『チャイルド・プレイ 誕生の秘密』あらすじ感想とネタバレ映画批評・評価

チャイルド・プレイ 誕生の秘密の概要:シリーズ5まで製作された”チャッキー”シリーズのスピンオフ作品。車椅子生活の女性ニカを恐怖のどん底に陥れるチャッキー人形の恐怖と、チャッキー人形誕生秘話を描いた。過去の登場人物が多数出演している。

チャイルド・プレイ 誕生の秘密

チャイルド・プレイ 誕生の秘密 あらすじ

映画『チャイルド・プレイ 誕生の秘密』のあらすじを紹介します。

差出人不明の荷物が、娘ニカと共に暮らすサラの元に届く。
中身は80年代にヒットした人形「チャッキー」で、姪のアリスに譲る事にする。

その夜、心を病んでいたサラは自ら命を絶つ。

姉バーブが夫アレン、娘アリスとシッターのジルと共に、フランク神父を連れ立ってニカの元を訪れる。
ニカは半身不随で車椅子生活だったので、自宅を売却したお金を2人で分け、支援施設に入らせようとするバーブ。
その日はフランク神父も共に夕食を囲むが、彼は帰宅途中に事故で亡くなってしまう。

ニカはチャッキーが証拠保管所から送られたと知り、チャッキーに纏わる過去の事件の数々と、殺人鬼チャールズ・リー・レイの存在を知る。
その顔は、生前の両親を撮影した映像にも映っていた。

やがて、ジルとバーブはチャッキーに殺害されてしまう。
姿が見えないアリスを探すニカとイアンだったが、イアンもチャッキーに襲われる。

車椅子ごと突き落とされ、瀕死の状態になったニカに、チャッキーは昔話を始める。
チャールズはニカの両親の友人だったが、夫を亡くした妊娠中のサラを監禁。
その事件が原因でニカは不自由な体になり、サラは心を病んだ。
警察から逃げる途中チャールズは死亡したとされたが、死なない方法を知っていた彼は”チャッキー人形”になった。

惨劇の夜が終わり、生き残ったニカは殺人の罪で逮捕、心神喪失で病院に収容される。
その後、証拠品のチャッキー人形は、謎の金髪女性の手引きでアリスの元へ。

半年後、ひとりの男性が差出人不明の郵便物を受け取る。
こっそり箱から出るチャッキーに銃を突きつけた男性の名前は・・・アンディ。

チャイルド・プレイ 誕生の秘密 評価

  • 点数:70点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2013年
  • 上映時間:97分
  • ジャンル:ホラー、サスペンス
  • 監督:ドン・マンシーニ
  • キャスト:ブラッド・ドゥーリフ、フィオナ・ドゥーリフ、ダニエル・ビスッティ、アレックス・ヴィンセント etc

チャイルド・プレイ 誕生の秘密 批評 ※ネタバレ

映画『チャイルド・プレイ 誕生の秘密』について、2つ感想批評です。※ネタバレあり

大人になったアンディやティファニーも登場する、人気シリーズのスピンオフ

シリーズ5まで存在する”チャイルド・プレイ”シリーズ。
今作はスピンオフ作品で、チャッキーシリーズとしては6作目になり、殺人鬼チャールズ・リー・レイが”チャッキー人形”になったきっかけが描かれた。

シリーズ1から3まで、長年チャッキーに命を狙われ続けた、アンディ・バークレイ役のアレックス・ヴィンセント本人がラストシーンに登場する。
彼の電話の内容から、母親カレンは存命であり、マイク刑事との家族ぐるみでの交流もあると思われる。

シリーズ4から出演し、人形同士の結婚と出産を果たした恐るべき女性、チャッキーの生前の恋人でもあるティファニーは人間の姿で登場する。
彼女もまた、ティファニー役を演じ続けたジェニファー・ティリー本人であり、独特の存在感を放っている。
彼女は、証拠品を持ち出して悪巧みを考える警察関係者を殺害すると、チャッキー人形を手に入れて、次の標的の元へ送る準備をするのだ。

今までチャッキーが起こしてきた事件の新聞記事が出てきたり、チャールズが語る昔話のシーンでは、シリーズ1作目とつながるように作られた部分もある。

見る側を選んでしまう設定と使い古されたチャッキーの存在

ずっと子供を狙っては乗り移ろうとしてきたチャッキーだが、今回は自分が人形になったきっかけであり、大学を中退した25歳のニカを狙う。
チャッキー人形の動きや表情も、他の作品と比べてスムーズで、光の当たり加減によっての不気味さもよく出来ている。

だが、姉バーブはチャールズに会った事があり、監禁された母親と3人で生活を共にした事もあるのにも関わらず、全て忘れているという矛盾がある。
ジルとバーブの同性愛の不倫関係も、人によっては嫌悪感を覚えてしまうだろう。

チャッキー人形が人を襲うという展開はたくさん使われてしまった設定なので、新鮮味は全く無い。

チャイルド・プレイ 誕生の秘密 感想まとめ

アンディ役のアレックス・ヴィンセント本人の出演や、ティファニー役のジェニファー・ティリー本人の出演、過去の事件の新聞記事に懐かしいおもちゃ屋さんのシーンなど、過去の作品を見てきたファンにはたまらない作品です。
人気シリーズ作品の最新作、しかもスピンオフですが、この作品だけ見ても楽しめるようになっています。
ちょっと現代風に、見た目が良くなったチャッキーことグッド・ガイ人形は、シリーズ5にて日本製という事実も判明したので、知っている場合は親近感が湧きます。

シリーズ4、5は特にコメディ色が強かったこのシリーズですが、今作では原点のホラー色が強い内容になっています。
シリーズ7も製作途中とされていて、次回作への期待感も同時に楽しめます。

Amazon 映画『チャイルド・プレイ 誕生の秘密』の商品を見てみる