遺体になるという転落の演技もびっくり。
マット・デイモンが演じたミッチの、娘を守りたい一心でボーイフレンドから引き離す場面や、彼がワクチンを摂取した直後に2人だけのプロムを開く場面はいい父親らしさが引き出されている。
ジュード・ロウが演じたアランの不気味さも際立っていて、チーヴァー医師役のローレンス・フィッシュバーンといった演技派のキャストたちも、さすがと言える存在感を放っている。

コンテイジョン 感想まとめ

主人公ひとりの視点から描く映画ではなく、ミッチやCDCのドクター・チーヴァー、ドクター・ミアーズ、ドクター・ヘックストール、誘拐されるドクター・オランテス、悪質ブロガーのアランといった登場人物それぞれの視点から描かれた作品。
閑散とした町や道路、配給などをめぐって争う人々、情報が錯綜する世間といったリアリティもある。
「レンギョウが効く!」とデマを流し続けたアランだが、彼が飲んでいる「レンギョウ」と呼ばれるものが何なのかは全く不明。
現実に起こって欲しくないことを克明に描いていて、人間は毎分3回から5回ほど顔に触れ、その手でドアノブ、エレベーターボタン、他人に触れているという解説を聞いてしまうと、潔癖症になりたくなる要素もある映画だ。

Amazon 映画『コンテイジョン』の商品を見てみる