映画『CUT』あらすじネタバレ結末と感想

CUTの概要:『CUT』は、アミール・ナデリ監督による映画。熱狂的に映画を愛する主人公秀二を西島秀俊が演じる。借金返済のためにひたすら殴られ続けるという役柄を、体を張って熱演している。

CUT あらすじネタバレ

CUT
映画『CUT』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

CUT あらすじ【起・承】

映画を愛し、自身も映画監督をしている秀二は、いつも兄からお金を借りることで映画を作っていた。秀二自身が作った映画が広く知られ評価されることはなかったが、自分の作品に対して自信を持っていたし、映画に懸ける思いは人並み外れていた。
秀二は自分の作品だけでなく、古い名作の上映会を開いたり、最近の金儲けに走った娯楽だけで中身のない日本の映画を憂い、真の映画とは何か、どうしていくべきかを街中で演説するなどして暮らしていた。

ところが、資金面で助けになってくれていた兄が借金のトラブルで死んだという知らせを受ける。兄はヤクザの元で働いており、秀二に貸すためのお金をヤクザから借りていたのだが、それがもとで死んでしまったのである。
秀二は何も知らずに助けられていたことを知り悔やむが、借金の残高を聞いて愕然とする。1254万円も残っているのだ。
このことを兄のボスから告げられ、しかも二週間以内に返すように言われる。

返す当てもなくヤクザの事務所で呆然と立ちつくすが、そこにやってきたヤクザに「銃口を咥えて引き金を引けば金をやる」とからかう。秀二は引き金を引くが、弾は入っていなかった。
このことで覚悟ができた秀二は、ヤクザ相手に殴られ屋をすることで借金を返済すると決意する。

CUT あらすじ【転・結】

秀二は、兄が死んだ事務所のトイレでなければ殴られる意味がない、兄の痛みを知ることができないと、トイレでヤクザ達のこぶしを受ける。
事務所内にも秀二を心配する人がいる。事務所内で働く陽子と、組員のヒロシだ。
殴られ続けて意識も朦朧とする秀二に代わり、ヒロシが一発あたりの金額をその都度管理し、これ以上は死ぬというところで二人がストップをかけるというように協力する。
一発は5000円から数万円まで幅広く、殴る部位や状況によっても変わるので、秀二は一日に百万以上稼ぐこともあった。
しかし、殴られ屋の「営業」をしているのがヤクザの事務所内のトイレなので、ショバ代として金を奪われることもあった。
しかし秀二はその場で殴られることにこだわり、殴られる度に自分の愛する映画を思い浮かべて痛みを耐えた。
秀二は引き金を引いた時一度死を覚悟し、今も死と隣り合わせの日々を送り命を削っているが、映画への情熱は消えるどころか燃え上がる。

借金を完済した秀二は、また金を借りにやって来るのだった。

CUT 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2011年
  • 上映時間:120分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ
  • 監督:アミール・ナデリ
  • キャスト:西島秀俊、常盤貴子、菅田俊、でんでん etc

CUT 批評・レビュー

映画『CUT』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

観る人を選ぶ映画

この映画はとにかく西島秀俊が殴られまくる。借金返済のためにヤクザの殴られ屋になるというストーリーなので、今まで映画やドラマで観てきた「西島さん」観たさにうっかり観るとドン引きすると思う。
主人公が映画を愛する男なのだが、街中で「今の映画は娯楽だけ、金儲けに走った観る価値もないもの」とスピーカーで演説したりする偏った、というか閉鎖的な思考の持ち主なので、その考えがまず受け入れられない人もいると思う。
「映画は芸術、そして真の娯楽」、最近の邦画を見てるとわからないでもないなあと思うが、この男ははなっから決めてかかっていて、超上から目線。
この主人公に共感はしかねる。

話がうますぎる

主人公秀二は、死んだ兄が自分の映画活動のためにこさえた一千万を超える借金を返すため、ヤクザの殴られ屋になって金を稼ぐ。
これでもかというほど毎日毎日殴られ、全身ボコボコの辛うじて生きている状態になるのだが、殴られ屋したからってそんなに稼げるのか?と疑問に思った。
まずスタートの金額が一発五千円くらい。この辺の相場(?)はわからないが、そんなにもらえるのかとちょっと驚く金額。あとは頭部など部位によっても値段が変わり、盛り上がっていくにつれて値がつり上がったりする。一発何万のこともあった。
そんなわけで、一日百万程度なら簡単に稼いでしまうのだ。
その場にいるヤクザも何十人もいるわけでもなく、毎日入れ替わっているようでもなく、随分気前がいいヤクザだなーと設定の弱さの方が気になってしまった。

CUT 感想まとめ

ぶっとんだ内容なので、最後までちゃんと観られるか不安だったのだが、だんだん客観的になっていってちゃんと楽しめた。
映画のために殴られる、ここまでの映画愛に軽く引きつつも、この主人公が本当に映画が好きで、今の日本の映画を良くしたいと思ってるんだということがわかってきて気持ちも理解できた。
主人公は殴られる度にブツブツ映画のタイトルを呟いて耐えるのだが、最後は映像と映画のタイトルが交互に出てきて、世界の傑作といわれる映画がポンポン出てきて「これもか?」と自分が知っている作品も出てくるのでそこは楽しめた。

Amazon 映画『CUT』の商品を見てみる