「クリード チャンプを継ぐ男」のネタバレあらすじ結末

クリード チャンプを継ぐ男の概要:大ヒットシリーズ『ロッキー』のライバル、アポロ・クリードの息子が主役。伝説クリードの非嫡出子のアドニスは、養母メアリーと平穏に暮らしていた。しかし、次第に父と同じプロボクサーを目指し始める。

クリード チャンプを継ぐ男の作品概要

クリード チャンプを継ぐ男

製作年:2015年
上映時間:133分
ジャンル:ヒューマンドラマ、スポーツ
監督:ライアン・クーグラー
キャスト:シルヴェスター・スタローン、マイケル・B・ジョーダン、テッサ・トンプソン、フィリシア・ラシャド etc

クリード チャンプを継ぐ男の登場人物(キャスト)

アドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)
伝説のボクサー、アポロ・クリードの非嫡出子の息子。アポロの妻であるメアリーに少年院から引き取られ、それ以降二人で幸せに暮らしていた。父の影を追い密かにボクシングを練習していたが、ついにプロになることを決意しロッキーのいるフィラデルフィアへ向かう。
ロッキー・バルボア(シルヴェスター・スタローン)
かつて不動のチャンピオン、アポロ・クリードとやりあった最強のライバル。今は引退し妻にも先立たれ、一人でレストランのオーナーとしてひっそり暮らしている。後にアドニスの恩師となる。
ビアンカ(テッサ・トンプソン)
アドニスと同じアパートに住む。アーティストとして活躍しているが、進行性の難聴を患っている。アドニスと惹かれあい、恋人関係となる。
リッキー・コンラン(トニー・ペリュー)
現チャンピオンであり不敗王者の名を轟かせる。銃不法所持罪により収監が決まっているため、マネージャーが最後の試合をセッティングしようと目論んでいる。

クリード チャンプを継ぐ男のネタバレあらすじ

映画『クリード チャンプを継ぐ男』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

クリード チャンプを継ぐ男のあらすじ【起】

1998年、ロサンゼルスにて少年院に収容されていたアドニス。父のクリードの妻であるメアリーに引き取られる。

その17年後、アドニスはロサンゼルスで会社員として働いている。昇進も叶い養母のメアリーと幸せな毎日を送っているアドニス。しかし、ついボクサーである亡き父の影を追ってしまうアドニスは、メキシコでボクシングの試合に出場する日々を過ごしていた。そして、ついに会社を辞めプロボクサーを目指すことに決める。

父アポロのデルフォイ・ジムに向かうアドニス。プロボクサーたちに勝負を挑むが、そこで初めて素人とプロの壁を目の当たりにする。

屈辱を感じながら帰宅したアドニスは、メアリーに仕事を辞めプロボクサーを目指すことを悟られる。メアリーは父の影を追う必要はないと懇願する。そして、プロボクサーを目指して家を出てしまうのであれば、もう連絡しないでとアドニスに伝えるのであった。

一人フィラデルフィアに来るアドニス。そこで父アポロのライバル、ロッキーに自分のコーチをするよう頼む。しかし、ロッキーはリング上で死んだアポロを想い、ボクサーにはなるなと忠告し申し入れを断るのであった。

クリード チャンプを継ぐ男のあらすじ【承】

翌日、ピートが監督するニッキージムに入会するアドニス。ここはロッキーがかつて通っていたジムでもあるのだ。そこで、ストイックに練習を打ち込むアドニスであったが、その間何度もロッキーにコーチを申し込んでいた。

そんな中、アドニスは同じアパートに住むビアンカというアーティストの女性に出会う。お互い不幸な過去を持つ二人は、次第に惹かれあいデートを重ねていくのであった。

アドニスの根気に負け、ついにコーチを受けることに決めるロッキー。その日から、ロッキー監修のもと厳しいトレーニングが始まる。

そんなある日、ピートの提案でアドニスと将来有望のレオの試合が決定する。ロッキー宅へ越したアドニスは一層厳しいトレーニングに励む。そして試合当日、レオの先制に押される中、アドニスは見事勝利を収める。

喜びに浸るアドニスとロッキーだったが、一方でピートにアドニスがアポロの息子だと知られてしまう。父の名前を背負わせたくないというロッキーだったが、噂は一気に世間へ広まってしまう。

クリード チャンプを継ぐ男のあらすじ【転】

英国のヒーローと称される不敗のコンランが、銃不法所持罪で収監されることが決まる。コンランの最後の対戦相手を探すマネージャーのトミーは、アポロの息子と名乗ることを条件にアドニスを指名する。利益目当ての申し入れに否定的なロッキーをよそに、父の名と共に試合を受ける決断をするアドニスであった。

試合に向けさらに追い込んだトレーニングを始める二人だが、やがて身体の不調を感じ始めるロッキー。病院で癌と診断されるも治療を拒んでいたロッキーは、心配するアドニスに迷惑をかけたくないあまりアドニスと喧嘩をしてしまう。

アドニスはロッキーの病に動揺しヤケになってしまう。世間では、アドニスは父親の七光りだと罵られ、ついにビアンカのライブで暴行事件を起こしてしまう。収監されたアドニスを迎えに来るロッキー。帰れと叫ぶアドニスに、ロッキーはお前を見捨てた父親を恨まず、自分のために許せと諭す。ロッキーが去った後でアドニスは一人涙を流していた。

そして、アドニスはロッキーに病気と向き合うことを強く説得する。その心境を変えたロッキーとアドニスは、現役チャンピオンコンランに勝利するため過酷なトレーニングを続けるのであった。

クリード チャンプを継ぐ男のあらすじ【結】

ついにコンランとの決戦の日を迎えたアドニスとロッキー。連絡のつかなかったメアリーから、父である「クリード」の名が入ったボクサーパンツが贈られる。そして、自分自身の伝説を作ることを決意するアドニスはリングへ向かっていく。

リングは現役チャンピオンであるコンランの名を呼ぶ声で溢れている。そして、ついに開始のゴングが鳴り響く。

最強の無敗王者を前に、ファーストラウンドで大きく劣勢となるアドニス。しかし、次のラウンドでアドニスはコンランに渾身の左フックを決める。本気で倒しにかかるコンランと必死で噛み付くアドニス。中継者はいつの間にかアドニスの若き挑戦に期待を寄せている。

一撃が決まり失神するも尚立ち上がるアドニス。自分は父の「過ち」ではないと証明すると宣言し再びリングに立つ。

そして、試合は僅か30秒の差でコンランの勝利に終わる。アドニスへその名に誇りを持てというコンラン。そして熱気に包まれた会場を後にするアドニスとロッキーであった。

朝焼けが眩む中、フィラデルフィアの街を眺めるアドニスとロッキーがいる。お互いの人生を悪くはないと分かち合い、肩を組む二人の男にはいつしか強い絆が生まれていた。

Amazon 映画『クリード チャンプを継ぐ男』の商品を見てみる

関連作品

前作 ロッキー・ザ・ファイナル