映画『クライング・ゲーム』あらすじネタバレ結末と感想

クライング・ゲームの概要:IRAの兵士だった主人公が人質の英国兵士と心を通わせ、彼の遺言を守り英国兵士の恋人に会いに行く。しかしそこには思いもよらぬ展開が待ち受けていた。巧みな脚本が光る1992年公開のイギリス映画。

クライング・ゲーム あらすじネタバレ

クライング・ゲーム
映画『クライング・ゲーム』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

クライング・ゲーム あらすじ【起・承】

英国軍兵士のジョディ(フォレスト・ウィテカー)は、北アイルランドのベルファストでIRA(アイルランド共和軍)に拉致される。彼らは英国政府に仲間の釈放を要求しており、要求が叶わなければ人質のジョディは殺される運命にあった。

見張り役のファーガス(スティーヴン・レイ)は気のいい男で、ジョディとつい打ち解けてしまう。ジョディはファーガスを見込んで、自分が殺されたらロンドンにいる恋人のディル(ジェイ・デヴィッドソン)に“君を愛していた”と伝えて欲しいと頼む。

仲間が尋問に答え始めたという情報が入り、ジョディは殺されることになる。ファーガスは自ら執行人を買って出て、ジョディを逃がしてやろうとする。しかしジョディはアジトを攻撃に来た英国軍のトラックにひき殺され、アジトにいた仲間たちも蜂の巣にされる。

なんとか逃げ延びたファーガスはロンドンへ渡り、偽名を使って逃亡生活を始める。そしてジョディとの約束を守るため、ディルに会いに行く。本職は美容師で歌手もしているディルは魅力的な女性で、ファーガスはディルに魅了される。ディルの部屋は今もジョディの写真で埋め尽くされており、ファーガスは2人が深く愛し合っていたことを知る。

ファーガスがしつこい男からディルを救ってやり、2人は急速に惹かれ合う。ディルの部屋で愛し合おうとした時、ファーガスはディルの裸を見て思わずディルを殴ってしまう。なんとディルは男だった。ディルはファーガスの態度に深く傷つく。

クライング・ゲーム あらすじ【転・結】

ファーガスはこの事実に混乱していたが、殴ったことを謝罪し、ディルと仲直りする。密かに生き残っていたIRAのジュード(ミランダ・リチャードソン)はファーガスを探し出し、裏切り行為は許されないことを告げる。

ジュードはディルの存在も突き止めており、嫉妬もあって2人につきまとう。ディルもまたジュードをファーガスの彼女だと勘違いし、ジュードの車に乗ったファーガスの後を追う。

IRAの残党にファーガスは判事暗殺を命令される。裏切ればディルを殺すと言われ、ファーガスはディルを逃がす方法を考える。そしてとりあえずディルを男装させホテルに匿う。

ジュードから銃を受け取ったファーガスは、外で酔っ払っていたディルを見つける。ファーガスはディルの部屋でジョディのことを初めて打ち明けるが、朦朧としていたディルはただ一緒にいて欲しいとファーガスに頼み、そのまま2人は眠ってしまう。

翌朝、ディルはファーガスをベッドに縛り、全てを聞く。ファーガスが来なかったことで仲間が射殺され、怒ったジュードはディルの家へ乗り込んできて2人に銃口を向ける。ディルはジョディの仇であるジュードを撃ち殺すが、ファーガスを殺すことはできなかった。自殺しようとするディルをファーガスは止め、逃げるように指示する。

後日、ディルは自分の身代わりとなって刑務所に入ったファーガスの面会にやってくる。ディルはファーガスが残り2335日の刑期を終えて出所してくるのを心待ちにしていた。

クライング・ゲーム 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1992年
  • 上映時間:113分
  • ジャンル:サスペンス、ラブストーリー
  • 監督:ニール・ジョーダン
  • キャスト:スティーヴン・レイ、ミランダ・リチャードソン、フォレスト・ウィテカー、エイドリアン・ダンバー etc

クライング・ゲーム 批評・レビュー

映画『クライング・ゲーム』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

裏切りの連続

英国軍兵士のジョディが突然拉致され、アイルランド共和軍の人質にされてしまう冒頭部分はかなりシリアスな展開を予想させる。しかし、ジョディとファーガスが打ち解け始めると“これはもしやジョディが助かるのではないか”と期待する。ところがジョディはまさかの事故で死んでしまう。

この前半部分だけでも“そうくるか!”という展開であり、先が読めない。ファーガスがあっさりロンドンに渡り、ディルともやけにとんとん拍子だなと思っていると、ディルが実は男でしたという大胆不敵な展開が待ち受けている。この事実が判明するとラブストーリー要素は一気に複雑になる。というか、今後2人がどうなるのかさっぱりわからない。

並行して“実はジュードたちが生きていた”というサスペンス要素も畳み掛けるように動き出し、着地点は全く見えなくなる。そこからはもう怒涛の展開で、112分はあっという間に終了する。アカデミー賞脚本賞を受賞しただけあって、この巧みなストーリー展開は素晴らしかった。いい意味でガンガン予想を裏切ってくれるので、嫌でも夢中になれる。

「仕方ないんだ、これが僕の性だから」

ジョディがファーガスに話して聞かせる「サソリとカエルの話」。タイムリーで聞いている時は素直に“性分”の話なのだろうと受け止めていた。ところがジョディとディルが同性愛カップルだったことがわかると別の意味も見えてくる。

ジョディはファーガスの中に“優しさ”だけでなく“男も愛せる”という“性”の要素も感じ取っていたのではないだろうか。実際にファーガスはディルが男だとわかってからも“優しさ”以上の“愛”をディルに注いでいる。ファーガスは自分の感情をどう受け止めていいか戸惑っているが、彼はディルを愛している。ジョディはそれを見越して(多分放尿の時に自分のアレを触ってくれたことで確信した)「サソリとカエルの話」をし、さらにファーガスとディルを引き合わせたようにも思える。

オープニングが“When a Man Loves a Woman”という熱烈なラブソングであることからも、この作品はファーガスとディルのラブストーリーだと考えるのが自然だ。ラストの”仕方ないんだ、これが俺の性(サガ)だから“というファーガスのセリフには、カミングアウトの意味もありそう。そこをはっきりさせないところが、またうまい。

クライング・ゲーム 感想まとめ

ディルを演じたジェイ・デヴィッドソンの中性的な魅力はすごい。男だとわかっても短髪にしても、男にも見えないし女にも見えない。とにかくディルがやたらと可愛くて、こちらもよくわからないモヤモヤとした気持ちになる。

映画全体も何だかモヤモヤしており“ここが見どころ!”というのもなければ、ジャンル分けも難しい。しかしそこが本作の良いところ。見る人によっていろんな感想が生まれる余地がある。何にしてもこの作品は一切前知識なく見るのが正解なので、間違っても鑑賞前の人に“実は途中でさあ…”などと余計なことは言わないようにして欲しい。

Amazon 映画『クライング・ゲーム』の商品を見てみる